« 積極的な補強 | Main | うみに〜 »

January 20, 2010

TOO ADULT/渡辺美奈代

Tooadult▼1987年1月15日発売 3rdシングル

 完璧すぎるデビュー曲「瞳に約束」、守ってあげたくなる美奈代でファンの心をくすぐった「雪の帰り道」に続く3曲目は、美奈代色満載のちょっとエッチな美新人娘(それは中森明菜)的な曲です。「瞳に約束」もどうしようもなく好きですが(笑)、「TOO ADULT」から「PINKのCHAO」へのこの時期の流れも美奈代ワールド全開で好きですね。

#あ、美新人娘は「ミルキーッこ」って読みます(笑)。

 この年はおニャン子解散の年ですので、集団としてのパワーは少しずつ落ちて行っていたと思いますが、美奈代と満里奈のW渡辺はこの辺りからますます勢力を増してきました。私は満里奈派でしたが、会員番号では格上の(笑)美奈代には一応敬意を払ってきたつもりです。某砂時計誌でも満里奈論とか美奈代論とかが誌面を賑わせましたが、そんな好事家たちの格好のターゲット(ネタという意味で)になっていたのが満里奈と美奈代でした。

 90年代に入ってからの論調は、満里奈の変化が速く(コンサートのハッピハチマキ禁止などが出てきた頃の話ですね)、美奈代は遅いというものでしたが、遅いというのは表現としてはあまり適切ではないのかもしれません。秋元氏が評しているように、美奈代は根っからのアイドルということなんでしょうね。そんなアイドル性は「瞳に約束」から遺憾なく発揮されていたわけですが、この曲とか「PINKのCHAO」ではアンスコ見せまくり(「まくり」は言い過ぎかw)だったりと、どうやったらファンが喜びかというのをよく心得ていました。自分プロデュースがうまいんですね。関係ないですが、後頭部の髪の毛の分け目がギザギザだったのってこの曲でしたっけ?

 現在でもセレブな生活っぷりで話題を提供していますが、それが鼻につかず「ああ、美奈代だな」と思わせるのはやはり彼女の人徳ですかね(謎)。

 映像はやっぱり夕ニャンですね。

|

« 積極的な補強 | Main | うみに〜 »

Comments

 初めまして、ひろのりと申します。
私も、W渡辺のファンでした。
美奈代に関しては、80年代のレコードなど
全てそろえていましたし、ファンクラブも
入っていました。(ミナヨランド)
 だけど、後になって満里奈ばっかり聴くようになってきました。
 歌に対して熱い想いがあったんだなと思います。
 アルバムFUNNY FACEの初回限定版もオークションで落としました。
 今でも、満里奈は聴きますね。音楽性がありますから。川村真澄の詩の曲が特に好きです。

Posted by: ひろのり | January 20, 2010 at 07:29 PM

>ひろのりさん
初めまして。コメントありがとうございます。

音楽的には甲乙つけがたいと思います。美奈代の鈴木慶一プロデュース作品も捨てがたいですし。まぁどっちが好きかと言えば私も満里奈なんですけど。

ファンクラブは私は満里奈の「Funny Face」に入っていました。結成から解散まで(笑)。

Posted by: 珍家 | January 21, 2010 at 09:13 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49092/47342429

Listed below are links to weblogs that reference TOO ADULT/渡辺美奈代:

« 積極的な補強 | Main | うみに〜 »