« September 2004 | Main | November 2004 »

October 2004

October 28, 2004

あさ美ちゃんにヘキサゴン!

 まぁ彼女は嘘がつけない(嘘をつくと顔に出る)タイプでしょうから、最初に失格するのは目に見えてましたけどね(笑)。コンサドーレはさすがに知ってましたけど、んー、雑学は苦手なのか。

 にしてもミキティ大活躍(爆笑)。やっぱ彼女は頭の回転がいいんですね〜。「かしまし」の歌詞も的を射ているというか、まさにおじさんキラー。今日の彼女の受け答えを見て、私の中の株も急上昇(笑)。ということは、私もおじさんか…(泣)。

 余談ですが、ミキティは滝川出身。で、東京滝川会の会長は、あの高宮行男氏(代々木ゼミナール理事長、私も浪人して100万円くらい貢ぎました)。この2人はこちらで活字上共演しています。そしてなぜか、我が家にある夏がけ布団は高宮氏から贈られたものだという(相方のかつての仕事がらみ)。というわけで、我が家とミキティはつながっているらしい(なんだそりゃ)。

#わざわざビデオ撮ってまで見る私に呆れ気味…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 25, 2004

釈お酌/釈由美子

shakuoshaku▼2002年10月23日 5thシングル

 間違いなく「名曲」でなく「迷曲」の部類に入る、釈ちゃんのシングルです。バンダイから、同じ名前の「お酌ロボ」も発売されました。このフィギュアが似てないんだ、これが(笑)。

 彼女、声量はないし、音域狭そうだし、歌手としては見切りをつけて正解だと思いますが、この曲では詞の世界が、けっこう彼女にフィットしている気がするんですよ。一応作詞/釈由美子になっているので、素直に「お酌」をテーマに書いたらこうなりましたっていうくらい、彼女の素っぽさが出ていて、ストレートにおもしろいです。

 ジャケット裏にはサビの振りが解説されているんですが、生はもちろん、テレビでも見たことないな(苦笑)。それと、ジャケットには「NEW ENKAI SONG」なんて書いてありますが、ん〜、宴会ソングの地位は確立できたのでしょうか(いや、それはない)。

#この曲は、Wikipediaでは4thになっていますが、公式ページでは、ビデオ「are you ready?」とセットで発売されたシングル「わかんない」を2thとしていましたので(Wikipediaではこのシングルをカウントしていない)、公式ページに則り、「釈お酌」は5thとしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2004

素直に言えない−もっとそばにいたいけど−/Melody

sunaoniienai▼1993年10月21日発売 1stシングル

 「ゆきどん」といえば前田有紀ではなくて田中有紀美(前にも書いたな)というわけで、Melodyのデビューシングルです。

 この曲を聴いた当時、とてもおニャン子っぽさを感じたことを覚えています。この曲もそうですが、カップリングの「シブヤへ行こう!」の方が、よりおニャン子っぽさが出ています。それと、今はやりの地方アイドルって、デビュー当時のMelodyの雰囲気に似ている気がするんですよ。もっとも、地方アイドルの面々は生で見たことがないし、1つ1つのグループについて詳しくは知らないのであくまで推測ですが、「素人感がぎりぎり商業ベースに乗っている」という部分において類似している気がします。確か当時「平成のキャンディーズ」なんてキャッチフレーズ(?)があったような気がするんですが、私には違和感ありまくりでした。

 Melodyはその後、佳曲をどんどん発表し、私から言わせればプロのアイドルに成長して行くわけですが、その成長過程を楽しむという点においては、スタートがこの曲でよかったなと、今改めて思います。アイドルに背伸びは禁物です(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 20, 2004

5000ヒット!

 大雨の中帰宅しました。今晩が山だそうで、明日にはすっきりとした晴天になってもらいたいものです。

 さて、8月17日から始めたこのブログも、おかげさまで今日で5000ヒットとなりました。長く続けていると検索に引っかかるキーワードも増え、ヒット数が増えるそうですが、まさにそんな感じですね。

 見ている方には、せっかく訪問していただいたのだから、ぜひコメントをいただきたいものです。よろしくお願いします。10000ヒットに達したらまたご報告いたします(カウンターつければという話もありますが…)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 19, 2004

ロート製薬さまさま

 クイズダービーの提供でおなじみの(古っ)ロート製薬ですが、CFギャラリーに木村カエラ嬢の「セセラ」がアップされていました。先日書いた通り、「sakusaku」とは違うカエラ嬢が見られます。実物はきっと「sakusaku」の時のゆる〜い雰囲気なのでしょうが(笑)、このCFのかわいさは秀逸です。

 このCF紹介ページをよ〜く見てみると、「ボディーベール 出演:臼田あさ美」とな! これは見たことないぞ。というわけで見てみましたが、やはり女性は変わりますな。「めざましテレビ」の時の素のあさ美嬢とは違い、大人っぽい表情を見せています。最後に「MAKE HAPPY BODY!」という声は普段と同じでしたが(そりゃそうか)。

 上記の臼田あさ美嬢のCFにいち早く注目していたブログがあったので、ご紹介。随刊エンタ!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 18, 2004

臼田あさ美嬢大ブレイク?

 アクセス解析をすると、以前は「紺野あさ美」が断然トップだったんですが、ここ最近は「臼田あさ美」がトップを走っています(笑)。しかもアクセス数も、彼女がめざましテレビの「早耳トレンドNo.1」に出た直後に跳ね上がるんですよ(ちなみに今日がそうでした)。午前7時台に急にアクセス数が上がるという…。「あさ美」つながりで1回ちょこっと書いただけなので、検索でたどり着いた方はさぞかし記事にがっかりなされたことでしょう(爆)。

 私は「CanCam」を見ているわけではないので(苦笑)、私が認識している彼女の活動の場は、このめざましテレビの1コーナーしかないんですが、十分彼女のプロモーション番組になってますね。以前は食レポの多かった彼女ですが、最近はファッション関係を紹介していて、モデル業の面目躍如というところでしょうか。最初は「あさ美」つながりで注目していましたが、今では密かにハマってます(爆)。

 声がハスキーで、アイドルポップスファンな私としてはちょっと残念ですが(謎)、彼女に合った曲もきっとできるでしょう。基本的に曲を出していない人はあまり追っかけないので(謎)、歌手デビューを待つとしましょうか。

 プロフィールによると、17日に20歳になられた模様。おめでとう!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 14, 2004

バレリーナになれない/渋谷琴乃

barerinaninarenai▼1992年10月14日発売 1stシングル

 現在でも女優として活躍している渋谷琴乃嬢のデビューシングル。このあとソロで1枚(デビューの3年半後!)、企画もので1枚出していますが、この曲がかなりの佳曲(と私は思っている)なので、この少ないリリース数はもったいない気がします。確かに声質はアイドルではないですが(失礼)、この曲のように彼女に合う曲は作れるはずですから。

 作詞秋元康、作曲/編曲後藤次利という、私にとってのゴールデンコンビ(苦笑)というのも、この曲を私に印象深くさせているのかもしれません。「ジェイル」と「ジュエル」という言葉の対比とか、秋元氏っぽいですよね。カップリングの「Blue Horizon」も同じコンビの作品ですが、こちらはメジャー系。今聴くと、詞がちょっと恥ずかしいのが難点ですが(苦笑)、「バレリーナになれない」といいコントラストだと思います。

 私が大学時代所属していた早大歌謡曲研究会の機関誌「It's」、私が引退したあとの最初の号の巻頭特集が彼女でした。いい人選だと、今更ながら後輩を褒めたいと思います(笑)。

#検索したら、ファンサイトがありました。きれいなサイトです。俳優の渡辺航氏と結婚して、2人お子さんがいるんですね。知らなかったです。渋谷琴乃.COM
 公式ページはこちら。T-artist

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 12, 2004

にせサクサカー

 朝でなく、深夜0:05からの再放送を見ている、にせサクサカーの珍家です(笑)。昨日は木村カエラ嬢の新曲「happiness!!!」が流れたのですが、PVがなかなかかわいかったです。番組ではゆる〜いノリで、あさっての方向を見ていることの多い彼女ですが(笑)、なんだ、しっかり歌っているじゃありませんか。モデルの「静」もいいですが(って、見たことないんですが…)、歌の「動」もイケてます。

 しかも、「sakusaku」番組中で流れるロート製薬のリップ「セセラ」のCMが、またかわいいんですよ(爆)。ロート製薬のホームページではまだCMが公開されていないので、こちらのブログ「今日の出来事 part2 & STRIKE ZONE」でご確認を。「sakusaku」の彼女と同一人物か、一瞬わからなかったぐらいですから(大ゲサ)。

 ちなみに木村カエラ嬢のブログはこちら

| | Comments (1) | TrackBack (2)

October 11, 2004

「ちゅらさん3」終了

 ストーリーはまぁ「まとめ」という感じで、先週からの流れで特に意外な展開はなかったです。ジョージ我那覇がかっこよかったけど(笑)。

 えりぃの化粧の濃さ(日焼けしちゃまずいからね〜)と、寉岡萌希ちゃんの透き通った笑顔が印象的な最終回でした。

 そうそう、私は前職が旅行会社勤務だったので、「ヤマハリゾートはいむるぶし」って、名前だけは知っていたんですけど、これが小浜島にあるって今日まで知りませんでした(爆)。JTAの羽田発朝1石垣行きに乗ると、なんと午前中には小浜島に着いてしまうんですね。飛行機恐るべし。一度行ってみたいですけど、家人に飛行機ダメな人がいるからな〜(苦笑)。ちなみに、石垣島から乗り継ぐ八重山の船のことはこちらで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2004

深呼吸して/渡辺満里奈

shinkokyushite▼1986年10月8日発売 1stシングル

 普通の方(って誰だよ)と懐かし話をしていて、「おニャン子で誰が好きだったか」なんて話題になったとき、そういうときに「満里奈」(「美奈代」でも可)って答えると、「なんで呼び捨てなんですか(笑)」って驚かれる(というか呆れられる)ことって、ありません? そんな満里奈のデビューシングルは、この年の夏のおニャン子のロスツアーの時にレコーディングしたのに、東京で録り直したというエピソードもありましたよね。

 この曲の発売日、普通だったら嬉々として予約していたレコード屋に行くわけですが、私は父の実家で祖母の葬儀に参列していました(湿っぽい話ですいません)。しかもそこはレコード屋はおろか、信号も村内に2カ所しかない、とてつもない山奥の村なので、当然レコードを手にすることはできず、10日に帰宅する時に、特急に乗るために行った駅の近くのレコード屋でシングルカセットを買い、車内でやっと聴いたのを思い出します。

 このシングルカセット、こういう状況じゃなかったら買ってなかったかもしれませんが、おまけのトークが入っているんですよね。そこで今回、わざわざ引っ張り出してきて、15歳の満里奈の話し声を聴いてみました(爆)。

「会員番号36番、渡辺満里奈です。昭和45年11月18日に生まれて、今15歳。東京の女子高に通う、高校1年生です。学校での好きな科目は、体育で、バレーとかバスケとか、球技が好きです。えー、苦手なのは、んー、理科と、数学です。学校での一番の楽しみは、えー、もちろんお勉強!と、言いたいところなんですけども、何と言っても、友達とおしゃべりしている時が、一番楽しいです。お昼休みなんかには、友達とお弁当を囲みながら、賑やかに楽しく過ごしてます。友達との話題は、本当につまんないことなんだけど、そんなつまんないことでも、いつも大騒ぎして、えー、遊んでます。やっぱりお弁当の時って、一番リラックスする時間ですね。私のお母さんの作る卵焼きなんかは、意外に友達に好評なんですよ。
 放課後は、おニャン子クラブのみんなと、大好きな歌を歌ったり、新しい友達もできたりして、本当に充実した毎日です。
 お休みの日には、家でのんびりしたり、買い物に出かけたり、洋服を見に…見たりしてます。えー、どこかに遊びに行くとしたら、やっぱり、友達と遊園地なんか行きたいです。おっとりして見えるけど、ジェットコースターとか、スリルのある乗り物が大好きなんです。キャーキャー言いながら楽しんで乗ってます。あと、映画を見るのも好きです。最近はあまり見に行けなくなっちゃったけども、洋画の、SFっぽいものが大好きです。えー、バックトゥザフューチャーなんか、最高に面白かったです。機会があったら、いっぱい映画、見てみたいな。
 私ももうすぐ16歳になりますけど、16になったらバイクの免許が取れるので、夢としては、あっちこっちバイクを乗り回してみたいなぁなんて、思ったりするんですけど、当分は今のままの活動を続けて、毎日楽しく充実した日を続けたいと思ってます。」

 疲れた…。にしても、初々しい!(当たり前か) ちなみに、シングルカセットのトークのおまけは、3rdの「マリーナの夏」まででした。

 なんだかんだ言ってもう18年の付き合い。今後ともよろしくお願いします(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 07, 2004

こんなページ発見

 ongaku.tv

 かなり作り込まれていてびっくりです。また、70〜80年代アイドルをレビューで振り返るというスタイルが私を泣かせます。もっとも私の方は、レビューより今の日記の方が多いんですけどね(爆)。データベースとしてもかなりまとまっているので、今後たびたび使わせていただくことになるでしょう。

 私は80’sアイドルになりたかった!

 スタンス的にはこんな感じでやりたいんですが(苦笑)、やはりレビューページに徹しきれないのが私の弱いところ。今のところ80年代前半の曲が多いようなので、私のあまり詳しくない時期のレビューが読めて興味深いです。

 余談ですが、私もこれらのページのように、レビューにはジャケ写を載せたいんですが、家人に音楽著作権ビジネスに詳しい人がいる(爆)ので、自粛しています…。ちなみに我が家のシングル(レコード、CD、マキシ)が1600枚を越えました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 05, 2004

今日のちゅらさん3

 小西真奈美嬢、吹っ切れましたね(笑)。「似ている」のネタを彼女がやるとは思いませんでした。

 それはともかく、今回の「3」の事実上の主役である(苦笑)、辻内愛子役の寉岡萌希(つるおかもえき)ちゃん。いい演技してますね。私は子役の世界には首を突っ込んでいませんが(爆)、彼女の演技には引き込まれました。今までの不安げな表情と、今日見せた笑顔のコントラストがいいですね。

 お仕事レポートとして、今回のことが書かれています。役どころは小学生ですけど、実際は中学生なんですね。ちなみにこちらがお姉さんの寉岡瑞希ちゃん。まー美人姉妹ですな。

#書くこと考えているうちに、日付が変わってしまいました(笑)。「昨日のちゅらさん3」ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 03, 2004

今日のハロモニ。

 たまたま始めから(たまたまかよ)見たら、例の「ラッキーセブンオーディション」の告知が延々と…。エースが欲しいとかなんとかっていうやつですね。今のメンバーの中にはエースはいないってことですよね。いやー、現メンバーの心境はどんなもんでしょ(何も考えていないかもしれないが)。

 それでいて、娘。の新曲はこんこんセンターですか。どういう風の吹き回しでしょう(笑)。でも、こんこんはエースじゃないんですよね(しつこい)。せいぜい思い出にってことですかね>つんく♂さん。

 なんか、妹仕込みの「USA♡」なんて、ギャグになってないギャグを真顔でやっているこんこんが不憫になった(笑)、今日のハロモニ。でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | November 2004 »