« 横浜ウィスパー/大井裕子 | Main | 検索アワード201205 »

May 31, 2012

電撃的ロマンス/増田未亜

Dengekitekiromance▼1990年5月21日発売 5thシングル

 もうちょっと目が甘かったら絶対ハマっていた(と思われる)みあみあの5枚目のシングルです。改めて見ると、山本彩嬢(NMB48)に若干似ているような…。みあみあの方がふっくらしていてカワイイですけどね(笑)。

 私がこのブログで彼女の曲を採り上げるのは「冬のウインド」「アブナイ♡CANDY」に続いて3回目なんですけど、デジタルなアレンジが基本同じ感じの曲です(爆)。そんなポップな曲をキュロットスカートで元気に歌うみあみあがかわいくて仕方がありません(そういえば彼女の衣装って普段着と大して変わらないものばかりでしたよねw)。激しくもなく、また全くない訳ではない振り付けもかわいくて仕方がありません。

 「アブナイ〜」のところでも谷穂ちろるさんの「オマセな女の子」的な詞について書いてますが、元はと言えばこちらの方が先で、「胸開きのシャツで キミのことユーワク」「わたし意外と モテるんだから…」と、同じような女の子が描かれてます。谷穂さんが手がけたシングルはこれが最初でしたが、みあみあのイメージをそうとらえたんでしょうね。正解です(笑)。ただ、カップリングの「雨の日の三日月」で失恋ソングを歌わせているように、1枚のシングルでうまくバランスを取っているようです。

 この曲のリリースは私が大学に入った直後で、サルのようにイベントに行っていた頃ですから(爆)、どこかで生で見ているはず。また会いたいなぁ。実は彼女のブログがあったんですが、削除されてました…。お元気ですかね。

 前回の「横浜ウィスパー」に続いて、「週刊歌謡マガジン」からの映像です(よね?)。


 懐かしの「パルシェ」の映像もあったのでこちらも。

 「JANサタ」はスタジオでしか見たことないんですよー。

|

« 横浜ウィスパー/大井裕子 | Main | 検索アワード201205 »

Comments

ベタですけど、彼女のシングルでは一番好きです。
グラビア需要が高い点も山本さんと共通しますね。そういうところが歌詞の内容に反映しているのかも。
私が彼女を生で見たのは、90年3月21日。中野サンプラザに行く前の渋谷東急屋上でした。「おしゃべりMoon」がすごく印象に残っています。
改めて「JANサタ」って、アイドルにフルコーラス歌わせてくれるありがたい番組でしたよねぇ。

Posted by: 終わらない夏休み | June 04, 2012 at 10:20 PM

89年5月のデビューイベントで、名古屋・大阪とハシゴしたのも懐かしい未亜ちゃんですね。カラカラと明るいトークの後、感極まって泣き出した彼女を見て、どっぷりハマってしまいました。
吹田メルパルクホールの1stコンサートに行ったりしましたし、果ては今話題の大飯原発の関電職員の夏祭りイベントに行ったりしたもんです。原発以外なんもない所で会場(と言うか広場)を探すのに苦労したのも思い出ですな。

やっぱりあのビスケットヴォイスが最高だったですねぇ。「電撃的ロマンス」は、曲調も本人にぴったりでした。シングルアルバム共に良い曲が多かったんですよね。

89年からウェストビレッジを移籍するまでの5年間で自分は完全燃焼しましたが、その後も女優業をしてましたね。
最近は書かれている通り音信不通ですが、お元気であってほしいです。

Posted by: DEW | June 04, 2012 at 11:41 PM

>終わらない夏休みさん
90年3月21日! なんか私もその場にいたような(爆)。あ、中野の方ですが…。

>DEWさん
お久しぶりです。けっこう動かれていたんですね。大飯原発とは。ホントに今はどうしているんでしょうね。

Posted by: 珍家 | June 05, 2012 at 09:57 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49092/54845540

Listed below are links to weblogs that reference 電撃的ロマンス/増田未亜:

« 横浜ウィスパー/大井裕子 | Main | 検索アワード201205 »