« 一体感 | Main | CD届いた »

January 25, 2012

笑顔の魔法/高橋由美子

Egaonomahou▼1991年1月21日発売 3rdシングル

 前作2曲がアニメの主題歌だったり、「大海賊」レギュラーだったりwと、一般人の私からするとレベルの高いアイドルだと思っていた彼女ですが(どういう意味?)、この曲で下野してきた、そんな印象です。「Fight!」を歌う姿は都立大の学祭(こちらで書いてます)で見てましたが、この曲でようやく彼女がマニアックな存在じゃない、万人受けする(はずの)アイドルなんだと認識できたような気がします。もしかしたら本当に、当時よく言われていた「20世紀最後の正統派アイドル」だったのかもしれません。

 それを強く感じたのは、1月6日のサンシャインシティ噴水広場でのこの曲のキャンペーンです。噴水広場でのイベントは数多く見ていますが、いまだに私の印象に残っているということは、かなりの集客で、しかもマニアやカメコだけではなくみんなで盛り上がったイベントだったんじゃないかと思います。さすがに21年前ということで詳細は覚えていませんが、「砂時計」2号のイベントレポートではバースデーパーティーもやったんですね(彼女の誕生日は1月7日)。そうか、このイベントでは松氏とすれ違っていたのか(笑)。ちなみに私が「砂時計」に寄稿し始めるのは次の号からです。

 作詞の大場清実さんという方は検索してもどんな方かわからなかったのですが、この曲以外にも1stアルバム『Scarlet』に収録されている「SHAMPOO」「Whisper」を書かれています(この3曲のみ)。「笑顔の魔法」というタイトルも前向きで、彼女のGood-P(Good Personalityの略だとも聞いたことがあります)を表しているのではないでしょうか。

#って『Scarlet』当然持っていると思って探してみたらなかった…。中古で買わなければ(爆)。というわけで、借りて録音したと思われるカセットを聴きながら書いてます。ミニアルバムなので、カセットの片面に『Heart Date』が入っているというのが頭痛いw

 いまだにファンサイトが稼働しているのがすばらしいですね。今は舞台で活躍していますが、やっぱり復活コンサート行けばよかったな〜。

 ライブ映像ですね。やっぱりテレビで歌ったのは削除されまくりなのか…。

|

« 一体感 | Main | CD届いた »

Comments

東大五月祭で少し彼女のステージを見たことがあります。「Step by Step」発売直後ですから、下野する前ですね。貴重なはずですが、全く印象に残っていないという(笑)。目当てのribbonのステージは至近距離で楽しんだのですが。小川範子さんの関係者が来ていて「敵情視察ですか?」みたいな会話をした記憶があります。
この曲は、可もなく不可もないという感じです。

Posted by: 終わらない夏休み | January 31, 2012 at 10:50 PM

>終わらない夏休みさん
たぶんその五月祭、私も見てます(爆)。

Posted by: 珍家 | February 02, 2012 at 09:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49092/53820622

Listed below are links to weblogs that reference 笑顔の魔法/高橋由美子:

« 一体感 | Main | CD届いた »