« February 2013 | Main | April 2013 »

March 2013

March 26, 2013

月夜のゴンドラ/堀川早苗

Tsukiyonogondola▼1991年3月21日発売 1stシングル

 早大歌研の1つ上の先輩がかなり推していて学祭にも呼んだ早苗嬢ですので、乙女塾の中でも接触する機会がとても多かったです。デビュー時の取材のインタビュアーもやらせてもらったし(@フジランド)、学祭後のインタビューではなぜかカメラまでやったし(もちろんカメラは借り物)。でも一番の思い出は「トトメス」の収録取材で大泉に行ったことですかね(爆)。リアル松本塾を見て感動しましたwww

 ちょうどその「トトメス」の頃「月夜のゴンドラ」でデビューしたわけですが、デビューが決まったのが銀行就職決定の1日前だったとか。確か京葉銀行でしたっけ(彼女は松戸出身ですから千葉の銀行ですね)。高卒で銀行に就職して、職場結婚して専業主婦になる、そんなストーリーが似合う地味な(苦笑)彼女ですのでアイドルとしては短命でしたが、90年代アイドルを語る上では外せないですね。

 「月夜の〜」はミディアムテンポで異国情緒も感じさせるアレンジになっていますが、カップリングの「わたしは魔法でできている」は一転アップテンポで彼女らしからぬハードなアレンジです(大ゲサ)。本人の希望で表題曲が入れ替わったとのことですが、うーん、どうでしょう。確かに「月夜の〜」がカップリングだったら埋没していたでしょうね。そういう意味では2曲しっかり印象が残りましたから成功だったのかもしれません。「魔法」という言葉からも、スタッフは「わたしは〜」の方をトトメスを意識して作ったんでしょけど、まさか本人にひっくり返されるとは思わなかったのでは。ミディアム推しなところもおっとりした彼女らしいですね(笑)。

 ところで、NSビルでのデビューイベントで、トトメスで共演したマナミちゃん(関真奈美嬢)が猛烈な緊張の面持ちで舞台に上がってたのを覚えていますが、彼女はもう女優業はやってないんですかね。あ、早苗嬢も「カエルカフェ」の営業はまだ続けているんでしょうか。

 NTV「サウンドルーフ」ですね。音程の外れ方がハンパない(爆)。あと、公募で作られた衣装の胸の逆五芒星、悪魔の象徴なんですよね…。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 25, 2013

近況もろもろ

 すっかりごぶさたしてしまいましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか(笑)。私は春の繁忙期に入っておりますが、花粉に負けず、いや、負けてますけどw何とかやってます。

 9日…国立競技場で川崎フロンターレのホーム開幕戦(対大分トリニータ)に参戦。相方と娘は小学校のPTAのイベントでディズニーシーに行ったので、私1人での参戦でした。結果はご存知のように1-1のドローでしたが、後半あれだけ攻めて1点しか取れないというところに一抹の不安を感じました。まぁ、今日現在まで1勝もできてないわけですから、不安的中と言ったところですが、まぁ応援を辞めるわけではないので、生暖かく見守ります。ちなみに3試合消化したリーグ戦では、現在18チーム中単独18位です(爆)。やはりパトリックは「秘密」な兵器なのか…。

 19日…娘の小学校の卒業式でした。「旅立ちの日に」とか歌われた日には泣いちゃうかもでしたが、歌われた歌は全部知らないものでしたので(笑)泣きませんでした。あと、2年前まで私は地元の教室で教えていましたので、娘と同学年の生徒さんにも会えてよかったです。

 19〜20日…卒業式後のお別れ会(娘だけ)から帰ってきた後、家族で箱根へ。まぁ風呂に入って、大湧谷の卵を食べたくらいですが、ゆっくりできました。やっぱり春は富士山見えませんね。うちからの方がよっぽど見えるw

 20日…HKT全国握手会@よみうりランドイースト、には行ってませんよwww 曲的には出だしのラーラーのところがツボってますが、基本生では歌えないだろうなという感じが残念っちゃ残念。後半の全員のスキップの振りがかわいいですが、あんまり揃ってないですね。もっとがんばれHKT! ちなみにその握手会のレーン分けの件で相方と議論(爆)。

 1:指原、渕上
 2:穴井、兒玉、本村
 3:植木、宮脇
 4:田島、朝永
 5:多田、松岡、森保
 6:下野、中西、村重、若田部

 さて、行くとしたらどのレーンw 相方は断然バラエティー班の6だそうですが、私だったら2ですかねぇ。キャップとしなもんで悩む…(阿呆)。あ、私には複数毎買うという芸風はありませんので。

 25日…今日ですが、これから娘と私の利害関係が一致し、2人で秋葉原まで出かけてきます。娘は親に似て(爆)オタク趣味に走り始め、アニメだボカロだなんて言ってますので、アキバに連れて行けと。それならばと、某劇場にファミリー枠で応募したら、当たっちゃいましたw 研究生公演だったらパスかなと思っていましたが、私にとっては最良のチームB公演ですので、期待が高まります。きたりえが見られないのは残念ですが、らんらんが楽しみすぎます(爆)。小嶋菜月というコの生誕祭もあるそうですが、どんなコか全然知りません…。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

March 22, 2013

更新が滞っております

 書くことはそこそこあるんですが、なかなかまとまった時間が取れません…。フロンターレのホーム開幕戦@国立参戦とか、娘の卒業式とか、HKTのCDデビューとか(笑)、ネタはあるんですが。

 というわけで、しばらくお待ち下さい(って誰か待ってるのかw)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2013

Tomorrow/石田ひかり

Tomorrow▼1990年3月21日発売 10thシングル

 「Tomorrow」という曲はこのブログでも佐野量子さんのを採り上げていますし、岡本真夜さんの同名異曲もあります。そしてこの石田ひかり嬢の曲もまた同名異曲です。10枚目のシングルにして、アイドル時代最後のシングルとなっています。アイドル時代と言っても、女優に専念してからはリリースはないようですが…。彼女は亜細亜大学の一能一芸入試の走りだったり、「鶴ちゃんのプッツン5」で西田ひかる嬢との「リールーコンビ」だったりと、断片的に記憶はあるのですが、書けるほどのネタはありません(汗)。

 彼女の声って高音がすごくきれいな反面、細くてポップス系があまり合わない感じだと思っていたんですが(「少女・熱風・天然色」とかちょっとキビシい←好きなんですけどねw)、この曲のCメロが絶品なんですよ(褒め過ぎ)。Aメロ、Bメロは残念ながら低調なんですが、「恋したら 光の中へ Bon voyage!」とCメロに入るとがらっと雰囲気が変わって、「Let's fly to the sun. Everybody, let's go!」と高音が続くところで彼女のクリアな声質が生きてきます。このCメロがなかったら本当に地味な曲で(爆)、彼女の歌手生活のエンディングとしては尻つぼみだったと思います。うん、過大評価だな。

 同じ名字のよしみからか。計量器メーカーの石田衡器製作所(現:株式会社イシダ)のCMにも出演していて、この曲も当時CMに使われていました。「青春は はかりきれない」なんて「はかり」という言葉がしっかり入っているのも、オーダーだったんですかね。CMではちょうどその部分が使われていたと記憶していますが、映像がありません。我が家のビデオの中にはきっと…。

 ぜひCメロを聴いてみて下さい。これはテレ東の番組っぽいですね。「朝シャン音楽壱番館」でしたっけ? それにしてもカメラマンが前を横切ったりしてヒドいですwww

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 05, 2013

検索アワード201302

 HKTのコがかわいくてしょうがない今日この頃ですが(爆)、みなさまいかがお過ごしでしょうか。なつみかんや秋吉ちゃんがうちの娘と同い年というのには頭痛いですが…(めるだって2000年生まれか…)。というわけで、夫婦揃って「HaKaTa百貨店2」を楽しんでおります。平和な夫婦だwww というわけで、先月の検索アワードです。

 【2013年2月】

1 珍家 19
2 現在 16
3 歌詞 15
4 斉藤満喜子 11
5 結婚 10
5 qlair 10
7 田村英里子 9
8 大井裕子 8
9 意味 7
9 江戸真樹 7

 もうあまり検索されていないようですね(爆)。ブログの更新頻度が下がっているからでしょう。レビュー以外にも書くネタはあるにはありますが、最近はスマホでサッとmixiとかFBに書いちゃいますから、改めてブログにっていうのが少ないんですよね。でもレビューは細々とでも続けていきたいと思います。

 川崎フロンターレの2013シーズンが始まりましたが、まさかの第1節終了時点での最下位w 今週の国立(ホーム開幕戦)は参戦しますよ。楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2013 | Main | April 2013 »