« February 2010 | Main | April 2010 »

March 2010

March 30, 2010

実はそんなに行ってなかった

 今朝の「とくダネ」で、コメンテーターの満里奈に話が振られて「初めてのソロコンサートが厚生年金会館だったが、そんな偉大な施設とは思わなかった」みたいなことを言ってました。そのコンサートには当然私は行っていたわけですが(笑)、よくよく調べてみたら、東京厚生年金会館にはそんなに行ってませんでした。

88.3.27 渡辺満里奈
88.5.01 渡辺満里奈
90.8.04 渡辺満里奈
91.8.24 乙女塾祭り
93.4.30 CoCo
あと1回母親とさだまさし(たぶん90〜93年の間)

 というわけで、先日のアイドリング!!!は行ってないので、もう17年近く中に入っていなかったんですね。ちなみに数えてみたら、私が行った会場では中野サンプラザが一番多かったです。ここもなくなるとかいう話がありましたが、民営化して残っているんですね。NKホールはなくなっちゃいましたけど…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2010

愛の魔力/Lip's

Ainomaryoku▼1990年3月21日発売 1stシングル

  UCC CAN COFFEEのミスコンテストがあったなんて、たぶん彼女たちがデビューしたから知ったんだと思います。そんなマイナーなミスコンでも逸材は発掘されるのです。吉村夏枝嬢と山本京子嬢はともかく(笑)、加藤貴子嬢はじゅーよーです。今では「温泉へ行こう」に代表されるように女優業ばかりですが、どっこいアイドルとして輝いていた?時代があったのです。現在女優業中心の永作博美嬢と相通じるところがあります。3人組アイドル出身だし、童顔だし、しかも(ここ重要)生年月日が2人とも一緒なんですよね。ついでに私とも同い年です。未だにかわいい貴子嬢、奇跡の39歳と言ってもいいかも(「奇跡の38歳」丸岡いずみ嬢に対抗してwww)。

 世は乙女塾全盛期で(「世は」は言い過ぎか)、吉村夏枝嬢も乙女塾1期生だったのですが、その他にもこの春にデビューしたアイドルはいっぱいいたわけで、その中ではどう見ても不釣り合いな(失礼)3人組は埋没してしまいました。乙女塾以外ではマニア人気の高かった高橋由美子嬢、かわいくないけど勢いだけはすごかった田中陽子嬢、3人組ではバンドブームに乗せてハズした(笑)Baby'sなどが同期ですね。Baby'sといえば、山本京子嬢もオスカーでした。

#そうか、Lip'sのメンバーのことを書くのに、他のアイドルのことを引用しなくちゃいけないほど当時は目立ってなかったんですね(苦笑)。確かにテレビで見たことほとんどないし、たぶん生でも見ていないかも(「ますこっとたわー」の収録の時にいたかもw)。

 曲はいいんですよ。サビの流れるようなメロディなんてゾクゾクします。耳を奪われるアニメ声が最年長貴子嬢というのもまたポイント高いです(謎)。カップリングの「ハートブレイクで逢いましょう」も決して捨て曲ではない正統派アイドルポップスです。サビが「春景色」(南野陽子)に似ているのが気がかりですが(笑)。どちらも作曲は岸正之氏です。

 え、ようつべに歌ってる姿ないの? 「東京イエローページ」で歌っている映像あるはずだけど…。なので、CMとアイマスの両方を(笑)。


 加藤貴子氏かあいいですなぁ。

 振りもオリジナルと違うし、Cメロないし、全然別物なんですけど、よくできてるなぁと感心してしまいました。振りもきちっとそろってるし(当たり前か)。アニメーションなのでMilkyWayっぽいところは否めませんが(メガネっ娘いるしwww)。

#加藤貴子嬢のブログはこちら

| | Comments (5) | TrackBack (0)

March 19, 2010

なんと20万ヒット

 左のカウンターが200000を越えました。レビューになってないレビュー(笑)をお読みいただき、ありがとうございました。懐かしのアイドルの名前で検索されて来られる方も多いですが、ご覧になったらぜひコメントをお寄せ下さい。いろんな方の思い出話をお聞きしたいです。

Mine そんな200000ヒットを、まいんちゃんがオムライスでお祝いしてくれました!(違)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 18, 2010

なんか高まる

 13年前の4月にデビューしたヒロスエですが、その時の世間の高揚感といったら、今年の北乃きい嬢のでデビューの比じゃありませんでしたね。アイドル知らない層でもヒロスエは知ってるし、「ずっとまえかっらぁ〜」ってフレーズを聞けばなんとなく口ずさんじゃう(ホントか)。まぁCMの洪水がスゴかったのも確かですが。私も当時のFHOKUTOのオフ会のカラオケでは、画面を見ないで皆に握手を求めながら歌っていたものです(爆)。デビュー争奪戦も、竹内まりあ擁するWJに対して、YUKI擁するESは破れてしまったそうですが、YUKIプロデュースのヒロスエも聞いてみたかったですね。他に争奪戦に参加したレコード会社はあったのかな。ちなみに5年前にレビュー書いてます。

 クリっぽいところ(笑)がかわいいですよね。DAMの「MK5」って本人映像のカテゴリーにあって、選曲するとこれが流れるんですよ。

 その後の活躍やあんなことやこんなことはともかく(笑)、13年前のヒロスエは間違いなく世間の注目を一新に浴びていたアイドルだった、と思います(自信ないw)。

 そんな13年の時を越えて(当時私はまだ前職でこの年の7月に今の仕事に変わったので、相当前だと感じます)、しかも現在かわいさNo.1(私感)のうみに〜こと川島海荷嬢が映画の役柄としてではあるけどカヴァーするというのは、なんとも感慨深いものがあります。9nineでの歌唱力のなさは実証済みですが(爆)、そんな巧拙は別にいいんです。選曲がすばらしすぎて、当時の高揚感がよみがえってきそうです。

 でも、映画を見るかは微妙です。だって客層が(以下略)。私はお皿で満足です。

【以下ニュース引用】
[eiga.com 映画ニュース]

 女優の川島海荷とお笑いコンビ「はんにゃ」の金田哲が主演する映画「私の優しくない先輩」の主題歌が、1997年に広末涼子が歌手デビュー曲として発表した「MajiでKoiする5秒前」に決まった。川島演じる主人公の女子高生・西表耶麻子(イリオモネヤマコ)が、アーティスト「Umika as Yamako」として13年ぶりにカバーする。

 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」「かんなぎ」といった人気アニメを手がけ、“ヤマカン”の愛称で知られる山本寛(やまもと・ゆたか)監督による初実写作品で、10代特有の心の揺れ動きや生きる喜びをポップに描き出す青春映画。純愛を夢見てもう想を繰り広げる女子高生ヤマコ(川島)が、大好きな南先輩(入江甚儀)に渡せずにいるラブレターを、クサくてキモくてウザイ不破先輩(金田)に見られてしまい、「南先輩への告白大作戦」を強制させられるが、誰にも言えない秘密をもつヤマコが振り回される姿を描く。

 ヤマカン作品では、主人公が歌って踊る主題歌が人気なことから、製作陣は今回も企画当初から主題歌を目玉のひとつとして考え、主演を探す際は演技力以外の才能も重要視。そしてオリジナル楽曲、既成曲を含めて検討を重ね、作品の目指す「恋するきらめき」「今の一瞬一瞬をちゃんと生きることの魅力と大切さ」を描く楽曲として、「MajiでKoiする5秒前」に白羽の矢を立てた。映画のエンディングでは、「モーニング娘。」「AKB48」などを手がけた夏まゆみが振り付けを担当し、出演者全員がワンシーンワンカットでダンスを披露する。

 Umika as Yamakoは、誰もが知る楽曲ゆえにプレッシャーはあったというが「レコーディングのときに監督やスタッフの皆さんにたくさんのアドバイスをいただき、楽しく歌うことができました」と述懐。そして、「西表耶麻子のキャラクターが出るようにがんばりました。テンポにあった、明るい気持ちでできたと思います! この曲を知っている方には思い出して、ハッピーな気持ちになってもらえたらうれしいです」と語っている。

 「私の優しくない先輩」はファントム・フィルム配給で、今夏公開。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 16, 2010

春色のエアメール/松本典子

Haruironoairmail▼1985年3月21日発売 1stシングル

 80年代には春に多くのアイドルがデビューし、そして名曲も多く残していますが、この松本典子さんの「春色のエアメール」もそんな1曲です。私は当時まだ中3になる直前だったこともあり、当時レコードを買ったり、テレビで数多く見るという積極的な行動に出たわけではありませんでしたが、春になると耳の奥からこの曲が流れてくるのは気のせいでしょうか。

 彼女がグランプリを受賞した「ミス・セブンティーン84」では、決勝進出者16名のうち、11名が歌手デビューするというレベルの高さだったそうです。ちなみに松本典子、網浜直子(2人がグランプリ)、セブンティーンクラブ(木村亜希、工藤静香、柴田くに子)、藤原理恵、渡辺美里、村田恵里、森村聡美、国生さゆり、斉藤さおりの11人です。確かに当時のアイドルシーンを彩るメンバーが揃っていますが、その中でのグランプリは素直に実力が認められたと言ってもいいのでしょう。可憐なルックスもさることながら、情感あふれる歌唱力に1票投じた審査員も多かったのではないでしょうか。

#木村亜希は清原和博氏夫人、柴田くに子は後に森丘祥子としてソロデビュー、斉藤さおりは後に麻倉晶として再デビュー、現在は麻倉あきら。ちなみに満里奈も地区予選に出場していました。

 基本的にアップテンポな曲を好む私ですが、彼女はこの曲のようなミディアムな曲が似合います。セカンド「青い風のビーチサイド」の出だし「真っ赤な麦わら帽〜」なんか、ソフトタッチでドキドキします(笑)。「雨と水曜日」も好きですし、アップテンポでは「初恋十二単」なんかがお気に入りですが、基本的に優しい声質に合った曲ならみんな心地よいですね。

 「酒井広のうわさのスタジオ」ってwww しかも酒井氏が若いw


 歌う姿も「ザッツアイドル」ですね。ぎこちない笑顔がなんとも言えずかわいいです。私が当時高校生ぐらいだったら、きっと大々的に応援していたと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 14, 2010

検索アワード201902

 すっかり忘れてました(爆)。仕事も落ち着いたところで、早速見てみましょう。

 【2010年2月】

1 宝ひとみ 30
2 こねこねこ 21
3 瀬能あづさ 17
4 高井麻巳子 16
4 卒業式 16
6 アイドル夢工場 14
7 正義の味方株式会社 12
7 旧新座小学校 12
9 スカートをはいた果実 11
9 珍家 11

 相変わらず懐かしのアイドルの名前が並んでますね。その中でも「正義の味方株式会社」がランクイン。アイドル時代の渡瀬麻紀さんが出演していたことで有名な番組ですね。そして「旧新座小学校」。よくCMやドラマの撮影で使用されている学校です。私の入学した新座小学校は6年前に廃校になり、それまで大正小学校と名乗っていた学校が新座小学校と改称しましたので「旧」なんです。最近は「侍戦隊シンケンジャー」のロケで使われたそうです。まぁ別にすぅちゃんこと森田涼花嬢(シンケンイエロー)は来ていないでしょうが(笑)。

 それではまたお会いしましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2010

永遠のうたたね/小川範子

Eiennoutatane▼1988年3月5日発売 2ndシングル

 「涙をたばねて」の時も書きましたが、この曲を初めて聞いたのは、当時オリコンで読者を集めてやっていた「君こそ評論家」という試聴イベントでした。その時は小川範子という存在を知らなかったので「なんて暗い曲なんだ」としか思いませんでしたが、その後歌番組で歌っている姿やプロフィール(当時14歳!)を知るにつれて、印象も変わっていきました。よく言われることですが「主演:小川範子、主題歌:小川範子」という感じなんですよね。もちろんこの曲だけじゃなく、どの曲にも言えることなんですけど。

 当時、上記の「君評」に行ってるくらいだからさぞアイドルに関して活発に活動wしていたと思われるかもしれませんが、実はやっとオリコンを買うようになったくらいの頃で、まだまだそこら辺にいるおニャン子好きの高校生でした。この88年春には国実百合嬢がデビューしているのですが、彼女のデビューからちょっとずつ歯車が狂っていって(かみ合ってきた、という話もある)、この年の秋には初めてオリコンの読者集会なるものに参加してしまいました。これでは現役で大学に行こうなんて無理な話ですね(爆)。

 私が多くのアイドルを見るようになる前から活動していた小川範子嬢なものですから、実は生で見た記憶がありません。数多くのドラマに出演している彼女ですから、いわゆるキャンペーンの類いが少なかったのかもしれません。記憶にあるのは、歌研のミニコミを作るのに、今は無きトーラスレコードにデモテープを貰いにいったことくらいですかね。もちろん本人には会ってませんが。今でもファンクラブイベントはあるみたいですが、一般売りするような歌ライブはしばらくやってないようです。朗読ライブはあったみたいですが。

 21年間続いた「はぐれ刑事純情派」のお父さん、藤田まこと氏がお亡くなりになったので、新しい「安浦ユカ」はもう見られないのですね。残念。

 「ザ・ベストテン」のスポットライトに出た時ですね。元歌よりテンポ遅いですよね(笑)。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 08, 2010

ブログパーツ

 新しいブログパーツをくっつけてみました。Jリーグから公式配布されているものです。

 土曜日の開幕戦は仕事で見に行けませんでしたが、勝利で飾れてよかったですね。後半は押し込まれっぱなしだったようですが(苦笑)。私自身の開幕戦は4月4日のFC東京戦@等々力の予定ですが、この日は宮崎台のさくら祭り。娘の保育園時代の方々と花見があるはず。うーん、どうしようか…。花見した後へろへろで等々力に行くか(笑)。

 あ、ブログパーツにはACLの日程は反映されないんですね。明日等々力で北京国安戦です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2010 | Main | April 2010 »