« January 2008 | Main | March 2008 »

February 2008

February 29, 2008

過ぎた…

 今日、アイドリング!!!のCDがamazonから届いた。

 さっき開けた。

 イベントの撮影会参加応募が0時で終わってた…。

 3月2日のららぽーとはたぶん行きません…。

 3月30日のSHIBUYA AXはどうしようかねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2008

好き♡嫌い/麻田華子

Sukikirai▼1988年2月21日発売 1stシングル

 オリ通界隈で人気の高かった「華るん」こと麻田華子嬢のデビューシングルです。第2回の東鳩オールレーズンプリンセスですが、その時の準優勝が水野美紀嬢と河田“JUNJUN”純子嬢なんですよね。それはともかく、プリンセス受賞もレコードデビューも彼女が13歳のとき。当時としてはかなりの若さ(笑)でした。

 芸名をいろいろ変えたり、avexのユニット「TRINITY」に参加したりと、いろいろな仕事をしていましたが(キワドいものも…)、その中で樹本彩華時代の『もうひとつの原宿物語』が印象に残っています。別に映画を見たからという訳ではなく、私が薬師寺容子嬢のファンクラブの会報を作っていたからです(爆)。手元に未開封のビデオがあるのですが(事務所の大掃除のときにもらった気が)、発売から17年、さて、無事に見られるのでしょうか。

 話を戻しますと、歌唱が堂々としていて、とても中学生に思えません。リズムもそんなに簡単な曲じゃありません。レコードだからかと思いきや、実際歌っている姿も実にすばらしい(笑)。残念ながらこの曲の映像は我が家になかったのですが、次作「Doubt!」があったので見てみました(「サタデーポップ’88」)。表情が硬くて、ちょっと緊張してるかなというように見受けられますが、歌唱が安定していて、安心して見ていられます。彼女が登場した時代が少し早かったのかもしれません。

 このCMをアップした人はすごい(笑)。

 これでなぜか思い出したのが「おめざめマンボ」。テレ朝で土曜朝7時(笑)からやっていたバラエティー番組(三宅裕司メイン)なんですが、この中に「華子通信」というコーナーがあったんですよ。ビデオないかなーと探してみたら、なんと!ゲストが我妻佳代さんの回が録ってありました。すごい、我が書斎(笑)。…(見ている)…あー、華子通信ていう新聞を原宿で配っていたんですねー。もらった覚えはないですが、見覚えが…。

 というわけで、デビュー20周年おめでとうございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2008

個人的な高まり

 今個人的に高まっているのが

 横山ルリカ

 もちろんCDは買っていますし(なんで「もちろん」なんだ)、「アイドリング!!!」という集団(笑)も知っていましたが、各人の名前は全く知らず、もちろんCS放送もオンデマンドも、そして地上波も見たことがない私ですよ。

 きっかけはやはり「名前」(爆)。23年前の「ルリルリ」こと永田ルリ子さんを彷彿とさせる名前に興味を持ち、いろいろ周辺をチェックしてみると、「アイドリング!!!」の中でいちばんかわいいことが判明(私感)。今回の件で今さら見た「ガンバレ乙女(笑)」の特典DVDでも、PVのアップがかわいく、歌声も低音がきれいで私好み。

 うーん、こないだの「ラクーア」行っとくべきだったか。

 Wikiによると、2005年の高見沢俊彦プロデュースの「Doll's Vox」に参加しているとのことだったので、当然(爆)我が家にあるCDを引っ張り出してきてみると、確かにいました。まだコドモの表情ですが、あどけない表情が素質を感じさせます(ホントか?)。

 というわけで、今後大々的に注目していきたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2008

意外とお笑い好き

 昨日の「爆笑レッドカーペット」を見ましたよ(笑)。

 実は昨日は仕事で、レッドカーペットを録画しておいたんですけど、昨日の深夜に1時間、今日2時間見ました(笑)。1人1人の時間が短いから、飽きずに見られるんでしょうね。

 相変わらず世界のナベアツは面白い。アンコールのときの「3の倍数と3のつく数字でアホになって、5の倍数で犬っぽくなる」が絶品でした。あと最近鳥居みゆき(なんとサンミュージック所属!)がくせになっている自分がイヤ(笑)。

 我が家がいつものローテーション漫才じゃなかったのがちょっと残念。ネタも今ひとつだった気が。あと、アンコールの藤崎マーケット永井“ナイツ”佑一郎のコラボが結構ハマりました。


 結構自分ってお笑い好きなのかな(今さら)。何年か前も1人でNGKで吉本見たし。


 実はR-1もしっかり録ってあります(爆)。結果が分かっていたのでレッドカーペットの方を先に見ましたけど、これは夜に家族で見よう(爆)。ナベアツ残念。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2008

日本史も地理も勉強せい

 たまにはこんなネタも。

 公立高校の入試制度では東京や埼玉、千葉の後追いだった神奈川県が、珍しく先行して決めたようですね。

日本史、全県立高校で必修科目に…神奈川県教委(読売新聞)

 ニュースを見ると、「日本史」か「地理」+「郷土史」+「世界と日本の近現代史」のどちらかを選択するとのこと。どちらを選択しても、いわゆる「日本史」の一端は勉強できるようにする訳ですね。

 私情としては、大学で地理学を学んだこともあり、歴史偏重にちょっと複雑な気持ちですが(後者を選んでも、おそらく地理は2単位ってとこでしょう)、歴史も大事ということはわかっているので、そこはいいです。地理と歴史どっちが大切かという議論は不毛です(どっちも大切に決まってます)。

 ただ、地理とセットの「郷土史」「世界と日本の近現代史」は神奈川県のオリジナル科目ということで検定教科書がなく、独自教材を作るようですが、「郷土史」はともかく、「近現代史」に危険な香りが…。検定教科書の記述に関しての問題はまだニュースになるから世論も動くでしょうが、独自教材は誰が、どんな視点で作るかというのが、本になって生徒に配られるまでわからなそうな気がします。右傾でもなく、左傾でもなく、真実だけが掲載されればいいですが、ひとつの出来事にそれぞれ諸説ある訳ですから、やはり誰かが1つの説を採用しなければいけないわけで。


 私の通っていた埼玉県立川越高校はいわゆる進学校ですが、理科も社会もほぼ全科目勉強しました。もちろん教科書まるまる1冊勉強した科目は受験で使った科目だけですが、こんな感じで履修しました。ちなみに3年から文系理系に分かれて、私は文系でした。

【社会】
1年 地理(ほぼ全範囲)、現代社会(前半は現社、後半は世界史の近現代w)←一応現社もやったから、未履修にはならないのかな?
2年 世界史(最初から半分くらい)、政治経済(ほぼ全範囲)
3年 日本史(最初から半分くらい)←日本史で受験しない人でも、3単位は必修で日本史がある!
 個人的に3年次に選択科目で地理と政治経済も(笑)。地理は受験用授業、政経は討論会w 日本史や世界史で受験する人は、3年次の選択科目で履修します。

【理科】
1年 生物(半分くらい)、地学(半分くらい)
2年 物理(半分くらい)、化学(半分くらい)
3年 理系の人は物理や化学の残りをがっつり。私は文系だったので、上の4科目から1科目選択。ちなみに地学選択でした。センター試験も地学受験。

 こんな感じでやれば、どれが必修とかいう議論をせず、それぞれの科目の一端は覗けるので、全くやらない科目ができるよりはいいのでは? 仕事柄(塾の教室長ですが、社全体の進路系の担当もしています)公立や私立の高校のカリキュラムを見る機会がありますが、特に私立の女子校では「地理」という科目が存在しない(生徒が選択できず、全員日本史を履修)高校が多くあります。確かに女性は地理より歴史を履修しがちなのでしょうが(私の大学のゼミも8割以上男だった)、選択の余地もないのはどうかと。こういう高校は私は生徒には勧めませんw


 地理の勉強ってホント楽しかったのになー(笑)。エロマンガ島探したり(違)。でもここまでやるとスゴイとしか言いようがない…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2008

Free Balloon/島田奈美

Freeballoon▼1987年2月11日発売 4thシングル

 おニャン子まっただ中ではありましたが、常に気になる存在だった彼女。同い年で、通っていた高校も縁があって(「ガラスの幻想曲」参照)身近に感じていました。このシングルで4枚目ですが、初めてオリコンでベスト10、「ザ・ベストテン」でもチャートインしました。ちゃんと調べてませんが、おそらく彼女のシングルの中でいちばん売れた曲だったと思います。

 少々憂いのある歌声だからでしょうか、この曲も失恋ソング…。「ガラスの幻想曲」→片想い、「負けないで…片想い」→片想い(笑)、「パウダー・スノーの妖精」→失恋と、4曲続けてこの路線です。ただ、「パウダー〜」では「このままこの場所で/朝までたたずんで/氷になるわ/雪のSilence」と、もう救いようのない失恋ですが、この曲ではかなり前向きです。

「自動シャッター/ポーズするの/笑顔で」
「白いFree Balloon/気球に飛び乗り/あなたから旅立つわ」
「まるでFree Balloon/生まれ変わりたい/新しい自由な私へと」

 「パウダー〜」と同じ松本隆/林哲司/新川博の作品ですが、ちょうど発売が春に向かっているこの時期だからか、雰囲気も明るく、救われています(笑)。アイドルって3枚目とか4枚目にだいたいバラードっぽい曲を持ってきて失速するということがよくありますけど、彼女にはそれがありませんでした。アイドルにしてはアルバムのリリースが多かったので、わざわざシングルのA面で冒険する必要がなかったのでしょうが、それが結果的によかったと思います。ちなみにこの曲のB面「頬よせて」はバラードです。

 現在もライターでご活躍中の島田奈央子さん。公式サイトで見るお姿は、相変わらずかわいいですね。ところでまだ独身?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2008

2週間ぶり

 先々週の月曜日以来のお休みですので、HDレコーダーに録ってあったものをまとめて見ました。

・先週のハロモニ@のなっち&矢島舞美嬢「16歳の恋なんて」…舞美嬢でかっ(笑)。遠近法を使った立ち位置が微笑ましいです(謎)。なっちまたやせた? 私はもっとふっくらしたなっちが好みなんですが。曲的には今年のベスト10に入る勢いです(笑)。あと、あの程度のステップで肩で息しちゃダメですよ>26歳の方

宮廷女官チャングムの誓い完全版(第53話)…延々と見続けた完全版もいよいよ今週で最終回。全部録画すると誓ったものの、2回撮り逃したのが痛恨の極み。チャングム(イ・ヨンエ)の他、シンビ(ハン・ジミン)、チョドン(カン・ジョンファ)が好み(爆)。

・ミュージックステーションの木村カエラ嬢「Jasper」…今度はテクノですか。石野卓球サウンドが心地よいです。カエラ嬢、何でもこなせて器用ですねぇ。歌詞に「シャングリラ」って出てきたので、電グルの「Shangri-La」を思い出しましたが、詞はカエラ嬢なんですね。

・音楽戦士の長瀬実夕嬢「Rose」…うーん、ああいう曲歌う人って、今いっぱいいますよね。その中で売れていくというのは難しいだろうなぁ。もちろんZONEのMIYUを期待している人なんてもういないでしょうけど(ZONEあってのMIYUですからね)、前途多難なヨカーン。うちの相方が、だいたひかるに似ていると言いました。そうか?

スーパーサッカーの加藤未央嬢…3月8日のマリノスーレッズ戦で、マリノスのチアリーダーと一緒に踊るという企画の予告。やー、かわいすぎます(爆)。へそは反則です。よーし、8日は日産スタジアムだ(ウソ)。

・ハロモニ@のBuono!「恋愛♥ライダー」…曲は「ホントのじぶん」よりパワーダウンかな。というか、ところどころ「あれ、聴いたことある」ってフレーズが出てくるのはご愛嬌?(笑) 太モモが目立つ衣装はナニですねぇ。うちの娘が既に歌えるのが笑えます(「しゅごキャラ」で数週間前から流れているらしい)。


 今日はこの後相方の実家で鍋会です。

 明日教室に行けば、明大明治以外の私立高校の合否結果が分かるんだよな。すべり止めはともかく、桐蔭学園や桐光学園あたりは受かってくれないかなー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 10, 2008

いざ

いざ
 チケット購入(^-^)/soccer 1ヶ月後に開幕です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2008

AKB1じ59ふん!

 テレビ欄に「AKB48」と書いてあるのを見つけて、見てみました。先々週から始まったそうで、今回が3回目の放送だったようですね。

・メンバーがほとんどわからない(爆)。
・番組のテイストが懐かしく感じたのは、やはり秋元マジック?
・とは言っても「夕ニャン」より「黒BUTA天国」を思い出したのは、深夜枠だからという理由だけではないような気がする(苦笑)。
・要はグダグダ感?(爆)
・高田純次というのがすばらしいキャスティング。
篠田麻里子嬢ってもっとかわいかったはずじゃ…(笑)。「3R」の時に注目したのに。
・深夜だけど「ハロモニ@」より視聴率はいいようだ。

 向学のため(笑)、しばらく試聴することにします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2008

南の国から来た手紙/小田茜

Minaminokunikarakitategami▼1993年2月1日発売 2ndシングル

 第4回国民的美少女コンテストグランプリの小田茜嬢のセカンドシングルです。正直私はああいう顔立ち(しかも小学生!)は苦手なので、特に関心もなく、音だけは買っていました(CD買っているだけで十分関心があると言えなくもないが)。「南の〜」はNHKみんなのうたで流れていたこともあって、キャッチーなメロディーに彼女の素直な歌い方がマッチして、さわやかな印象があります。

 実はこの曲はカップリングに蘊蓄があるんですよ(爆)。「夢のワールドスクウェア」という曲なんですが、タイトルからお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、東武鉄道が鬼怒川に5年の歳月をかけて作った「東武ワールドスクウェア」(詳細はサイトを)のテーマソングです。鬼怒川は栃木県ということで、栃木県真岡市出身の彼女が歌うことになったのでしょう。ちなみに園にはミニチュア建造物が102個あるんですが、これは102=とーぶということにちなんでいます(実話)。109=とーきゅーより苦しい…。

YumenoworldsquareTobuworldsquare ここに2つのジャケ写があります。左(「夢の〜」となっている方)は、実際に東武ワールドスクウェアのお土産店で売っているCDで、ちゃんと「南の〜」も収録されています。右(「東武〜」となっている方)は非売品で、タイトルも歌詞も「夢の〜」の部分が全部「東武〜」になっています。テレビCMで流れていたまんまの曲が収録されています。

 私、この年の春から就職活動をしていまして、某旅行会社(わかっちゃいますね)に内定を貰ったんですね。この会社は希望者を東武特急スペーシアで鬼怒川に連れて行って、ワールドスクウェアで添乗員のまねごとをさせて就職試験をするというイベントをやったんですよ。私(と10数人)は内々定を貰った後に行ったので旅行気分でしたが(笑)。そのスペーシアの車内で抽選会があって、内々定仲間がこのCDを当てまして。で、私は恥ずかしがりもせず(爆)それを譲り受けたのです(いくらかあげたはず)。ついにここでお披露目しましたが、誰も関心ないでしょう(笑)。

 ワールドスクウェアは仕事やプライベートで5回くらい行きました。初めての人は結構感心しますよ。ぜひ行ってみてください。あ、ちなみにその旅行会社には3年3ヶ月在籍しました(爆)。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 01, 2008

快晴

快晴
 すばらしい眺めですが、これから会議なんだな、これが(´∀`)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »