« キャンバスの恋人/佐藤恵美 | Main | 相変わらず… »

July 01, 2005

アドベンチャー・ドリーム/アイドル夢工場

adventuredream▼1987年7月1日発売 1stシングル

 皆さんは「コミュニケーションカーニバル 夢工場'87」行きましたか?(笑) ええ、私は行きましたとも。でも、すっごい混んでて、あんまり見られなかったという印象しかありません。

 そんな晴海でのイベントのテーマソングは、男性バンドの夢工場と、アイドルユニットであるこのアイドル夢工場が担当していました。アイドル夢工場は86年のミスマガジンコンテストから選ばれたのですが、グランプリの高岡早紀、特別賞の吉田真里子は入らず(笑)、準グランプリの仲地さよりを始めとした、各賞の桜川佳世、渡辺恵、太田千秋、時田成美、安原万里子、村岡英美の計7人のユニットでした。個人的には安原万里子嬢が好みでした(爆)。

 PVが夕ニャン内で流れたり、作家陣も秋元康/高橋研/佐藤準という、おニャン子ではおなじみの布陣だったので、なぜ夢工場のテーマソングをおニャン子に歌わせなかったのかという声もあったようです。でも私は当時、そんなことには気づかず(苦笑)、おニャン子と彼女たちとは全く別物と考えていました。それに、おニャン子は解散直前でしたから、そうしたくてもそうできなかった事情もあったのでしょう。

 曲は特段すばらしいというわけではありませんが(笑)、定番アイドルソングということで、チープでポップな感じが私は気に入ってます。ライヴの1曲目とかにいいんじゃないですか? あ、あと「ハ〜ックルベリーフィン」のところの振りが変です(苦笑)。

#'87年の夏、私は北海道のユースホステル巡りをしていました。稚内や標津のユースのテレビで見た夕ニャンでの「アドベンチャー・ドリーム」、けっこう思い出深いんですよね〜。

|

« キャンバスの恋人/佐藤恵美 | Main | 相変わらず… »

Comments

TBありがとうございます。
「コミュニケーションカーニバル 夢工場'87」・・すみません。行ってません(汗)
なるほど、7月1日はそんな日なんですね。しっかりと記憶しておきます。でも、曲の記憶がない(涙)
旅の非日常の中で日常に触れると妙に思い出に残りますよね。。旅先の有線で聴いた曲とか観たTVとかすごく覚えてます。

Posted by: あかね | July 01, 2005 at 02:06 AM

あ〜、この曲のレビューを『よい子の歌謡曲』に投稿して、掲載されました、私。今読み返すとかなりイタイ(苦笑)
夢工場は大阪会場に行ったなぁ。南港のインテックスだったでしょうか。ニュートラムも当時は有人でした(運転は自動でしたが)

Posted by: kimaroki | July 03, 2005 at 01:24 AM

>あかねさん
旅先と言えば、ちょうどその夏、オリコンの表紙のデザインが変わったんですよ(美奈代の号から)。稚内でオリコンを買ったとき、北海道仕様かと思いました(笑)。
>kimarokiさん
毎度です(笑)。「よいかよ」ですか、私にとってはやはり伝説のミニコミですね。手元に1冊もないのが残念。

Posted by: 珍家 | July 04, 2005 at 12:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49092/4780039

Listed below are links to weblogs that reference アドベンチャー・ドリーム/アイドル夢工場:

» [1987年] アイドル夢工場 [from IDOL POPS - アイドル ポップス BLOG-]
フジサンケイグループのイベント「夢工場'87」のために結成された期間限定ユニット。メンバーは村岡英美、仲地さより、桜川佳世、渡辺恵、太田千秋、安原万里子、時田成美。 [Read More]

Tracked on October 17, 2005 at 02:03 PM

» 村岡英美/村岡英美 [アイドル・タレント・芸能人一発検索]
携帯でも「村岡英美」を一発検索!! 「村岡英美」の情報を「一発検索」携帯サイトで見てみよう! 村岡英美 関連のDVD 他のショップでも『村岡英美』 関連グッズを探してみよう!!フリマやオークションでお宝グッズ・意外なものが見つかるかも!? あな... [Read More]

Tracked on May 12, 2006 at 07:33 AM

« キャンバスの恋人/佐藤恵美 | Main | 相変わらず… »