« 旅のこと箇条書き | Main | 検索アワード201110 »

October 31, 2011

雨と水曜日/松本典子

Ametosuiyoubi▼1988年10月23日発売 9thシングル

 歌唱力の高いアイドルとしてよく名前の挙がる彼女ですが、そのように言われる人ってだいたい声量があって聴きごたえのあるタイプが多いですよね。彼女は声がやさしい、とにかくやさしい。情を感じるって言うんですか、今風に言うと「癒される」歌声です。そんな歌声と切ない歌詞がマッチした曲がこの「雨と水曜日」です。

 最初タイトルを聞いたとき、違和感を感じました。「雨の水曜日」だったらわかるんですが、「雨『と』水曜日」ですからね。でも聴いて納得です。雨の水曜日に出逢って雨の水曜日に別れたから、雨の日が来ても、水曜日が来てもあの人を想うということだったんですね。そして雨の水曜日に返事の来ない手紙を書くという、何とも切ない歌詞です。郵政省の「ふみの日」のキャンペーンソングだったそうですが(今まで知りませんでした)、嫌みなく手紙というツールが使われています。今だったらメールってことになるんでしょうけど。

 最初に書いたことと相反するようですが、彼女の低音には凄みがある気がします。この曲で言うと「投函ば(←これで「だせば」と読みます)」のところなんですが、グッと曲の世界に引き寄せられる声なんですよ。私は低音がきれいというか、曲のポイントになるような声を出せるコが好きなんですが、彼女は間違いなく私の好きな声ですね。音域が広いという言葉で片付けるのがもったいないです。

 現在は育児に専念ということでしたが、今年NHK-BSの番組で「儀式(セレモニー)」を歌われたとのこと(見逃した!)。YouTubeで見ましたが、まだまだ行けますね。事務所にプロフィールもありますし、ぜひとも復活コンサートを期待します。

 ところでご主人である「とまぴょん」こと笘篠賢治氏は私がよく神宮に行っていた頃(大学生の頃)のヤクルトの選手でした。今日、ヤクルトがクライマックスシリーズ制になってから初めてファイナル進出を決めました(というか、制度導入から4年連続でファイナルは中日−巨人だった)。今となってはかくれヤクルトファンの私ですが、相変わらず密かに応援しています(爆)。

 高画質ありがとうございます。生だと低音がさらにいいですね。

|

« 旅のこと箇条書き | Main | 検索アワード201110 »

Comments

こんばんは、パンプキンファンの星満です。
私は松本さんのコンサートに行ったことがあるのですが、ラストに歌った「いっぱいのカスミ草」がとても良かったのでもう一度行ってしまいしました。
やさしいキャラクターと歌声はとても良いですね。
ところで、私のマイミクの しぇしぇ さんのマイミクに珍家さんと同名のかたがいるのですが珍家さんなのでしょうか?

Posted by: 星満 | November 03, 2011 at 12:26 AM

>星満さん
コメントありがとうございます。「いっぱいのかすみ草」は各方面で評価高いですね。

ところで…以下のことに関しては、私です(笑)。Cottonのときは懇意にさせていただきました。今でも中野忘年会でお会いします。2〜3年に1回くらいは会えてるかな(私がいつも2次会から参加なので)。パンプキンと言えばraffineさんとはそこで毎年お会いします(笑)。

Posted by: 珍家 | November 04, 2011 at 09:36 AM

そうですか、やはりそうでしたか。
ラズベリーを検索してここにたどり着いたのですが世間は狭いですね。

Cottonは私もしぇしぇさんに誘われ何度か行っているのでもしかしたらその時お会いしているかもしれませんね。

Posted by: 星満 | November 05, 2011 at 10:51 PM

「今夜はパラダイス」まではレコードを買っていたのに、この曲は地味だと思ってレンタルで済ましてしまいました。
個人的に松本さんは、歌唱力があるというより表現力があるタイプと思っています。微妙ですけど。河合その子さんもそうかな。
シングルでは「天使が棲む島」なんかも彼女の低音の魅力が堪能できますよね。
BS観ました。放送当日まで歌の練習をしていたそうで真面目な彼女らしい。旦那さんもOKを出しているそうですし、更なる歌手活動も十分期待できますね。
私が最後に神宮でヤクルトを観たときは、岡林が投げてました。隣の秩父宮には三日前に行ったばかりなのですが。中日ベンチには苫篠兄がいますね。

Posted by: 終わらない夏休み | November 06, 2011 at 12:30 AM

>星満さん
ら、ラズベリー…(笑)。確かにレビュー書きましたね、私。

>終わらない夏休みさん
そうですね、表現力ですね。「天使が棲む島」もおっしゃる通り低音がポイントです。

岡林とか懐かしいw そういえばヤクルト終戦しました…。

Posted by: 珍家 | November 08, 2011 at 10:48 AM

BS のオンエアは録画して何回リピートしたことか(笑)選曲が儀式だったのは歌いやすさもあったでしょうか。さよならと言われて、や、春色のエアメール、カバーながらパステルラブあたりもぜひ聞きたいところです。
個人的に好きなのはずっと後期ですが初恋十二単ですね。アルバムは KIWI が絶品。今でも良く聴いてます。

Posted by: ふわふわ | December 03, 2011 at 07:40 PM

>ふわふわさん
初恋十二単って「ヤマトナデシコ七変化」とちょっと似ていますよね。私も好きな曲です。

Posted by: 珍家 | December 05, 2011 at 03:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49092/53132160

Listed below are links to weblogs that reference 雨と水曜日/松本典子:

« 旅のこと箇条書き | Main | 検索アワード201110 »