« May 2010 | Main | July 2010 »

June 2010

June 29, 2010

CITRON/Qlair

Citorn▼1992年6月21日発売 2ndアルバム1曲目

 今回初めてアルバムの曲を採り上げてみました。だって『CITRON』が似合う季節なんだもん(笑)。このアルバムはタイトル曲の「CITRON」がすべてだと思ってます。当時の早大歌研のミニコミでもそう言ってます(爆)。アルバム最後の曲「IN YOUR EYES」に「CITRON」と同じメロディが使われていることで、きれいに曲(=アルバム)が閉じていきます。

 Qlairと言えばアイドルらしからぬきれいなコーラスワーク(生だとちょっとハズしちゃうけど)がウリですが、まさにその真骨頂がこの「CITORN」には表れています。「笑顔がこぼれる(輝いてるの)」「おひさまの(おひさまの)マークだから」…いやホント、思わずニヤニヤしてしまいそうな(←アブナイ)かわいいコーラスワーク、1回聴いてみて下さい!(と言ってもここの読者の方はみなさんご存知だと思いますがw) 21世紀になっても全然色褪せてない、それもちょっと嬉しかったりもして。もちろん曲を聴くと当時のことも思い出しますが、変な懐古主義に走るでもなく、「さーて、今年の夏も暑くなりそうだ」的なわくわく感を演出してくれそうな、そんな一服の清涼感を与えてくれる曲であり、Qlairってそんな存在なんだと思います。

#ちなみに92年の夏は桜っ子クラブの収録とか加藤紀子嬢のデビューキャンペーンに足繁く通っていた、なんてことは秘密(爆)。そういえばCoCoが4人になって…。

 曲とアレンジはその筋では有名な元アーバン・ダンスの成田忍氏ですが、残念ながら私はよく知らないのです。このあたりは砂時計の某M氏(誰?)に聞いて下さい。そんな氏がなぜか最近では中野腐女子シスターズ、腐男塾の曲のアレンジを手がけているそうです。テレビで1回見たことがありますが、これを知ってもう1回ちゃんと聞いてみたくなりました(笑)。

 この年の5月には「眩しくて」がリリースされていますが、それとこの「CITRON」がQlairの代表曲と言ってもいいでしょう。もちろん「約束」「新しいシャツ」「Qlairのテーマ」wなど他の時期にも佳曲が多いですが、やはり彼女達の声は夏に聴きたいな、と。

 動画じゃないですが曲をどうぞ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 27, 2010

ファン感

ファン感
 フロンターレのファン感謝デーに来ました。暑すぎるdespair

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 23, 2010

43回目

 今日は会員番号18番、永田ルリ子さんの43回目の誕生日です。おめでとうございます。

 私もあと半年で40代に突入いたしますので、しばらくお待ちください(爆)。

 今年は写真も動画もありません。だってまだ仕事場なんだもんsad

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 22, 2010

結婚おめでとう

 昨日からスポーツニュースを賑わせているプロレス小橋建太選手の結婚話です。小橋選手と言えば、AKB倉持明日香嬢が彼のことを大変好きで、「AKBINGO」でも大きく採り上げられていたのが有名ですが(ホントか?)、今回はお相手のみずき舞こと細江真由子嬢のことを少し。

 各報道にプロフィールがざっくり載っていましたが、私にとってはなんと言っても92年の学祭での早大歌研のステージですね。だって私が薬師寺容子嬢と一緒に呼んだんですもの(爆)。もともと容子嬢は私が彼女のファンクラブの会報を作っていた関係で呼ぶことが決まっていたんですが、1人だとナニだということになり(爆)、容子嬢の堀越の同級生仲間から選んだのが真由子嬢でした。なんで彼女に決めたかは覚えていませんが、歌唱力とルックスのアンバランスさに注目していたんでしょうね。CM(ハウスフルーツインゼリー)では精一杯アイドルしていましたが(ようつべにも動画がない…)、デビュー曲「花束」から演歌と言わないまでも歌謡曲路線でした。

 これも歌っている姿の映像がないので…

 学祭の時の写真もいくつか…
Mayuko1
Mayuko2
Mayuko3

 学祭の後に早大歌研のミニコミの取材で1度お会いしているのですが、女子高生っぽいところもあるものの(食べ物の話は結構喰いつきが良かったw)、全体的には落ち着いた雰囲気で、歌に対する意気込みを語ってくれました。あれから18年、小橋氏と知り合って14年だそうですが、96年でコンスタントなリリースが途切れ、2000年に1枚、そして「みずき舞」と改名したのが2004年ですから、「細江真由子」が尻つぼみになろうかという時に知り合っているわけですね。お互い励まし、励まされの関係だったんでしょうか。ともかく、結婚おめでとう!

 昨日から当ブログの検索ランキングの1位は「細江真由子」です。「秋止符」のレビューが引っかかっているようですね。これを機に彼女の曲も多く聴かれることを願ってます。私も最近演歌で目頭が熱くなる年なもんで(爆)。

#余談ですが改名の報を聞いたとき、びっくりしたんですよ。だって、うちの娘の名前、「みずき」なんですもん(笑)。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

June 14, 2010

愛よりも激しく、誰よりも愛しく/Favorite Blue

Aiyorimohageshiku▼1996年6月12日発売 1stシングル

 私のレビューには珍しく、純粋アイドルではない2人組Favorite Blueのデビュー曲です。当時木内美穂が出ていたドラマ「変[HEN]」の主題歌ということで、私もこのドラマは何回か見たことがあったんですが、耳に残る声とメロディで、珍しくアイドルでないシングルを買った次第です(まぁアイドルっぽい曲ですけどね)。イントロはバラード風に入るんですが、ドラムの合図で勢いよくボーカルが入るところがカッコいいんですよ。全体を支配するシンセサイザーも心地いいです。

 この曲はavexからリリースされていますが、avexの同年デビューにEvery Little Thingがいます。ELTは元黒BUTAオールスターズ2期生の持田香織嬢がボーカルですので私のカテゴリーですがw、「Dear My Friend」までELTを認識してませんでしたので、アーチストとして認識したのはFBの方が先でした。しかしELTが現在まで活動しているのに対し、FBは2000年までの活動となってしまいました。正直私もこの曲以外でFBの曲を聴いた覚えがありませんが、avexだけに結構タイアップもあったようなので、知らないで聴いていた曲も多いかもしれません。

 ボーカルで作詞担当の松崎麻矢さんはPVで見る限りそこそこ美人ですね(失礼)。声はちょっと命を削りながら歌うようなw金属音っぽいところが微妙ですが、儚げなボーカルが魅力的でもあります。Wikiによると私と同い年なんですね。FB解散後はしばらく音楽活動、そしてラジオDJなどをしていたようですが、現在は行方不明とのこと。残念です。ギター、キーボード、作曲、アレンジ担当の木村貴志さんは現在もt-kimura(t-komuroそっくりw)としてプロデュース業をしています。あの珍妙なMAXのデビュー曲「恋するヴェルファーレダンス」のアレンジも氏なんですね。

 PVの作りの意図がよく分かりません(笑)。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 10, 2010

AKB開票結果

 ここまでメディアの取材を受けるようになったらもう大成功でしょう。1人で10枚も100枚もCDを買って投票する是非も話題になりますけど、それだけお金を使わせる魅力(チープな表現ですが)があるからこそ。それに、1位の得票数が5倍近くになったということは、この1年で大量買いの人が増えたというより、やはりファンの裾野が広がったと考えるのが妥当かと思いますが、いかがでしょう。

 それより、30,000票ということは、それに0が3つ付けた額だけCD購入で投じられているということで、それは大きな金額ですね(笑)。

 ただ、選抜はますます固定化するんでしょうね。現実として、劇場に行ったことがなく、しかもアイドルにほどほど詳しい(ツッコミ不可)私が顔と名前を一致させることができるのは23位までで、それ以下は一気にわからなくなるんですよ(わかるコも数人いますが)。たぶんこの1年で私がよく目にしたメンバーが23人程度で、そのコたちが一般的にも知られるようになって選抜入りし、劇場でしかお目にかかれないメンバーは「知る人ぞ知る」存在になっているんでしょう。ちょうど24位からは5,000票を切っているというのも、何かのラインかもしれません。

 だから1位が誰というよりも、21位(選抜最後の席)と22位(アンダーガールズのトップ)が誰かという方に注目するのが好事家の見方なのかな(笑)。ま、今回22位の多田愛佳嬢には「渡り廊下走り隊」があるから、実際は23位の倉持明日香嬢に今後のAKBが託されている、と言っても…過言だな(爆)。

#でも「君のことが好きだから」みたいなアンダーガールズの名曲もあることだし、アンダーガールズが注目だというのは過言でもないかな、ということで。

 アンダーのセンターで注目されれば(このPVでアップが多いのはあきちゃ、さっしー、れなの3人)、今回みたいに選抜に入れるんですよね。 


 チャート大好き人間の私には、純粋に結果を見るだけで楽しめました。次は参議院議員選挙だな。開票速報大好き人間です、ハイ(笑)。

#あ、一応コミュも入っているので…優子嬢1位おめでとう。彼女と同じく「Doll's Vox」にいた横山ルリカ嬢は、アイドリング!!!総選挙で1位になれるでしょうか。

【以下転載】
■AKB48第2回選抜総選挙 投票結果
1位 大島優子 31448票(初日2位→中間2位)
2位 前田敦子 30851票(初日1位→中間1位)
3位 篠田麻里子 23139票(初日5位→中間4位)
4位 板野友美 20513票(初日4位→中間3位)
5位 渡辺麻友 20088票(初日3位→中間5位)
6位 高橋みなみ 17787票(初日6位→中間6位)
7位 小嶋陽菜 16231票(初日10位→中間7位)
8位 柏木由紀 15466票(初日7位→中間8位)
9位 宮澤佐江 12560票(初日9位→中間9位)
10位 松井珠理奈 12168票(初日18位→中間15位)
11位 松井玲奈 12082票(初日8位→中間10位)
12位 河西智美 11080票(初日13位→中間13位)
13位 高城亜樹 11062票(初日11位→中間11位)
14位 峯岸みなみ 9692票(初日15位→中間15位)
15位 小野恵令奈 9468票(初日12位→中間12位)
16位 北原里英 8836票(初日14位→中間14位)
17位 秋元才加 8049票(初日21位→中間21位)
18位 佐藤亜美菜 6921票(初日16位→中間19位)
19位 指原莉乃 6704票(初日17位→中間18位)
20位 仲川遥香 6567票(初日19位→中間20位)
21位 宮崎美穂 6371票(初日20位→中間17位)

22位 多田愛佳 6145票
23位 倉持明日香 5355票
24位 大矢真那 4634票
25位 増田有華 4137票
26位 平嶋夏海 4106票
27位 石田晴香 3235票
28位 島崎遥香 3076票
29位 仁藤萌乃 2693票
30位 小森美果 2613票
31位 佐藤すみれ 2591票
32位 梅田彩佳 2499票
33位 藤江れいな 2460票
34位 米沢瑠美 2171票
35位 高柳明音 2030票
36位 山内鈴蘭 1945票
37位 片山陽加 1935票
38位 矢神久美 1909票
39位 松原夏海 1854票
40位 石黒貴己 1603票

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 03, 2010

検索アワード201005

 6月に入りましたが、いい天気が続いてますね。仕事もようやくノーネクタイの時期になり、よかったよかった。でもこれからだんだん忙しくなるんですけどね。それでは5月の検索アワードです。

 【2010年5月】

1 コップンカ 126
2 意味 106
3 宝ひとみ 41
4 りすうか 33
5 歌詞 20
6 麻田華子 17
7 愛の魔力 14
7 アイドル 14
7 小川範子 14
10 ブログ 13
10 品川エトワール 13
10 正義の味方株式会社 13
10 アイドル夢工場 13
10 薬師寺容子 13

 相変わらずうみにーこと川島海荷嬢のフレッツのCMは大人気(謎)。私のブログを見てもタイのことなんて何も書いてませんって。そういえば前職の旅行会社で1年目の終わり頃、ある建設会社の社員旅行でタイに添乗に行くはずだったのが、牡蠣に当たって入院してフイにしてしまったことがあったなぁ。

 「りすうか」も内容に大して触れていなくてごめんなさい(爆)。まいんちゃんこと福原遥嬢が表紙でしたが、なんと今度新曲リリースでイベントをするそうです。彼女の無事を祈ります(笑)。大きいお友達(ヲタモダチ)がわんさか集まるんでしょうね。

 「正義の味方株式会社」は夕ニャンの時間の前に(午後4時〜5時)やっていた番組で、渡瀬麻紀(当時)さんが出演していたことで記事にしたと思うんですが、マキさんのブログで、この番組の同窓会があったという記事がありました。それを見た方がどんな番組なのか検索されたのかもしれないですね。

 それではまた今月もまたご愛顧のほど…。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

June 01, 2010

パラダイス・ウォーカー/伊藤智恵理

Paradisewalker▼1987年6月11日発売 1stシングル

 80年代アイドルで「あのコ歌うまかったよね〜」という話では必ず名前が挙がるであろう伊藤智恵理嬢のデビュー曲です。私はおニャン子解散直前ということで、彼女を含めた他のアイドルまでフォローする余裕はありませんでしたが(謎)、もちろん彼女のことや曲は知っていました。ただ、この年のシングル3曲は当時はあまり印象に残らず(この曲が挿入歌だったドラマ「キスより簡単」も見てませんでしたし)、CMソングになった4枚目の「夢かもしれない」ぐらいからはっきり意識し始めた気がします。でも、後追いで全曲聞いてみると、パンチのある中にもかわいらしい歌声が何とも心地よく、また「雨に消えたあいつ」では泣きのメロディラインもこなしていて、当時しっかり味わっていなかったことを後悔したものです。たぶん新曲リリースイベントとかもいっぱいやっていた時代ですので、生歌を聴く機会も多くあったと思いますが、残念ながら1回も足を運んでいません。

 「南風 オハヨウ」で始まるこの曲の作詞は戸沢暢美さんですが、同時期(同年4月1日発売)に南野陽子さんの「話しかけたかった」も書いています。「風が踊る5月の街で」と、どちらも風でさわやかな季節感を出していますが、「話しかけたかった でも出来なかった」に対して「恋をつかむ 今日の私を見ていて」と、智恵理嬢を積極的な女の子に描いています。

 そういえば3年前のデビュー20周年記念ライブで、いまのまいというお方(笑)がこの曲の一節を本人と一緒に歌ったというエピソードを思い出しました(謎)。「懐アイ」が終わって以来、まいさんの歌を聴いていませんが(ライブはそれなりにやっているのですが、私が行けてない)、またチャンスもあるでしょう。もちろん智恵理嬢の生歌も聴きたいですね。

 「加トちゃんケンちゃん」や「だいじょうぶだぁ」などのコント番組にもよく出てましたね。「だいじょうぶだぁ」では同じく歌唱力に定評のある松本典子さんも同様に(苦笑)。歌のうまいアイドルはなかなか居場所がないのかもしれませんね。PumpKinとかも「だいじょうぶだぁ」出てたし。

 NHKも納得の歌唱力、ってとこでしょうか。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« May 2010 | Main | July 2010 »