« 今年こそと言い続けて… | Main | プロセス/田村英里子 »

January 20, 2013

さよならのチャイム/Qlair

Sayonaranochime▼1992年1月22日発売 3rdシングル

 やっぱりQlair好きなんですよ(笑)。このブログでも採り上げるのは5曲目です。「砂時計」で上山根さんが「アルバムで一番評判の良かった曲の姉妹作品を次のシングルにもってくるのはアイドルの世界では基本中の基本で、本作も「約束」を重く押さえた感じに仕上がっています。」と書かれていました。そう言われてみれば確かに出だしが「約束」を彷彿とさせます。

 Qlairと言えばやはり思い出話となってしまうのですが(苦笑)、早大歌研のミニコミ「It's」でQlairの巻頭をやった時のインタビューが、その「約束」が収録されたアルバム『Les filles』の発売日(91年11月21日)だったんですね。その時には既に「さよならのチャイム」の発売日も決まっていて、インタビューでは曲のことも聞いています(曲自体はまだ聴くことができませんでした)。今井佐知子嬢、井ノ部裕子嬢の高校卒業とあわせてのリリースということで、特に感情がこもったとのことでした(ちなみに2人は誕生日が1日違い)。「卒業シーズンの定番ソングになればいいですね」なんて私が書いていますが、別に我々アイドルポップスファンの心に残っていればいいです(爆)。

 カップリングの「ハッピーバースディ カウントダウン」は今井嬢のソロ。その後2枚のシングルのカップリングで井ノ部嬢、吉田亜紀嬢もソロ曲を歌ってますが、順番はやっぱり誕生日順だったんでしょうかね(笑)。でもQlairはやっぱり3人のコーラスワークが一番の魅力。残念ながらソロ曲にはあまり思い入れはありません。曲はいいんですけどね。

 結成20年とか区切りのいい時期は過ぎちゃいましたけど、いつでも再結成待ってます。コンプリートアルバム収録の「永遠の少年」、まだ生で聴いていないですから。

 サウンドアリーナかな。えらい緊張しているようで声がぶれまくり、外しまくりですが、ホントはもっときれいなコーラスワークなんだよー(笑)。

|

« 今年こそと言い続けて… | Main | プロセス/田村英里子 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49092/56584625

Listed below are links to weblogs that reference さよならのチャイム/Qlair:

« 今年こそと言い続けて… | Main | プロセス/田村英里子 »