« 帰宅 | Main | 自転車屋に来ています »

March 17, 2011

カレンダー/渡辺満里奈

Calendar▼1989年3月1日発売 9thシングル

 この日に買ったCDが3枚。このブログのタイトルである「輝きの描写」(河田純子)、曲調ががっかりだった「あなたしかいらない」(国実百合)、そしてこの「カレンダー」。実はこの3枚が私が初めて買ったCDシングルでした。まだ当時我が家にはCDプレーヤーはありませんでしたが、なんとか友人宅でカセットに落としたりしていました。そしてこの日は私の浪人が決まった日(爆)。発表を見に行った帰りに、今は無き川越の「やすな」でこの3枚を買ったのでした。このレコード屋には高校時代からお世話になり、使用したアイドルの告知ポスターをもらっていたものです(使用していないものもいただきました)。でもそのポスターたちは私が札幌に赴任している間に実家から姿を消してしまいましたとさ(泣)。私に何の断りもなしに…。

 曲は失恋からの旅立ちという趣ですが、満里奈も私も高校卒業というタイミングだったので、節目の曲のテーマとしては妥当なのでしょう(「失恋から」というのが余計ですが)。「社会人」になった満里奈はこの後、脱アイドルを図るべく、落ち着いた曲調のシングルをリリースしていきますが、彼女の言動等にファンが付いて来れなかったのはご存知の通りです(笑)。「虹の少年」「100年分のGLORY」など89年の曲にも私のお気に入りはありますけど、曲以外の部分で満里奈が急ぎすぎたのも、ねぇ(誰に言ってんだ)。ま、私はそんな無茶もひっくるめて満里奈だと思っているので、ファンクラブも最後まで付き合いましたし、今でもそれなりにwww関心を寄せています。

#「ステーキなぐら」に行こうとかは思いませんけどw

 浪人1発目の5月の模試が満里奈のよみうりランドEASTでのイベントと重なったんですが、模試をとっとと切り上げて駆けつけ、雨の中アンコールと握手会だけ参加したなんて思い出もありますな。詳しくは当時のオリ通をご覧下さい(爆)。

 今年久しぶりに転勤して新しい教室で授業を始めたのが3月1日。まさかこんな地震が起きて混乱するとは夢にも思いませんでしたが、被災地の現状に胸を痛めつつ、教室の生徒にできることをしたいと思います。

 我が家には「アイドル共和国」の映像があるのですが、ネット上では見つからず。この番組はなんでしょう? NHKみたいですが。

|

« 帰宅 | Main | 自転車屋に来ています »

Comments

その後どうですか。
停電を気にしながらの生活は落ち着かないですね。

平成最初の3月は、COXY188や恵比寿ののりPハウスに行ってました。
この時期あたりから満里奈は表現者としての自分に目覚めたと思います。
「何かを伝えるというのはすごいことだ」という趣旨の発言を繰り返していましたし。
その端的な例が「My Song」の「君のもとへと伝わるように 私はそう私になる 明日のために」という詞であると。

この「カレンダー」も私は歌うのだ、という決然とした意志を感じます。声がとても力強い。たたみかけるような曲調も好きです。
ジャケットも本人曰く「動きがある感じで今までと違う」。

そういう満里奈の変化は、正直当時は淋しかったですね。
「見つめてマイハート」の終了も重なったし。受け止めるのに半年くらいかかりました。
その直後、渋谷系に接近してまた戸惑うわけですが(笑)。

そのイベントって、5月7日の「MEET MISS MARINA」ですね。
行きませんでしたけど、実はその日私も模試を受けていて、帰りは雨だったのを思い出しました。
そういえば、「Sweet Little Sixteen」のときは代ゼミ原宿校で模試を受けてから武道館に直行でしたし、「MEET…」の一年前の5月1日、「1988・春・満里奈」のときも駿台模試のあと厚生年金に行ったのでした。
お互い似たようなことをしていますね。

Posted by: 終わらない夏休み | March 19, 2011 at 10:35 PM

>終わらない夏休みさん
生活は平常に戻りつつありますね。むしろみずほ銀行のトラブルの方が影響大でした(苦笑)。

ファンが思い通りにならないいらだちを満里奈がたびたび見せることがあって、その表情にまたこちらもカチンときたり(笑)。満里奈も表現者に目覚めたのはいいのですが、急ぎすぎたというところでしょうか。

イベント名を補足していただきありがとうございました(忘れてました)。「SLS」も「1988」も参戦してます。「1988」は新宿の本公演と再々追加だったかな。それにしてもホントに似た行動してますね(笑)。

Posted by: 珍家 | March 21, 2011 at 06:02 PM

私と珍家さんとM島氏で行った恵比寿のライブは90年でしたっけ? 自分としてはあれが「節目」だったかなーと。違和感凄かった。

89年はまだ端境期と言うか、素直に応援できた時期でしたが、『Miss』と前年の『SunnySide』を聞き比べるとやはり格段にアーティスティック(笑

で、翌年はフリッパーズ、渋谷系行きですから。もうちょいアイドルの彼女とゆっくり付き合いたかった、というのは当時のファンの総意だったかもですね。

Posted by: 松 | March 21, 2011 at 08:43 PM

>松さん
チケット見たら90年11月20日でした。

ま、アイドルとしての満里奈はおニャン子卒業とともに去っていったという話も…。

Posted by: 珍家 | March 22, 2011 at 09:17 AM

はじめまして。
僕は満里奈ファン歴18年になります。
おニャン子時代は5歳~8歳だったので、
顔と名前が一致する人はゆうゆさんだけでした。
満里奈さんを知ったのは「みなおか」で、
ノリダー世代ど真ん中です。
14歳の頃に「ワーズワース」を見てファンになりました。
デビューからファンの方は戸惑いがあったんですね。
僕はピラティスを始めた時に戸惑いました。
痩せないでほしかった。
歌、ドラマ、バラエティで活躍して、司会でも成功。
台湾、中国茶ブーム来た時は凄いと思いました。
戸惑いもあったけど、これからも応援して行きます。

Posted by: すいか | April 27, 2011 at 06:19 PM

>すいかさん
はじめまして。コメントありがとうございます。

痩せないでほしかったというのは同感(笑)。もう応援すると言うか、見守ると言うか、気にかけ続けるという感じですね、私は。

高校生の満里奈は本当にかわいかったんですよ…。

Posted by: 珍家 | April 28, 2011 at 10:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49092/51142189

Listed below are links to weblogs that reference カレンダー/渡辺満里奈:

« 帰宅 | Main | 自転車屋に来ています »