« November 2006 | Main | January 2007 »

December 2006

December 31, 2006

2006ベストソング

 ベストソングの発表も今年で3回目。相変わらず俗世とは違った曲を聴き続けています(笑)。今年は地方アイドルの曲にグッと来るものがなかったのが残念。ただ、SHIP「together」をホントは入れたかったのですが、去年の12月15日発売ということで、入れられませんでした。手に入れたのが今年に入ってからだったので…。

10位:せんちめんたるじぇねれ〜しょん/時東ぁみ
 今年唯一歌イベントを見たのがなんと彼女。中村優嬢を見に行ったついでという話もあるが(爆)。サンシャインでのミスマガジンのイベントでした。
9位:恋のダウンロード/仲間由紀恵withダウンローズ
 仲間嬢の恥ずかしい台詞だけでも聴く価値ありです(笑)。2曲目はホントにCD出ないのかな…。
8位:Thanks!/GAM
 この2人のユニットは正解。年明けにリリース決定しているようなので、年末限定(紅白対策)じゃなくて、ずっとやってもらいたいですね。
7位:Rain Drop/さくらさくらこ
 深夜の志村けんの番組のエンディングに流れていて知りました。ボーカルは弱いですが、流れるようなサビが心地よいです。
6位:Real Face/KAT-TUN
 ジャニーズ系のデビュー曲は気合いが入っているだけあって佳曲ばかりですね。合間の変なラップがなければもっとよかったのに(笑)。にしてもこの曲がオリコン年間1位ですか。そうなんだー(ぼうよみ)。
5位:会いたかった/AKB48
 一部ではずいぶん盛り上がっていて、もう気軽に見られないようですね(いろんな意味で)。「好きならば好きだと言おう」のところのメロディラインが秀逸。どっかで聴いたような気もするけど(爆)。
4位:Magic Music/木村カエラ
 難解な曲も歌ってましたが(笑)、彼女の曲で今年一番わかりやすかったのがこの曲。「Mステ」で歌っている姿がかわいかったです。
3位:即抱きしめて/℃-ute
 「まっさらブルージーンズ」「大きな愛でもてなして」と3曲で合わせ技1本という感じですが、自分の中ではこの曲が一歩抜け出してます。メンバーははっきり言って誰が誰だかわかりませんが、鈴木愛理嬢だけは覚えました(謎)。
2位:Brilliant Dream/中川翔子
 アイドル以上にアイドルらしい曲が歌えて、しょこたんもさぞ満足されているのではないでしょうか。でも、歌っている姿見たことない…。どなたか見ましたか?
Sakuranohanabiratachi1位:桜の花びらたち/AKB48
 や、この曲を聴いたときに「見たい!」とは思ったんですよ。でもこの曲を「見て」しまったら、後戻りできないような気がして(爆)。秋元康の呪縛は、まだ私には解けていないみたいです。ただし、メンバーの名前は℃-ute以上にわかりません。ちなみに、娘が口ずさめます(爆)。来春保育園卒園なので、歌詞の意味が分かるんだと。秋元康恐るべし。

 というわけで、2007年はどんなステキなアイドルポップスと出会えるでしょうか…。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 26, 2006

なんと

 アクセス解析を見てみたら、100000ヒットを超えてました(驚)。みなさまご愛顧ありがとうございます。今月はレビューは2本になりそうですが、来年はもうちょっと書きたいと思います。そうだ、2006ベストソングの選考もしなくちゃ(目星はついているけど)。

 ただいま冬期講習中。お、明日も7時起きだ。そろそろ寝よ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 24, 2006

永遠にBoys&Girls/ファイヤー・クラッカーズ

Eienniboysgirls▼1990年12月21日発売 1stシングル

 今となってははっきりと覚えていないんですが、確か堀川早苗嬢と事務所が一緒で(メビウス)、それで彼女たちを知ったのかな。あとから5人が少女ミュージカルの人々だと知りましたが、私は演劇には疎いんで、その筋の方にお任せします(って何を?)。

 ググっても全然ヒットしないのですが、そんなにマイナーなグループだったんですかね(や、十分にマイナーだ)。私の中でははっきりと覚えているんです、不思議と。たぶん生では1回も見たことがないと思いますが、早大歌研のN氏がさかんに勧めていたから覚えてるのかな。一応この曲、作詞が松井五郎氏、作曲が和泉常寛氏、アレンジが松浦晃久氏とそうそうたる顔ぶれなんですけどね。

 なんか振りも見た印象があったので、イベントで見ていなければテレビだ!と、ビデオを漁ったら、ちゃんと出てきました。これが我が書斎(謎)です。91年3月12日(たぶん11日深夜)の「週刊歌謡マガジン」(笑)。しかも最終回。という訳で見てみたら、やはりミュージカルの子たちだからか、振りもきびきびしていて、しっかり歌えてました。少し時代が早すぎたということですかね(大ゲサ小僧)。

 「スーパーマリオクラブ」のテーマソングだったからか、「アイテム」とか「パスワード」とかいう歌詞が入っていて、時代を感じます。というわけで、しばらくそのまま「週刊歌謡マガジン」見てます。あ、牧本千幸だ(爆)。


070711追記
ひろさんから歌詞のお問い合わせがありましたので、載せておきます。参考になったでしょうか。
この写真を見る

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2006

昨日のお出かけ

 年内の通常授業は20日で終わり(25日から冬期講習です)、しばらく交代勤務なので、昨日代休を取り、またまた娘と出かけてきました。娘は来年から小学生、平日に出かけるということができなくなるので、こういうチャンスは逃さないようにしています。

Risupia で、毎度の博物館・科学館詣でですが(笑)、今回は東京ビッグサイト近くにある、パナソニックの施設「リスーピア」。東芝科学館といい、ソニーエクスプローラサイエンスといい、ものつくりの企業がやっているこの手のものはホントおもしろいです。リスーピアは月曜休館なので、月曜休みの私はなかなか行けませんでしたが、今回やっと行けました。

 「リスーピア」は就学前の娘にはちょっと難しいと思いましたが、なかなかどうして、楽しんでましたよ。原理はわからなくても、「どうしてだろう?」という気持ちが湧くならOKですよね。もちろん「素数ホッケー」なんかはただ純粋に遊んでいただけでしたが(笑)。でもお父さんはちゃんとハイスコア出してきました(大人げない…)。

 ちょうど小学生が社会科見学に来ていて、大気圧の実験をやっていたので、便乗して見ていました。たまたまこないだの日曜日にランドマークタワーのエレベーターに70階まで乗って、「どうして耳がヘンになるの?」という娘の疑問に答えたばかりだったので、内容がドンピシャで、娘は興味深く見ていました。どこまで理解できたかわかりませんが、やっぱり理科は実験を見るのが一番ですね。

 リスーピアで終日過ごしてもいいくらいでしたが、ゆりかもめでお台場に移動。なぜって、アクアシティでやっている「チャングム展」の最終日だからに決まっているじゃないですか(爆)。今までの展覧会(前に見た高島屋のとか)はNHK主催でしたが、今回は初めて韓国のMBC(韓国文化放送)主催だったので、流れている映像が全部字幕で、初めて役者さんの生声のドラマを見ました。

Daejanggum2

 展示物はセットや衣装など、横浜で見たものと大差なかったでしたが、パンフレット(写真)だけでも600円の価値があったと思います。あぁ、やっぱイ・ヨンエ様美しすぎ(爆)。来年BSでやる字幕版、ちゃんと全話録画しなければ。

 これで終わりにするつもりでしたが、娘のリクエストで目の前のフジテレビへ。軽くスタジオプロムナードを回り、サザエさんのお菓子を買い、帰途につきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 19, 2006

やはりほんと?

 日刊スポーツにも出たようです。

 元モー娘の紺野あさ美が慶大合格

 おとうさんのような気持ちの私としては(謎)、おめでとうというより、ちゃんと勉強できるか(騒々しくならないか)心配です。

 声はアナウンサー向きじゃないと思うけど…。でも、元芸能人で学歴も付くとなれば、マスコミは当確でしょう。そういえばこんなルート、最近聞いたような(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 17, 2006

まとめて

 お祝い。何がって、私の誕生日に相方の誕生日にクリスマス、ぜんぶ12月なんですよ(笑)。ちなみに娘の誕生日が6月なので、半年おきでちょうどいいです。

 お祝いはランチを恒例にしているのですが、ここ3年連続でランドマークタワー70階の「シリウス」のランチバイキングに行ってます。高い(値段がじゃなくて場所ね)ところがあまり好きではない私には、あんな高いところで飯を喰う意味が分かりませんが(爆)、娘の希望ということで。

 もちろん旨いんですが、団体で来ているおばちゃんのパワーには圧倒されました(苦笑)。あと難点は、いつもこの時期に行っているので、メニューが毎年大体同じということかな…。来年は新しいところを開拓しよう!

 そうそう、ランドマークタワーにあるロイヤルパークホテルに、バルセロナの面々が宿泊していたみたいです。クラブのカラーをしたバスが横付けされていて、出待ち(笑)の人がいっぱいいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2006

ほんとかしら

元「モー娘。」紺野あさ美 慶應大学藤沢に合格

 まだここにしか出ていないので、何とも言えないのですが、ホントだったら確かにすごい。AOだとしても。

 でも、ヒロスエの早稲田のときみたいにならなければいいけど…。とりあえずちゃんと勉強できるといいですな。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 11, 2006

忘年会

 土曜日は授業のあと、その筋(ってどの筋だよ)の中野忘年会に2次会から参加。ほとんど皆さん1年ぶりなのに、それを感じずに和みました。

 軽くサッカーの話(ヴィッセル昇格とか、フロンターレが丸亀で甲府に大敗など)を挟みつつ、河田純子復活ライヴの話とか、薬師寺容子は復活するのかとか(苦笑)、来年の20周年(何のだよ)は仕事休むぞとか、そんな話題で2時間ほど飲みました。

 幹事のMッキー、おつかれさま。

 日曜日はFHOKUTO関東の忘年会。うちが子連れのため、みなさんに溝の口までご足労願いました。リアルタイムな話より、思い出話が多くなりがちでした(苦笑)。ちなみにうちの娘をのぞいては、私が最年少というメンツですので…。

 帰宅してからあっという間に寝に入り、さっきまで寝だめカンタービレでした(意味不明)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2006

夢だけ見てる/CoCo

Yumedakemiteru▼1991年12月4日発売 8thシングル

 この頃って私はいったい誰を推していたんだろーか(爆)。ただし、コンサートで上映されたストーリービデオ「夢だけ見てる」は、間違いなく三浦嬢のものでした。「パーティー?パーティーってなんでしゅか?」「しぇのうしゃんも、してみたいと思う?きしゅ」なんて、酔っぱらっては茶化していたものでした。いや、茶化していたんじゃない、讃えていたんです(ウソ)。

 デビュー3年目のCoCoは安心して見ていられました。安心してミニコミのネタにできました。5人のCoCoがずっと続くものだと思ってました。コンサートでこの曲のイントロが流れると震えました。思いっきり歌いました。あの一体感は今でも思い出します。

 次作「だから涙と呼ばないで」が、5人での最後のシングルとなりました。4人になる前にこの曲が聴けて、幸せだったと思います。スケール感ではCoCoの曲では1番でしょう。そんなスケール感を演じきることができたCoCoが、とても好きでした。

 シングルはフェードアウトですが、アルバム『Share』に収録されているヴァージョンではアウトロがさらにスケール感を増しています。コンサートではいつもアルバムヴァージョンの方でしたね。

 15年かぁ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 04, 2006

情熱大陸

 この番組、結構好きです。葉加瀬太郎の曲がいいんだな、これが(笑)。

 昨日は弁護士の荒井裕樹氏。30歳にしてかなりの辣腕だそうで、年収は1億を超えるとか。でも、忙しすぎて使うヒマないんだろうな(笑)。番組紹介ページはこちら

 当然のごとく(謎)東大法学部卒で、まぁ自分とは違う世界の方と思っていたら,なんと、高校の後輩でした。川越高校にも、こんなOBがいたんですね〜。

 それより、来週の「情熱大陸」、あの宮本哲也先生ですよ。や〜、見たい見たい。あの算数教室にカメラが入るなんて! 既にHDレコーダーに予約済みです(笑)。番組紹介ページはこちら

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« November 2006 | Main | January 2007 »