« 春色のエアメール/松本典子 | Main | なんと20万ヒット »

March 18, 2010

なんか高まる

 13年前の4月にデビューしたヒロスエですが、その時の世間の高揚感といったら、今年の北乃きい嬢のでデビューの比じゃありませんでしたね。アイドル知らない層でもヒロスエは知ってるし、「ずっとまえかっらぁ〜」ってフレーズを聞けばなんとなく口ずさんじゃう(ホントか)。まぁCMの洪水がスゴかったのも確かですが。私も当時のFHOKUTOのオフ会のカラオケでは、画面を見ないで皆に握手を求めながら歌っていたものです(爆)。デビュー争奪戦も、竹内まりあ擁するWJに対して、YUKI擁するESは破れてしまったそうですが、YUKIプロデュースのヒロスエも聞いてみたかったですね。他に争奪戦に参加したレコード会社はあったのかな。ちなみに5年前にレビュー書いてます。

 クリっぽいところ(笑)がかわいいですよね。DAMの「MK5」って本人映像のカテゴリーにあって、選曲するとこれが流れるんですよ。

 その後の活躍やあんなことやこんなことはともかく(笑)、13年前のヒロスエは間違いなく世間の注目を一新に浴びていたアイドルだった、と思います(自信ないw)。

 そんな13年の時を越えて(当時私はまだ前職でこの年の7月に今の仕事に変わったので、相当前だと感じます)、しかも現在かわいさNo.1(私感)のうみに〜こと川島海荷嬢が映画の役柄としてではあるけどカヴァーするというのは、なんとも感慨深いものがあります。9nineでの歌唱力のなさは実証済みですが(爆)、そんな巧拙は別にいいんです。選曲がすばらしすぎて、当時の高揚感がよみがえってきそうです。

 でも、映画を見るかは微妙です。だって客層が(以下略)。私はお皿で満足です。

【以下ニュース引用】
[eiga.com 映画ニュース]

 女優の川島海荷とお笑いコンビ「はんにゃ」の金田哲が主演する映画「私の優しくない先輩」の主題歌が、1997年に広末涼子が歌手デビュー曲として発表した「MajiでKoiする5秒前」に決まった。川島演じる主人公の女子高生・西表耶麻子(イリオモネヤマコ)が、アーティスト「Umika as Yamako」として13年ぶりにカバーする。

 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」「かんなぎ」といった人気アニメを手がけ、“ヤマカン”の愛称で知られる山本寛(やまもと・ゆたか)監督による初実写作品で、10代特有の心の揺れ動きや生きる喜びをポップに描き出す青春映画。純愛を夢見てもう想を繰り広げる女子高生ヤマコ(川島)が、大好きな南先輩(入江甚儀)に渡せずにいるラブレターを、クサくてキモくてウザイ不破先輩(金田)に見られてしまい、「南先輩への告白大作戦」を強制させられるが、誰にも言えない秘密をもつヤマコが振り回される姿を描く。

 ヤマカン作品では、主人公が歌って踊る主題歌が人気なことから、製作陣は今回も企画当初から主題歌を目玉のひとつとして考え、主演を探す際は演技力以外の才能も重要視。そしてオリジナル楽曲、既成曲を含めて検討を重ね、作品の目指す「恋するきらめき」「今の一瞬一瞬をちゃんと生きることの魅力と大切さ」を描く楽曲として、「MajiでKoiする5秒前」に白羽の矢を立てた。映画のエンディングでは、「モーニング娘。」「AKB48」などを手がけた夏まゆみが振り付けを担当し、出演者全員がワンシーンワンカットでダンスを披露する。

 Umika as Yamakoは、誰もが知る楽曲ゆえにプレッシャーはあったというが「レコーディングのときに監督やスタッフの皆さんにたくさんのアドバイスをいただき、楽しく歌うことができました」と述懐。そして、「西表耶麻子のキャラクターが出るようにがんばりました。テンポにあった、明るい気持ちでできたと思います! この曲を知っている方には思い出して、ハッピーな気持ちになってもらえたらうれしいです」と語っている。

 「私の優しくない先輩」はファントム・フィルム配給で、今夏公開。

|

« 春色のエアメール/松本典子 | Main | なんと20万ヒット »

Comments

 わたしも広末は好きでした。
マジで恋する、大スキ、SUMMER SUNSETのシングルはもっています。
 ジーンズとか、風のプリズムもスキです。
 まぁ、広末ってなんか光るものをもってますね。

Posted by: ひろのり | March 18, 2010 at 07:29 PM

広末さんトップアイドルでしたね。
アイドル歌手って訳ではなかったですが、かわいい歌や歌声だったので好きです。
うみかちゃんバージョン聴いてみたい!
CD出るんですかね。
これはCD化してほしいです!

Posted by: 夏の友達 | March 18, 2010 at 07:57 PM

>ひろのりさん
最初はCMガールの範疇だった彼女が、だんだんスターダムにのし上がっていく高揚感。あとは作家陣もよかったですね。

>夏の友達さん
そうか、まだCD化されるとは書いてなかった! CD化されなかったらコレクターの私としてはガカーリです。

Posted by: 珍家 | March 19, 2010 at 12:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49092/47841263

Listed below are links to weblogs that reference なんか高まる:

« 春色のエアメール/松本典子 | Main | なんと20万ヒット »