« ちいさなBreakin' my heart/渡辺満里奈 | Main | こちらは本業 »

November 25, 2009

悲しみよこんにちは 21st century ver./斉藤由貴

Kanashimiyokonnichiwa21▼2007年11月28日発売 20thシングル

 「21st century ver.」シリーズとして「タッチ」(岩崎良美)、「ブルーウォーター」(森川美穂)、「デリケートに好きして」(太田貴子)などのセルフカバー作品がリリースされましたが、それらが主題歌だったアニメがジャケ写になっているのに対して、この曲だけ斉藤さん本人の写真が使われているそうです。Wikiには「担当者の斉藤由貴への多大なリスペクト」と書いてありますが、それも頷けます。ちなみにこのCDでは「悲しみよ〜」の他に「夢の中へ」「白い炎」「家族の食卓」(オリジナルはアルバム『風夢』に収録)がセルフカバーされています。

 オリジナルはポップな印象で、カラオケでもとても歌いやすい感じですが、このリメイク版は流れるようなアレンジで、他の収録曲もいわば「アコースティックver.」です。斉藤さんも43歳、そんな年齢の雰囲気を壊さないように仕上がっています。まぁもともとポップな曲でも落ち着いて歌っていた印象ですけどね(だから「夢の中へ」の珍妙なw振りにはびっくりさせられたわけです)。

 実は私「めぞん一刻」は見たことないんです(汗)。でも最近パチスロの「めぞん一刻」をよく打つんですけど、この作品のことを好きな人が製作に関わったんだろうなと感じられるような、愛のある演出が多いんですよ。パチンコパチスロは最近タイアップものばかりで、原作を大して知らない人が作るとロクなものができませんけど、「めぞん一刻」はよくできています(私のような原作をよく知らない人が引き込まれるんですから)。こないだは負けちゃいましたが(汗)、ストーリーが見たいのでまた打つでしょうね。

#いろいろ調べてみたら、一刻館がある街のモデルは東久留米なんだそうですね。実家の隣の市じゃん(笑)。

Kanashimiyokonnichiwa ちなみにオリジナルは1986年3月21日発売で、水谷麻里、山瀬まみのデビュー日です(関係ない)。1日前の20日デビューがとろりんこと西村知美です(関係ない)。86年3月と言えばちょうど私が高校に上がる直前でしたが、4月の入学式の日に川越のG7というレンタルレコード屋で大量にレコードを借りた中の1枚です(笑)。あ、にもこのこと書いたな。ジャケ写も載せておきます。


 時期柄紅白ですよね(笑)。この時は初出場で、連続テレビ小説「はね駒」主演ということもあって、赤組キャプテンをやったんですね。

 アニメとの編集作品です。なかなかうまくできています。ラストシーンはパチスロでも見られます(笑)。

|

« ちいさなBreakin' my heart/渡辺満里奈 | Main | こちらは本業 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49092/46854952

Listed below are links to weblogs that reference 悲しみよこんにちは 21st century ver./斉藤由貴:

« ちいさなBreakin' my heart/渡辺満里奈 | Main | こちらは本業 »