« 卒業/安倍麻美 | Main | ほらやっぱり »

January 31, 2006

バレンタイン・キッス/国生さゆりwithおニャン子クラブ

valentinekiss▼1986年2月1日 1stシングル

 明日は特別スペシャルデー(笑)、国生さん明日でデビュー20周年おめでとうございます。バレンタインデー近辺になると、今でもこの曲を耳にしますので、おニャン子の曲の中では、一般的認知度は高い方かもしれません。というか、おニャン子という枠でなくても、バレンタインソングとしては認知度No.1かも。「セーラー服」が色モノ的扱いの中での認知度の高さとはちょっと違いますよね(苦笑)。

 今考えると、withの美奈代はCBSソニーがキープしていた人材ですから入閣は当然として、白石さんは大抜擢ですよね。のちにニャンギラスでも主役(?)の脇を固めることになりますので、おニャン子の屋台骨を支えたという点では、永田さんとともに功績大ですね。まぁ私が今更言うことでもないんですけど(笑)。

 久しぶりにレコードで聴いてみたんですけど、この曲はレコードの方がいいですね。シャカシャカしたアレンジが際立って(?)、なんかバレンタインデーの賑やかさ、胸騒ぎがイメージできて、軽くリピートしちゃいました(爆)。そのあとCDでも聴いてみましたが、妙に落ち着いちゃってるんですよね、曲が。ちなみにレコード盤はレモン色というか、黄色の透明です。べつに匂いはしません(笑)。

valentinekiss2 いつだったか、中古レコード屋に左のようなものがあったんです。紙の上にソノシートが貼ってある代物で、曲は入っていなくて国生さんやCBSソニー所属のおニャン子が、バレンタインデーに関するコメントを言っているものなんです。「NOT FOR SALE」と書いてあるので、あまり流通しているものではないんでしょうけど、このレコードの正体をご存知の方、教えて下さい。

#いまのまいさんの「80年代アイドル回想ぶろぐ」より「バレンタイン・キッス
#「あかねさんのかぶと虫」より「国生さゆり

|

« 卒業/安倍麻美 | Main | ほらやっぱり »

Comments

はじめまして。
焼津半次と申します。
国生さんのファン暦20年のものです。

記事のソノシートについて少々書かせてください。

このソノシートは、1986年の「バレンタイン・キッス」の発売の際に予約特典としてついてきました。事前にその特典の告知があったので、保存用にシングルを2枚買った記憶があります。当時はまだデビューしたてなので、ちょっと上っすべりな彼女のトークが初々しかったです。

突然お邪魔しまして、失礼いたしました。

Posted by: 焼津半次 | February 02, 2006 at 01:35 AM

>焼津半次さん
はじめまして。コメントありがとうございます。そうですか、予約特典でしたか。私は当時中学生で、レコードを買うほどの小遣いをもらっていなかったので、おニャン子系のレコードはほとんど事後に中古で集めたものです。その中に混ざっていたので、何かわからなかったのです。
「初々しいトーク」聞いてみました。ホントに初々しい(笑)。

Posted by: 珍家 | February 03, 2006 at 10:52 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49092/8431552

Listed below are links to weblogs that reference バレンタイン・キッス/国生さゆりwithおニャン子クラブ:

» バレンタイン・キッス 20周年 [すりこ木日記]
さっき、テレビを観ていたら国生さゆりさんが85年頃のアイドルの話をしていましたね。何だかんだ言っても「しぶとく」生き残っている数少ないおニャン子ですもんね。お見事でした。当時いちばん遊んでいたおニャン子は誰か口をパクパクさせていたけど、私には「高井麻巳子」と読み取れたんですが…。ホントかなあ?... [Read More]

Tracked on February 02, 2006 at 01:36 AM

» 『バレンタインソング』は今年も国生さゆり [ラテログ]
ちょうど1年前にも『「あしたは特別」バレンタインデー、曲は今年も国生さゆり』で取り上げたところだが、今年もまた「バレンタイン・デー」の季節がやってきた。なんでも景気回復の傾向から(ホントか?)チョコの... [Read More]

Tracked on February 13, 2006 at 12:13 AM

« 卒業/安倍麻美 | Main | ほらやっぱり »