« October 2009 | Main | December 2009 »

November 2009

November 30, 2009

ジンギスカン

ジンギスカン
 今日はひとりではありません(・ω・)/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

合格祈願

合格祈願
 教室の生徒の合格祈願をしに川崎大師に来ました。だるまも購入(^-^)/ 今年は太宰府とのダブル御利益で全員合格間違いなし\(^_^)/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2009

こちらは本業

 先日このブログで、元Berryz工房の石村舞波嬢が品川エトワール女子高校のパンフレットに載っているという記事を書きました。それ関係で検索されてくる方も多いようなので、たぶんあれは本当に彼女なのでしょう。ただ、その高校の生徒なのかはわかりません。ああいうパンフはモデルも多く使いますからね。

 では、本当に芸能人が多く通っている日出高校のパンフはと思い(毎年教室には来ますが、グラビア系の子は興味がないので、全然気にしてなかった)、今年のを見てみたら…
Yuikoike

 知ってる! 小池唯嬢ですね。なぜか日テレの「アイドルの穴」「日テレジェニックの穴」は見ていたので(爆)知ってます。中には彼女とコンビ?を組んでいるらしい奏木純嬢(事務所のプロフもブログも閉鎖されているので、すでに辞めちゃったのかな)も登場しています。唯嬢は在校生としてのコメントも載っているので、ホントに在校生なのでしょう。

 前にうちの教室にいた生徒の関係で、日出の先生に話を聞いたことがありますが、芸能コースだけで大体各学年3クラスある(つまり各学年100人くらいいる!)ということにまず驚きましたし、ほとんどの生徒が「これから」の子だということもおっしゃっていました。最初から売れている生徒が在籍する例は少ないそうです。その時は多部ちゃん(NHK連ドラの主役に決まった少し後だったからかな)を引き合いに出されて、彼女達もブレイクする前はちゃんと学校に来ていたとおっしゃっていました。

 堀越高校は遠いので行ったことがないですが、来年は向学のために(謎)見学に行ってみましょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 25, 2009

悲しみよこんにちは 21st century ver./斉藤由貴

Kanashimiyokonnichiwa21▼2007年11月28日発売 20thシングル

 「21st century ver.」シリーズとして「タッチ」(岩崎良美)、「ブルーウォーター」(森川美穂)、「デリケートに好きして」(太田貴子)などのセルフカバー作品がリリースされましたが、それらが主題歌だったアニメがジャケ写になっているのに対して、この曲だけ斉藤さん本人の写真が使われているそうです。Wikiには「担当者の斉藤由貴への多大なリスペクト」と書いてありますが、それも頷けます。ちなみにこのCDでは「悲しみよ〜」の他に「夢の中へ」「白い炎」「家族の食卓」(オリジナルはアルバム『風夢』に収録)がセルフカバーされています。

 オリジナルはポップな印象で、カラオケでもとても歌いやすい感じですが、このリメイク版は流れるようなアレンジで、他の収録曲もいわば「アコースティックver.」です。斉藤さんも43歳、そんな年齢の雰囲気を壊さないように仕上がっています。まぁもともとポップな曲でも落ち着いて歌っていた印象ですけどね(だから「夢の中へ」の珍妙なw振りにはびっくりさせられたわけです)。

 実は私「めぞん一刻」は見たことないんです(汗)。でも最近パチスロの「めぞん一刻」をよく打つんですけど、この作品のことを好きな人が製作に関わったんだろうなと感じられるような、愛のある演出が多いんですよ。パチンコパチスロは最近タイアップものばかりで、原作を大して知らない人が作るとロクなものができませんけど、「めぞん一刻」はよくできています(私のような原作をよく知らない人が引き込まれるんですから)。こないだは負けちゃいましたが(汗)、ストーリーが見たいのでまた打つでしょうね。

#いろいろ調べてみたら、一刻館がある街のモデルは東久留米なんだそうですね。実家の隣の市じゃん(笑)。

Kanashimiyokonnichiwa ちなみにオリジナルは1986年3月21日発売で、水谷麻里、山瀬まみのデビュー日です(関係ない)。1日前の20日デビューがとろりんこと西村知美です(関係ない)。86年3月と言えばちょうど私が高校に上がる直前でしたが、4月の入学式の日に川越のG7というレンタルレコード屋で大量にレコードを借りた中の1枚です(笑)。あ、にもこのこと書いたな。ジャケ写も載せておきます。


 時期柄紅白ですよね(笑)。この時は初出場で、連続テレビ小説「はね駒」主演ということもあって、赤組キャプテンをやったんですね。

 アニメとの編集作品です。なかなかうまくできています。ラストシーンはパチスロでも見られます(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 18, 2009

ちいさなBreakin' my heart/渡辺満里奈

Chiisanabreakinmyheart▼1987年11月11日発売 5thシングル

 今日は満里奈の39回目の誕生日です。おめでとうございます。そしてこの曲がリリースされてから22年経ちました。自分が教えている生徒が全員平成生まれになったり、今年の中3は94年生まれですが、この年は私が社会人になった年ということもあり、時の流れがどんどん加速するのを実感しますが、同い年の伴走者(と私が勝手に思っている)の満里奈がいれば大丈夫です(笑)。まぁ最近はなんか鼻につくところもありますがね。

 この曲は同じエピックで、満里奈もファンだという大江千里氏の作詞作曲で、当時高校生だった乙女な満里奈(笑)のイメージを壊さずに、キレイに描いています。「バインダー」「街並」「ニュータウン」なんてワードがキーだと思いますが、そんなフレーズがピッタリくる女の子だったんですよ。あ、また思い出話になってしまった(爆)。当時はおニャン子解散の余波(謎)や、私がこういうミディアムテンポの曲はあまり好きではないので、個人的には大して盛り上がっていませんでした。解散直後の『EVERGREEN』がすばらしかっただけに残念だったんですが、満里奈のかわいさはこういう曲の中に息づいているのかもしれません。

 ほら、かわいいでしょ。


 あ、クレジットが「麻里奈」になってる(苦笑)。夜ヒットなのに…。

 この翌年から満里奈は第2黄金期(勝手に命名)に入っていきますので、私はその過渡期の曲だと理解しています。大江千里氏ご本人も『home at last~Senri Sings Senri~』というアルバムでセルフカバーをしているそうですが、どんな感じになっているんでしょうね。

#そういえばこの時期、こんなドラマにゲスト出演しましたっけ。満里奈がスパイ役だなんて…ぷぷぷ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 16, 2009

サテライト

サテライト
 こんな平日にサテライトです。川崎−湘南戦ですが、湘南のサポが全く見当たりません(^_^;)

 うちから等々力までスクーターで20分でした。試合が終わったら教室に行って夜は補習です(・ω・)/

 ゆえに今日はユニじゃなく、スーツで観戦です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2009

恋する夏の日/胡桃沢ひろ子&さくら組

Koisurunatsunohi▼1991年11月6日発売 2ndシングル

 往年のアイドル天地真理さんのカバーですが、原曲とは違いかなり軽快なアレンジになっていて、これはこれでかなりアリだなと思わせてくれます。なにしろくるみーがかわいい(笑)。デビュー曲「スパーク・プラグ」が曲もジャケ写もイマイチなのに対して、やっとアイドルっぽい曲、ジャケ写になった感じです。

 この曲を採り上げたのはもちろんくるみーのかわいさもありますが(ホントかよ)、アーチスト名義の「胡桃沢ひろ子&さくら組」の「&さくら組」がじゅーよーだからです(笑)。これをお読みの方はご存知だと思いますが、念のために。

・加藤紀子…桜っ子に出始めた時は「加藤のり子」名義。その後、森高千里のアルバム曲のカバー「今度私どこか連れて行って下さいよ」でソロデビュー。現在も活躍中
・小林美香…桜っ子の後、何かのCMで見た気がしますが、その後消息不明。
・三井美佳…乙女塾7期生を経てさくら組入り。その後もいろんなオーディションに出ていたようですが、現在は何をされているんでしょう?
・中元綾子…オーディション歴はかなりあるらしいですがよく存じません。さくら組以降は上智大学進学、讀賣テレビアナウンサーを経て、結婚退職の後現在広島ホームテレビアナウンサー。

 というすばらしい面子でした(笑)。そして…

・胡桃沢ひろ子…乙女塾2期生(恒崎裕子)→桜っ子クラブ(胡桃沢ひろ子)→L☆IS(恒崎裕子)→西崎ひろこ→胡桃沢ひろこ(現在) なんと本人のブログがあってびっくり。プロフィールの本名が「山崎裕子」となっているということは結婚しているんでしょうか。ビミョーに本名と似ているところがなんとも(笑)。

 カップリングの「夢見る婦警」は、くるみーの名付け親と言われている作家の胡桃沢耕史氏の作詞で、裏ジャケにも2ショットがあるんですが、まぁ、おじいさんですよね(笑)。この曲のリリースの2年半後に亡くなられています。

 「&さくら組」が映っている映像があまりないんですが(笑)。誰か「桜っ子クラブ」の映像をアップして下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2009

餃子

餃子
 宇都宮まで来ました。実は初宇都宮餃子\(^_^)/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

はるばる

はるばる
 娘の代休で、はるばる鬼怒川までドライブに来ました\(^_^)/ 私はここは5、6回目です(・ω・)/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2009

検索アワード200910

 11月に入って急に寒くなりましたね。さて、先月の検索ワードランキングです。

 【2009年10月】

1 瀬能あづさ 27
1 宝ひとみ 27
3 こねこねこ 21
3 福原遥 21
5 河合その子 20
6 画像 18
7 レノファ山口 17
8 珍家 16
8 石村舞波 16
8 レノファ 16

 瀬能あづさ、宝ひとみとも過去の方(笑)ですが、思い出を検索される方が多いのでしょうか。そして時の人まいんちゃん! ようつべの動画はすべてNHKの検閲によって削除されてしまいましたが、また誰かがアップするんでしょうね。その子さんはBOXが出たからだと思いますが、私は未購入。金額に躊躇してますが、某茄子が出たら…。レノファ山口は川崎フロンターレと天皇杯2回戦を戦った相手です。JFL昇格を目指してがんばれ! 石村舞波嬢は高校のパンフに載っているらしいということを話題にしましたが、検索される方もおそらくそれを見るために探していたんでしょう。

 それでは、来月もお会いしましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2009

利害関係の一致

 昨日の顛末。

・娘が学校から帰ってくるのを待って、すぐに東京タワーに向かう。宮前平〜青山一丁目〜赤羽橋。ちなみに見に行ったのはこのイベント

・ステージではすでに「北神未海withMM学園合唱部」が登場中。おお、大きなお友達で大変な人(笑)。娘の身長だと人が前にいると見えないので、後方に回って観覧。めちゃモテの衣装で「青春万歳」も歌ってました。

・ステージ終了後、娘がCD欲しいというので半額援助(笑)。握手券ももらったので、娘の人生初の握手会となりました。小学生は先に握手させてくれるというので、私も付き添って前方に(私は握手してませんwww)。間近で見たおがまながかわいくてショック(爆)。でもお肌がかなりナニでさらにショック(笑)。合唱部のキャナーリのコは、実は名前と顔が一致していないので、誰がいたかは不明。

・近くにあったクレープ屋で娘はクレープを食し、次の渡り廊下走り隊まで時間稼ぎ。

・渡り廊下は口パクだったのが残念。でも振りを見るという目的で見るのならばそれなりにかわいくてOK。まゆゆの「よいしょ」とか、生で聴きたかったけど(笑)。ステージ中娘はヒマそうでしたが、私は「やる気花火」が見られたので満足。全然関係ないけど、らぶたんは私と同じ誕生日。24歳年下(笑)。

・その後、本来の目的?夜景を見に東京タワー展望台へ。実は教室で取っている新聞屋に、東京タワーの夜間入場券というのをもらったので、ちょうどいいタイミングでした。エレベーターから降りて、すぐ目の前の夜景にちょっと感動。でも夜景だと方向感覚なくなりますね。

・お土産屋を物色して、下に降りてみると、なんとステージ上にはBerryz工房が(爆)。やっぱり熊井ちゃん頭一つリードですね、いろんな意味で(謎)。ラジオの公開録音ということで、ずっとしゃべりだったので娘はかなり飽き気味。どうも「流星ボーイ」という新曲(11/11発売)が「イナズマイレブン」の主題歌ということで、娘はその曲が聴きたかったようですが、公開録音後のミニライブの最後に歌われて娘は満足。私は全然知らない曲でしたが娘が口ずさんでいるという状況(笑)。

・帰りは赤羽橋〜大門〜中延〜鷺沼というルート。中延で夕飯を取ろうと「わたみん家」へ。娘と飲みながらアイドル談義(誇張)。中延からの大井町線は鷺沼入庫便でラッキー。居眠りして帰りました。


 今日はナビスコカップの決勝です。すでに国立競技場には長蛇の列ですね。あまたつも国立から中継してました(笑)。うちの塾は祝日は平日なので授業がありますが、授業が始まる前には結果が分かっているので、リアルタイムでチェックするとしましょう。フロンターレが優勝したら祝杯だ〜!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2009 | Main | December 2009 »