« ついに行ってしまいました | Main | 菊間さんの思い出 »

July 13, 2005

海へ行こう〜Love Beach Love〜/チェキッ娘

umieikou▼1999年7月16日発売 4thシングル

 80年代の雰囲気に染まっている昨今でございますが(前記事参照)、あえて90年代、しかも末期の曲で攻めてみます(謎)。

 まずですね、買うのが恥ずかしかったんですよ、このCD(爆)。だって、ジャケ写が水着なんですよ。いくらアイドルのCDだって、節度ってものがあるじゃないですか(謎)。この時点でテンション下がり気味なんですが、なんと曲が良かった(笑)。

 まぁ簡単に言えば、CoCoをチープにした感じというか、「夏のDreamer」から政治色を抜いたというか、そんな感じです(ホントかよ)。アレンジャーの亀田誠治氏の夏アレンジも絶妙ですが、私としては土橋安騎夫氏のメロディが琴線に触れるんでしょうね。前に書いた「抱きしめて」しかり、「あなたに天使が見える時」しかり、「Strawberry Time」しかり、もちろん「フレンズ」しかり…。

 ジャケ写もエッチなら(爆)、歌詞も結構エッチですよね(考え過ぎ?)。森浩美氏のリリックですが、この方、勝手にmomoco系の方と思ってました(ウソ)。「ノ・レ・な・いTeen-age」に代表される酒井法子嬢の作品、それに「恋はいつでもゲンキなよい子」まで書いているんですから、そう思っても不思議じゃないですよね(不思議です)。

 こないだの日曜日が、なんと1ヶ月半ぶりに家族と過ごせた休日だったので、娘と相方と、江ノ島まで散歩してきました。歌詞に「江ノ島」が入っているので、今日はこの曲を取り上げてみました。

|

« ついに行ってしまいました | Main | 菊間さんの思い出 »

Comments

最近の土橋氏の曲でショックを受けたのは二年前に出したVivianOrKazumaの「Momemt」でしょう。
この歌はビビアンスーが女性ボーカルをつとめたDUETでしたが、ハモりは一切なしでPOWERで押し切るのみ!今人気のハイアンドマイティカラーの原型となったような歌です。

Posted by: MECKEY | July 14, 2005 at 12:46 AM

某夏合宿の時は行きの車の中で必ず聴いている曲です。

ジャケ写よりも、コンサートの時に全員水着になったというのが歴史的大事件だったかと。あれは世にも恐ろしい光景でした。

Posted by: うた夢 | July 17, 2005 at 06:00 PM

>MECKEYさん
その曲は聴いたことがないですねー。ビビアンのソロシングルは持ってるんですが…。ついでにHIGH and MIGHTY COLORもよく知らなかったりします(爆)。ホント最近の曲に疎いんですよ。
>うた夢さん
そのコンサート、行ってません(笑)。さすがチェキッ娘、やることが違いますね。
ちなみに今年も夏合宿あるんですか?(とか聞いてみる)

Posted by: 珍家 | July 18, 2005 at 09:57 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49092/4951218

Listed below are links to weblogs that reference 海へ行こう〜Love Beach Love〜/チェキッ娘:

» アイドルINDEX チェキッ娘 [アイドルINDEX]
アイドルINDEX チェキッ娘 [Read More]

Tracked on July 18, 2005 at 02:21 AM

« ついに行ってしまいました | Main | 菊間さんの思い出 »