« December 2010 | Main | February 2011 »

January 2011

January 31, 2011

天使のウィンク/松田聖子

Tenshinowink▼1985年1月30日発売 20thシングル

 聖子さんのちょうど20枚目のシングルであり、神田正輝との婚約を発表した時のシングルです。私にとって聖子さんは実は好きでも嫌いでもないフラットな存在です。「好きなアイドル」として私が名前を挙げられるのは82年組からなので(当時小6)、聖子さんは私には早すぎました。でも「トップテン」(「ザ・ベストテン」は、家が厳しくて21時以降のテレビは見られませんでしたので、ほとんど見ていません)や「森田公一の青春ベストテン」「全日本歌謡選抜」「コーセー歌謡ベストテン」などに(ラジオばっかりw)必ずシングルがチャートイン(しかも1位常連)していましたので、曲はもちろん知っていますし、カラオケでも歌います(爆)。

 当時私の部屋は北向きの4畳半だったんですが、この曲にはそんな寒い部屋にしみ込む凛とした空気を感じます。静かなイントロから静かに「約束を」と歌い出すところなんかゾクゾクしますね。そして転調。一気に駆け抜ける4分があっという間に感じます。

 サンミュージック30周年の時に「サウンド・オブ・サンミュージック」というアルバムが発売されたんですが、「赤いスイートピー」「青い珊瑚礁」とともにこの曲が収録されました。女性に人気の「赤い〜」、誰もが認めるアイドルポップスの名曲中の名曲「青い〜」とともに、彼女を代表する曲として収録されたのが個人的には嬉しかったです。「夏の扉」があったらさらに完璧だったんですけどね(贅沢)。

 私が見られなかった(笑)ベストテンから。


 「天使がウィンク」のところで手をパクパクやるのはカラオケで真似しますね(爆)。

#「大事な約束(プロミス)」のところが「大事なひろみ」と聞こえるとかなんとかっていう話もありましたねー(笑)。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 28, 2011

セットリスト100

 今年もAKBの恒例4日間ライブが行われたそうで、AXだけではなく、全国の映画館でも多くの人が観覧したそうですね。私も行きはしないものの、ランキング番組はベストテンから開票速報まで何でも好きなので(爆)、結果は気になっていました。で、1位はやはり「ヘビーローテーション」という結果に。最近のシングル曲の強さに、AKBの裾野の広がりを感じます。

#「君のことが好きだから」が6位に踏みとどまったのは個人的には「おおぅ」(オリ通風)という感じです。

 こういうイベントは現役、現在進行形のグループ、しかもチーム制で持ち歌が多いから成り立っているんですよね。だから新しい曲が上位に入るし、根強い人気の曲も上位に入るというおもしろさがあって、そういう経験がない私にはうらやましいです。

 例えばおニャン子が再結成して、ファンの投票で歌う曲を決めるとしたら、たぶん1位は「セーラー服を脱がさないで」になると思うんですよ。CoCoが同じことをしたら、やっぱり1位は「EQUALロマンス」になると思うんですね。なんでしょう、デビュー曲原理主義と言うんですか(笑)、一度終末を迎えてしまったアイドルには曲に事件性が付加されてしまうので、かなり偏った順位になると思いますが、AKBは現在進行形なので新旧いろいろな曲が順位に混在して、そこがおもしろいんだと思います。ちなみにデビュー曲「桜の花びらたち」は今回76位だったそうです。

 さて、同じ現在進行形のアイドリング!!!で同様の投票企画をやったら、1位になるのは最近のシングル曲でしょうか、それとも「ガンバレ乙女(笑)」なんでしょうか。もし「ガン乙」が1位になるようだと…(以下略)。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

January 24, 2011

僕達のRUNAWAY/福永恵規

Bokutachinorunaway▼1987年1月28日発売 3rdシングル

 ちょうど彼女が20歳になった時に発売されたシングルです。「イグニション」という語感が悪いからか、はたまた色黒の彼女がさらに黒くなったジャケットからか(失礼)、前作「ハートのIgnition」でおニャン子系シングルのオリコン初登場1位の連続記録が途絶えてしまったのですが、路線としてはデビュー曲「風のInvitation」を踏襲したこちらの曲の方が彼女に合っていると思います。この曲が2ndだったら連続1位記録は続いていたかもしれないなぁ、と今思う次第です(売上総数は「ハートの〜」の方が多いんですけどね)。ちなみにこの曲もオリコン初登場2位でした(1位は吉幾三の「雪國」)。

 歌詞は、20歳になって新たな旅立ちを迎える彼女をそのまま歌っているイメージです。イントロとアウトロのコーラス「誰かが待っているよ 何かが待っているよ」が印象的です。他に特徴らしい特徴がない曲とも言えますが、彼女の透明感のあるさわやかな声にマッチしていて、彼女らしい曲だなと思います。

 ご存知の通り彼女はおニャン子のオープニングメンバーで、卒業も前年9月と早かったので、この曲がおニャン子のコンサートで歌われることはなく(この曲の発売直後に「おニャン子Siling夢工場」ツアーがありましたが、卒業生の出番はなし)、ファイナルでは「風の〜」が歌われたので、私はたぶんこの曲を生では聴いていません。彼女のソロコンサートも行ってないので…。残念ながらレコード売り上げも落ちてきてしまっていた頃だったので、テレビで見る機会も少なかったように思います。その中でも「ベストテン」「トップテン」にはランクインしたようです。

 トップテンの映像を貼ってあったんですが、削除されちゃったんで、スーパーJOCKEYに差し替えました(1/28)。


 ベストテンへの出演はなかったとか(おニャン子系はみんな出てなかった時期でした)。

 現在は2児の母とのこと。お幸せに。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 21, 2011

あんまりタイトルタイトルと…

 言わないでおこうと思います(笑)。あ、もちろん我が川崎フロンターレのことですよ。というわけでJリーグの開幕カードの発表されて、いよいよと高まってきました(まだ1月ですよ)。その開幕戦は3月5日(土)にホーム等々力でモンテディオ山形との試合です。昨年の天皇杯ではPKで負けている(しかも等々力で)ので、ここはきっちりと勝ちたいところですね。私は土曜日は仕事上参戦できないので残念ですが、2節の横浜FM戦@日産スタジアムが13日の日曜日なので、個人的にはこちらが開幕になりそうです。

 選手の出入りも去年より激しいですね。1月20日時点での動向を記しておきます。

【in】
實藤友紀(高知大学/新)
田中雄大(関西大学/新)
谷尾昂也(米子北高校/新)
棗佑喜(駒澤大学/新)
福森晃斗(桐光学園高校/新)
大島僚太(静岡学園高校/新)
柴崎晃誠(東京V/完全)
久木野聡(横浜FC/レンタル満了)
山瀬功治(横浜FM/完全)
田中裕介(横浜FM/完全)

 新人6選手に有力な移籍組、クッキーの復帰ですね。實藤君はアジア大会決勝でのゴールで名を挙げましたし、去年も特別指定だったので川崎サポにはおなじみです。マリノス組はマリノス戦でのブーイングに負けずに(笑)活躍を期待します。クッキーはDFとFW、どちらで使われるのかな?

【out】
佐原秀樹(引退)
寺田周平(引退)
森勇介(東京V/完全)
谷口博之(横浜FM/完全)
山岸智(広島/レンタル後完全)
木村祐志(北九州/完全)
植草裕樹(山形/レンタル後完全)
高須英暢(引退)

 佐原、寺田両選手の引退は、チームの1時代に幕が下ろされた感がありますね。お疲れさまでした。また、高卒入団1年でチームを去ることになった高須君はケガで引退。まだ若いですから大学進学などして第2の人生でがんばってほしいです。森はいろいろありましたが(爆)、プレースタイルは川崎サポに支持されていましたね。これでJ2がまた楽しみになりました(笑)。谷口は試合に出られないのがもったいない選手ですので、あちらでどんどん活躍してもらいましょう(川崎戦以外でw)。木村は一時湘南移籍というウワサがありましたが北九州とは。あちらではレギュラークラスかな?

【レンタル延長】
杉浦恭平(愛媛/レンタル中)
養父雄仁(甲府/レンタル中)

 杉浦は今年背番号10らしいですよ。そのまま行っちゃうのかな。養父も去年は出たり出なかったりでしたが、出たら2ゴールとか、結構活躍してましたね。甲府は今年対戦がありますので楽しみです。


 で、外国人3選手の契約の話がまだなんですが…。ジュニーニョは恒例の来日遅れで罰金騒ぎ。練習には合流しているようなので契約更新だとは思いますが、ヴィトールジュニオールがどうも怪しいみたい。本人は来日している(川崎にいる)ようですが、なんか契約がまとまっていないみたいです。お金ですかね。レナチーニョは一応レンタル扱いで外(ポルトガル)に出ていますが、その契約も昨年末までのはず。復帰はどうなんでしょ。監督が変わったから復帰もありえる?


 というわけで、今年も川崎フロンターレを応援していきます。今年こそタイトルを!(結局言ってるwww)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2011

白いハンカチーフ/堀ちえみ

Shiroihandkerchief▼1984年1月21日発売 9thシングル

 アイドルの曲というよりは歌謡曲の趣のある曲です。「ハンカチ」じゃなくて「ハンカチーフ」、彼氏が彼女を守るためにケンカしちゃう、そして出血(苦笑)。こんなシチュエーション、もはや時代物です。でもこの時代だから許される、そして堀ちえみだからハマる。彼女の代表曲を選べと言われたら、絶対この曲は候補に入れますね(なかなか1曲には絞れない…「リ・ボ・ン」とかもあるし)。それに歌が終わるとアウトロもそこそこにさっと終わる、そんな切れの良さも魅力です(笑)。

 作詞の大津あきら氏は早くして亡くなってしまいましたが(もう10年以上前になるんですね)、男闘呼組の「DAYBREAK」がなぜか印象に残っています。他にも渡辺徹「約束」、徳永英明「輝きながら…」など、男性アーチストに名曲が多いですね。その中ではこの「白いハンカチーフ」は女性アイドルへの提供、そして女の子目線ということで、氏の作品の中では珍しい存在なのかもしれません。作曲の網倉一也氏も広い範囲で楽曲を提供されている方ですが(郷ひろみから新井薫子までw)、オリ通の寄稿士に「網倉一也サイコー」という方がいらっしゃったのを覚えています(爆)。

 もともとそんなにきれいな声ではなかった(失礼)彼女ですが、この曲では特にハスキーヴォイスが目立っています。特に1番のサビの「昨日よりもっと」のところがたまりません(笑)。

 レコード音源で聴いてみて下さい。

 でもやっぱり歌ってる姿もというわけで、夜ヒットから。


 なんか泣きそうな感じですが、トークの部分で泣かせる演出でもあったんでしょうか。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

January 14, 2011

お知らせ〜

 現在仕事でちょっと立て込んでおりまして(笑)、更新が遅れております。しばらくお待ち下さい(誰か待ってる?)。

 とりあえず「さしこのくせに」はおもしろかったとだけ書いておきます(爆)。さすが太田プロ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2011

検索アワード201012

 あけましておめでとうございます。今年もアイドルポップスをいっぱい聴いて、川崎フロンターレのタイトルを願う1年にしたいと思います。

 年末年始のトピックとしては…
1)パチスロ勝利
 30〜3日の5日間で4回打ちにいった自分もアホですが、3勝1敗で乗り切ったのはすばらしい(爆)。+32,500でした。

2)箱根駅伝で早稲田優勝
 18年ぶりって言ってましたから、私の在学時(3年)以来だったんですね。その時の2区走者の渡辺康幸君が今は監督。ずいぶん貫禄がついた感じでした。

3)テレビで見たのがAKBばっかり(爆)
 レコ大も紅白もCDTVも…。晴れ着特番もやってましたし。紅白ではポジションがよくていっぱい映ってましたね。え、誰のことかって? もちろんさしこに決まってるじゃないですかwww アイドリング!!!もがんばれ!

4)中村憲剛、川崎に残留
 もうちょっとスパッと残留決めてくれたら気持ちよかったんですけどね…。新加入選手も続々決まり、今年の開幕が楽しみです。

 というわけで前置きが長くなりましたが、12月の検索アワードです。

 【2010年12月】

1 栗原冬子 148
2 桜の花びらたち 32
3 山崎真由美 28
4 瀬能あづさ 27
5 歌詞 25
6 永田ルリ子 24
7 福永恵規 23
8 渡辺美奈代 21
9 珍家 20
9 こねこねこ 20

 春からフリーになる日テレのバード羽鳥氏の奥さんが6ヶ月連続1位です。ズームインも終わっちゃうそうなので、その話題でまだ検索数上位の状態は続きそうですね。あとおニャン子がいっぱい入ってますけど、オールナイトニッポンでOG4人(4、8、17、40というありがちな面子www)がパーソナリティをやったからでしょう。でもその4人じゃないメンバーが入っているのは、トークの内容からでしょうか。

 というわけで、今年もよろしくお願いします。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« December 2010 | Main | February 2011 »