« プロセス/田村英里子 | Main | 検索アワード201301 »

February 01, 2013

2月1日と言えば

 長らく受験産業に関わっている私にとっては、2月1日は東京神奈川の私立中学入試のスタート日だということはあまりにも有名です。ただ、去年3月までは高校受験部門にいたので、2月1日は受験勉強まっただ中でしたし、今年は大学受験部門にいるので、先月19、20日のセンター試験で一つの山場を迎えた感があります。もちろん私大入試&国公立2次はまだまだこれからですが、毎日誰かしらの入試があるので、みんな一斉にという感じは薄いです。なので今までは、2月1日と言っても季節の風物詩的な受け止め方でした。

 そんな他人事で見ていた(苦笑)2月1日ですが、なんと!今娘が入試を受けているんですね。朝は相方が会社に行く前に送っていったので、私はまだ家にいるわけですが、これから準備して迎えに行きます。さてさて、今持っている知識はすべて出せているでしょうか。当事者となると、やはり親もそわそわしてしまいます。そして中学入試は多くの中学がホームページで当日中に合格発表を行うんですね。娘の受けている学校もそうですので、今日の22時には合否がわかります。これはドキドキものです。しかも、受かってたらいいものの、ダメだったら同じ学校を明日も受けるんですね。なので精神的には結構タフさが要求されます。

 でも、長年公立高校入試に携わっていた私は、中学入試と大学入試は公平だと思っていますので(学校成績は関係なく、テスト1発で決まるという点で)、これくらいシビアでも仕方ないと思っていますし、娘にはこの経験を今後に活かしてほしいなと思います。

 今日はチャレンジ校、本命の入試は3日です。3日で決着がつけばいいのですが…。

|

« プロセス/田村英里子 | Main | 検索アワード201301 »

Comments

え、今中学入試の結果って即日発表なんですか。マークシート方式の問題のみとかではなくて?
私が中学受験をしたときは、1日筆記・2日面接で、3日発表でした。
2日連続で同じ学校を受験できるというのも驚きです。問題を2倍作成する先生方も大変そうですね。

Posted by: 終わらない夏休み | February 02, 2013 at 11:20 PM

>終わらない夏休みさん
超上位校(入試を1回しかやらない学校)は翌日とか翌々日ですが、複数回入試をやる学校はだいたい当日発表です。その結果で次の日の受験先を決める人もいます(2つの学校に出願しておくような人もいます)。

1日鴎友→22時発表で×
2日鴎友→22時発表で×
3日田調→20時発表で×
4日田調→20時発表で○

こんな感じでした。ちなみに鴎友も田調も3回入試があるんですよ。問題作成の労力は3倍です(笑)。

Posted by: 珍家 | February 05, 2013 at 07:53 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49092/56672054

Listed below are links to weblogs that reference 2月1日と言えば:

« プロセス/田村英里子 | Main | 検索アワード201301 »