« 不思議な手品のように/新田恵利 | Main | 重力シンパシー公演 »

August 17, 2012

真赤なミニスカート/おニャン子クラブ

Circle▼1987年8月5日発売 5thアルバムDisk2 3曲目

 ゆうゆ、美奈代、満里奈の3人によるナンバーです。「真っ赤」ではなく「真赤」ですのでお間違えなく(笑)。「真赤な自転車」もまた然りですね。それはともかく、この3人のユニットは末期の現役おニャン子では最強ではないでしょうか。ゆうゆと美奈代のユニットによる「割ってしまった卵」も捨てがたいですが、まぁ私が満里奈ファンだからというのもありますけど(爆)、満里奈の低音が他の2人の声を引き立てている感じがするので(しかも満里奈の声も存在感がある)、このアルバムの中のベストユニットということにしたいと思います。

 「真赤なミニのスカートで ちょっとセクシーでごめんね」なんてこの3人が歌うと全然セクシーじゃなくwかわいいとしか言いようのないのは私のひいき目でしょうが、秋元氏がそんなスカートをモチーフにした詞を約20年も後にまた書くとは、先日書いた話にもつながりますね。もちろん「スカート、ひらり」のことですよ(笑)。ただ、「スカひら」の方はかなり背伸びをさせた歌詞ですね。最近の曲からすると女の子目線の詞も逆に新鮮だったりします。95年のSkirt「スカートをはいた果実」も実はおニャン子の風味を感じる詞なんですが、それは6年前にここで書いてました(笑)。

#乃木坂46のスカートめくり振り付け騒動も…、いや、考え過ぎだな(爆)。でも「ぐるぐるカーテン」でもスカートをひらひらさせる振りが特徴でもあるし、秋元氏がスカートをキラーアイテムとして考えていることには間違い…ないのか?(爆)。

 この曲の映像としてはたぶんファイナルしか残っていないのかな? 夕ニャンでもたまにアルバムの曲やってましたけど(「避暑地」とか)、実に惜しい。今年も9月20日に真赤なミニスカートの3人に会ってきます。

 音だけお楽しみ下さい。

|

« 不思議な手品のように/新田恵利 | Main | 重力シンパシー公演 »

Comments

四半世紀ですか…
感慨深いものがありますね。

AKB研究生のみゆぽん(「ロマンスかくれんぼ」ソロの人)、涼花(一番ちっちゃい人)、さっほー(アイドルっぽい人)で見てみたいですね、「真赤なミニスカート」。

Posted by: ちぇ | August 18, 2012 at 01:39 AM

先代のW渡辺は、盛り上がりそうなユニット曲を必ずもらっていましたね。特に満里奈が「セクシー」、これは貴重ですよ。おニャン子としての満里奈ってソロにはない魅力があったと思います。
最近だと「シンクロときめき」にもスカートが登場しますね。そういえば「ミニスカート」なるAKBの研究生ユニットもありました。

P.S.新田レギュラーは「ありがとッ!」水曜ですね。9月26日は私も2F南東V列という天井につきそうな席でした。

Posted by: 終わらない夏休み | August 19, 2012 at 12:50 AM

スカートは女子特有のものだからでしょうね。
女子の学生服はほぼスカートだし。

あまりアイドルにセクシーを求めていないので、このメンバーなのか自信がありませんが、「星のバレリーナ」のほうが好きです。

Posted by: アタイ | August 24, 2012 at 10:46 AM

>ちぇさん
AKBの例え、よくわかりませんw 来月よろしく。

>終わらない夏休みさん
「チラチラ目の毒」ですね。武道館は私も天井に手がついたかもしれません(笑)。

>アタイさん
「星のバレリーナ」もこのメンバーですよ。『SIDE LINE』でも好きな方ですが、「ハートに募金を」のインパクトの方が強くて…。

Posted by: 珍家 | August 29, 2012 at 09:45 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49092/55444664

Listed below are links to weblogs that reference 真赤なミニスカート/おニャン子クラブ:

« 不思議な手品のように/新田恵利 | Main | 重力シンパシー公演 »