« 仕事中に… | Main | 恋のピー・カ・ブー/島崎和歌子 »

October 07, 2005

うしろゆびさされ組/うしろゆびさされ組

ushiroyubi▼1985年10月5日発売 1stシングル

 最近「CRおニャン子クラブ」のネタばっかりですが(爆)、うしろゆびさされ組も無事(?)結成20周年を迎えました。このジャケ写見て下さいよ、スカート長っ! 2人の笑顔もぎこちなく、初々しさ満点です。

 私自身、特に本人たちに入れ込んだ記憶はありませんが(失礼)、アニメの主題歌だったこともあって、うしろゆびの曲ってカラオケで歌っても「あ、知ってる」って言う人が結構いて、オフで歌いまくっていた記憶があります(爆)。歌った曲は「渚の『・・・・・』」が多かったかな。

 そうそう、うしろゆびといえば「ハイスクール!奇面組」ですが、アニメの奇面組に、この2人がゲスト出演した回がありましたよね。卒業式に呼ばれてライブ(と言ってもこの曲だけですが)をするという。もちろん実写ではありませんが(当たり前か)、声は本人でした。調べたら、高井さんの卒業(=うしろゆび解散)の時でした(87年3月14日放送)。

 なぜこの2人がうしろゆびなのかは、奇面組のキャラクターの河川唯と宇留千恵に2人が似ていたとか、帰る方向が一緒だったとか、いろいろ話はありますが、のちのコンセプト「かわいいシュール」は、今から考えると2人を言い得てますよね。

#「万歳三唱」してないんですよね…。だって「Sailing」参戦したのって、最終前日だったんですもん。

|

« 仕事中に… | Main | 恋のピー・カ・ブー/島崎和歌子 »

Comments

うしろゆびの思い出と言えば大学1年の夏休み。
おニャン子紺@真駒内オープンスタジアムの設営〜警備〜バラシのバイトをやったのだが、バンドのリハでベースが妙にカッコイイ曲があってね。
何だろうと思って調べたら「渚の『・・・・・』」だった、というそれだけのお話でした。失礼。

そういや当時、おニャン子出身者&ファンをさんざバカにしてた田中義剛が、まさかその十数年後アイドルをプロデュースするとはねぇ…憶えてるんだからな少なくとも俺は。あと美奈代を「かわいいだけでここまで来ました」と評した林家しん平。

Posted by: kimaroki | October 07, 2005 at 10:54 PM

TBどうもです。♪長い渡り廊下で♪
あー聴きたい。聴いちゃうぞ(笑)
しかし、小浜って・・ソースカツ丼食べました?(違)

Posted by: あかね | October 08, 2005 at 02:32 AM

>kimarokiさん
そういえば大学あちらでしたよね。ところで田中義剛ってまだ「カントリー」にかんでるんですか? とりあえず花畑牧場には行ったことあります(笑)。
>あかねさん
小浜ってソースカツ丼名物なんですか? 私が小浜に行ったのはゼミ合宿で富山の五箇山に行った時ですから、92年の夏だと思います。勇気がなくて自転車屋には入れませんでした。

Posted by: 珍家 | October 11, 2005 at 12:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49092/6289695

Listed below are links to weblogs that reference うしろゆびさされ組/うしろゆびさされ組:

» うしろゆびさされ組 [あかねさんのかぶと虫]
お二ャン子の奇跡のユニット「うしろゆびさされ組」。 ユニット名と同じタイトル曲は名刺がわり。アニメ『ハイスクール!奇面組』の主題歌でもありイントロから駆け抜ける疾走感。心が高ぶる緊張感のあるアレンジに似つかわしくない二人のキュートさに、組合せの妙というか、おニャン子の奥深さを見せ付けられました。 「バナナの涙」から秋元康のいう”可愛いシュール”路線が鮮明になり、ドキリとニヤリが同居する不思議な世界が繰り広げられていきます。そして、1stアルバム『ふ・わ・ふ・ら』は二人の魅力が存分に発揮された快作。... [Read More]

Tracked on October 08, 2005 at 02:28 AM

« 仕事中に… | Main | 恋のピー・カ・ブー/島崎和歌子 »