« 神様からもらったチャンス/三浦理恵子 | Main | 検索アワード201209 »

September 27, 2012

NOTHING FROM NOTHING/AYUMI FEATURING DOHZI-T&DJ BASS

Nothingfromnothing▼1995年9月21日発売 1stシングル

 今となっては恥ずかしい話ですが、このCDをネタに生徒に語りを入れたことがあります。「浜崎あゆみも全然売れない時期があったけど、あきらめないで音楽をやっていたら今のように売れるようになった。君らも志望校をあきらめるんじゃない」なんて話を、このCDを見せながら生徒にしちゃいました。なんて薄っぺらい、そしてマニアックな語りでしょう(爆)。きっとどの生徒の心にも響かなかったことでしょう。ちなみにその語りの時に使おうとしたもう1枚の候補は「もう一度」(持田かおり)という…。困った大人ですねw

 話は変わって私が所属していた早大歌研ですが、ミニコミ取材する人選で、私はただ会いたいアイドルばっかり取材していたんですが(Cottonとか沖本姉妹とか)、後輩諸君が取材した面子には、今となってはみんなが知っている歌手、女優が多くいます。私が引退した後で取材しているのは例えば酒井美紀、菅野美穂(一緒にテレビまで出た!)、持田かおり、奥菜恵、そして浜崎あゆみ。素晴らしい先見の明ですね。あゆの取材をしているのは94年12月、この曲を出す9ヶ月前です。内容もドラマやCMのことばかりで、歌がどうのこうのという話は一切出てきていませんが、この曲は企画色が強いですから、降って湧いた話だったのかもしれませんね。そして松浦氏と知り合い、98年4月にみんなが知っている「あゆ」としてデビューすることになります。

 この曲の存在はもちろんあゆのオフィシャルページにはないですし、この曲で共演している童子-Tのページにもありません。なので私が代わりに足跡として残しておくことにしました(余計なお世話)。神保町のTACTOでは8,400円で売っていますが、売るとしたらいくらで売れるのかな(売らないケドw)。持っているだけのコレクターズアイテムですね。

 アルバムバージョンだそうです。うーん、かなり残念なラップですねぇ(笑)。

|

« 神様からもらったチャンス/三浦理恵子 | Main | 検索アワード201209 »

Comments

南英子さんと同じデビュー日なんですね。この曲はやはり二匹目のドジョウを狙ったということなのでしょうか。
それはともかく、私の手元にもあゆの昔のインタビューがあります。時期は95年2月で、wikiを裏付けるかのように「勇静華と一番仲がいい」とか言っています。
ここでは歌の話もしていて、「レゲエとかヒップホップを聞く」という発言がこのシングルの伏線といえなくもない?
でもやりたいのはお芝居で、「お芝居がちゃんとできるようになったら歌もやれればいい」のだそうです、少なくともこの時点では。

P.S. この前のあっちゃん発言の出典は、大岡山の理系ミニコミV誌です。「NO-SIDE」は「Angel Bell」の後継でしたっけ?残念ながら両方とも持っていません。

Posted by: 終わらない夏休み | September 30, 2012 at 11:50 PM

>終わらない夏休みさん
「NO-SIDE」は「Angel Bell」も含めて総集編というか、総括的なモンです。

Posted by: 珍家 | October 04, 2012 at 11:54 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49092/55757972

Listed below are links to weblogs that reference NOTHING FROM NOTHING/AYUMI FEATURING DOHZI-T&DJ BASS:

« 神様からもらったチャンス/三浦理恵子 | Main | 検索アワード201209 »