« March 2011 | Main | May 2011 »

April 2011

April 30, 2011

アフリカ

アフリカ
 犬山のリトルワールドで世界一周ちう。ケニアのビールとラクダ、ワニ、ダチョウ串で休憩。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 29, 2011

名古屋戦

名古屋戦
 やってきました瑞穂競技場。みやげは勝ち点3\(^_^)/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2011

GAMUSHARA〜明日に向かって〜/LOVE YOURS

Gamushara▼2004年4月29日発売 1stシングル

 岩手のローカルアイドルグループ「LOVE YOURS」のことを最近思い出しました。土曜深夜の「アイドルの穴2011 日テレジェニックを探せ!」に渡辺未優嬢が出ていたから(笑)ですが、彼女はグループのオリジナルメンバーがどんどん抜けて双子の石川姉妹だけになったあとに新メンバーとして加入したので、このCDリリース時にはグループにいませんし、ジャケ写にもいません。

 もちろんというか、グループを生で見たことはありませんが、当時買い集めた地方アイドルの曲の中では記憶に残っています。地方アイドルの曲はいわゆる応援ソングが多い気がしますが(SHIPの「All My Love〜君の夢にとどくまで〜」、ココロコロン「夢を叶えよう」など)、地元、そして自分たちを応援する意味でもコンセプトに適っていたんでしょう。また、歌詞がストレートでわかりやすいのも特徴です。

 一度しかないよチャンスの扉
 開けるの?開けないの?今しかないじゃん!

 夢は見るんじゃなく追いかけるもの

 夢見ていたの Super star ×2

 そして歌詞には載らないセリフでも「一緒にがんばろう!」なんて歌っていて、真っ直ぐすぎるほど真っ直ぐです。そして石川姉妹(ジャケ写前列左右)の素朴なかわいさにもちょっと惹かれました(苦笑)。当時は13歳だったのか…。映像がないので、どのパートを誰が歌っていたのかわからないのが残念です。石川姉妹渡辺未優嬢のイメージDVDはいっぱいあるんですけどねぇw

 作曲の佐藤将展氏は「姫神せんせいしょん」の方だったんですね。お名前だけではわかりませんでしたが、検索してみて知りました。岩手を本拠地に音楽制作活動をなさっていたので、このプロジェクトの曲を書かれたのでしょう。姫神せんせいしょんと言えば私の中では「そこが知りたい」の「路線バスの旅」。懐かしい〜。というわけで「LOVE YOURS」の動画がなかったので、バスの旅で主に使われていた「蛍」(アルバム『奥の細道』より)をどうぞ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 22, 2011

懐かしのアイドルソングの巻

 という、いまのまいさん首謀(笑)のイベントに2回ほどうかがったことがあります。いろんな方が往年のアイドルポップスをカバーするというライブなんですが、今回約3年ぶりに復活することになりました。

 詳しくはこちら

 で、今日の夢に出てきました。いまのまいさんに「仕事で行けない」と言っている自分www

 そうなんです、5/22(日)はばっちり中間試験対策の補習なんですよー。私の「行けなくて残念無念」な気持ちが夢に現れたものと思われます(笑)。

 というわけで、参加される方々のレポ&セットリストを楽しみにしております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2011

駈けていく少女/電波子

Kaketeikushojo▼1993年4月29日発売 1stシングル

 雑誌Dunkの「全国ダンククーン選手権」に、満里奈の写真集「Green Page」を持っている写真で載っていたかわいい女の子、それが滝島あずさ嬢でした。そんな彼女に再会したのがこの「電波子」名義のシングルです。「電波少年」はあまり見ていなかったので、いきなりのリリースの報にびっくりしたものです。もちろん満里奈の親衛隊とか、「台風クラブ」とかの話はあとから聞くことになるのですが(苦笑)。

 曲を聴いてびっくりしました。かつての「裏時計」(なんだこれ?)にも書きましたが、満里奈フォロワーとは彼女のためにある言葉ではないかと。企画ものでありながら、軽快な正統アイドルポップス(ホントかどうかわかりませんが作詞:松田聖子とクレジットされています。作曲編曲はゴッキー)であることにはさほど驚きませんでしたが、歌い方が満里奈そっくりなんですよ。本人は意識していたのでしょうか。いや、きっと満里奈をリスペクトし過ぎて似てしまったのでしょう(と思いたいwww)。

 「電波少年」のイベントではない、この曲のキャンペーン?に行ったことを覚えてます。場所は…多摩センターのそごうだったような。観客はさほど多くなく、クイズコーナーで私が当てられてしまいました(手を上げてるから当てられるんだよw)。正解した賞品は彼女が髪を結わくのに使っていた紐?のようなもの。さすがにもう見当たりません…。たぶんその時握手もしたんだと思います。

 このシングルがオリコン20位以内に入らなければヌードになるなんて企画もあり(結果は27位)、そのヌード写真の公開イベントに行ったなんていう塩っぱい思い出も(爆)。確かほんの一瞬フラッシュのように見せられたんだと思いますが、結局その後写真集でお脱ぎになってしまうんですよね。現在は滝島梓名義で日本茶アドバイザーとして活動しているそうです。

 この現場にいました。ヤジが聞こえて一瞬怯む彼女が気の毒です。曲は5:03あたりから。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

April 15, 2011

GWの予定

 だいぶ固まったので記しておきます。

29日(金)娘と名古屋へ。川崎−名古屋@瑞穂(19:00〜)。名古屋泊。
30日(土)犬山のリトルワールドに行く予定。飽きたら帰宅。
1日(日)新座の実家に。新座泊。
2日(月)相方は新座から出社。私と娘は新座ステイ。予定は未定。
3日(火)娘と私は新座から等々力直行。川崎−磐田(14:00〜)。等々力で相方も合流。町田−FC琉球@町田(14:00〜)も見たいけどw
4日(水)未定。特に何もなければ東京V−F東京@味スタ(15:00〜)か横浜FC−鳥取@ニッパ球(16:00〜)に行くかも。
5日(木)未定

 意外とサッカー三昧www アイドル系の催事にも行きたいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2011

四月白書/山中すみか

Shigatsuhakusho▼1989年4月8日発売 1stシングル

 今ではすっかり見られなくなりましたが、企業冠のコンテストがたくさんありました。彼女も「ロッテCMアイドルは君だ!コンテスト」の3回目のグランプリで、ロッテのCMはもちろん、所属レコード会社であるコロムビアの関連でDENONのCMにも出ていました。当時彼女は中学生で、ずいぶん低年齢化してきたなと思ったものでした(このとき私は浪人生)。また、京都弁丸出しの話し方も珍しく、そんなところも魅力の1つだったのではないでしょうか。

 ピアノが印象的なイントロから始まり、「悲しくなる 噂通りの場面」と、4月発売のデビュー曲にしてはなんとも切ない歌い出しですが、そんな歌詞を一生懸命に歌う彼女は感情移入するにふさわしい脆さを持った存在だったのではないでしょうか。サビでは「PLEASE!」と書いて「おねがい」と読ませる原真弓氏の強引さが目を惹きますが(笑)、氏の「不安タジーナイト」(横田早苗)といい勝負かもしれませんw それとこの年の原真弓氏と言えばやはり「天使たちのシンフォニー」(楽天使)でしょう。

 カップリングの「走れジュリー−動物たちの願い−」は同名の映画の主題歌でしたが、映画に疎い私はこの映画のことは全く知りません。調べてみたらジュリーは犬ではなく(それは名犬ジョリーか)チンパンジーとのこと。船越英一郎、伊藤かずえなどそうそうたる出演者でした。

 彼女のファンクラブは「すみか'S HOUSE」と書いて「すみかのすみか」と読ませるんでしたね。そんなことも思い出しました。「あの人に逢いたい」には、彼女にインタビューを試みようとしたができなかった顛末が書いてありました。デビュー当時中学生だった彼女も今は35歳。どんな女性になっているのでしょうか。

 こんな愛のあるサイトがありました。すみかんノート

 「ひろしまフラワー歌謡祭」懐かしいですね。今年のフラワーフェスティバルのステージにはPerfumeが地元凱旋するそうですよ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 05, 2011

検索アワード201103

 新年度が始まりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。私の方は春期講習が終わり、今日から通常授業ですが、曜日の配列の関係で講習終了が一昨日だったので中1日です。もう1日くらい休みたかったです(苦笑)。社会人18年目に突入したわけですが、前職で入社を札幌で迎えた時も4月1日は金曜日でした。まだ引っ越しの荷物が来てなくて、ホテルから出社したものです。翌日融けかけの雪の中、引っ越しをしたのも遠い記憶です。さて、先月の検索アワードです。

 【2011年3月】

1 栗原冬子 243
2 コップンカ 33
3 桜の花びらたち 31
4 瀬能あづさ 29
5 国実百合 26
6 福永恵規 25
7 永田ルリ子 23
8 LOVE 22
8 love 22
10 ONLY 21
10 only 21
10 吉田真里子 21
10 YOU 21
10 you 21
10 石村舞波 21

 ついにバード羽鳥氏がフリーになり、ズームインも終了しましたが、さっそくテレ朝で「モーニングバード」という新番組が…。奥様すっかり有名人ですね(当ブログでは)。「コップンカ」は川島海荷嬢が出演したフレッツ光のCMのネタですが、なぜかYahooでもGoogleでも「コップンカ」で検索すると当ブログが最初にヒットするんですよ。うちのパソコンだからかな。そしてTOKIOのデビュー曲「LOVE YOU ONLY」ですが、これは理由がわかりません。どなたかご存知ですか?

 というわけで、今月もよろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2011

スッペシャル ジェネレ〜ション/Berryz工房

Specialgeneration▼2005年3月30日発売 6thシングル

 Berryz工房の曲には当たり外れが大きいと思うのは私だけでしょうか。メンバーは粒ぞろいだと思うんですけどね(熊井ちゃんはもはや「粒」ではないですがw)。正直小中学生に愛だの恋だの歌われたり、曲中に吐息を入れられたりしても困るんですけど(笑)、ある程度メンバーが成長した最近の曲にお気に入りにできる曲が少ないのが残念です。

 「スッペシャル」の「ッ」とか「ジェネレ〜ション」の「〜」にイラッと来るには来るんですけど(笑)、残念ながらそれがこの曲のフックになっていることは否定できません。事実、私もこうやってレビューに採り上げてしまうんですから。そして1番のBメロの「好きと」4連発がサビへの期待感を膨らませていて、この曲の一番の盛り上がりどころです。聴きどころはサビよりむしろここでしょう。あと歌詞に「池袋過ぎたって」ってあるんですけど、ここもまたフックですね。埼玉出身の私としては、池袋まで行くと埼玉に帰った気がするほどの街ですから(豊島区に失礼)、池袋という地名にフラグが立たないわけがありません。でもなんで池袋w

 ダンスもよくがんばっていますよね。なぜスペシウム光線なのかはわかりませんが(笑)、MVを見る限りでは切れの良いダンスが気持ちいいです。いやー、熊井ちゃんかわいいわ(爆)。この頃は何cmだったんでしょう。最近は180cm越えとか。この曲とは全然関係ないですけど、熊井ちゃんは身長を活かした仕事とかしてないんですかね。短絡的には「モデル」とかになっちゃいますけど、なんかもったいない気がします。とは言ったものの、他に思い付くわけではないんですが…。

 この春でデビューから7年経ったんですね。そりゃ小中学生も大きくなりますか。

 熊井ちゃんがかわいいオフィシャルMVです。

#今年の品川エトワール女子高校のパンフモデルは、また石村舞波嬢でしょうか? また手に入ったら紹介します。

##というわけで、今月(この曲は月をまたいじゃいましたが)の3曲はすべてカタカナオンリーのタイトルでした。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

« March 2011 | Main | May 2011 »