« 青い風のビーチサイド/松本典子 | Main | 検索アワード201306 »

June 24, 2013

きっとボーイフレンド/こんぺいとう

Chikyuniyasashiihutatsuboshi▼1991年6月21日発売 1stアルバム2曲目

 90年代アイドルシーンを語る上で、もっと評価されていいのがこのこんぺいとうだと思います。デビューはシングルではなくコンセプトアルバムを2枚続けてリリース、見事なまでの体型のアンバランス(爆)、そしてイベントでの客いじりなど、記録には残らずとも記憶に残っているアイドルユニットだと思います。いやー、ホントに菅野美寿紀嬢はかわいかった。ぽっちゃりを越えていたことは否めませんが(爆)、一瞬一瞬を切り取ると、とてつもなくかわいい瞬間があるんですよ。そんな女の子、滅多にいません(贔屓目と言われればそれまでですがwww)。

 コンセプトはアルバムのタイトルにもあるように「地球にやさしいふたつ星」。アルバムについているブックレットによると、2人は「☆こんぺいとう☆という名の宇宙から来た天使」ということですが、イベントを見る限りではただのガキでした(笑)。でも曲はまさに地球のアイドルそのもので、特にこの「きっとボーイフレンド」は、元東京Qチャンネルの割田康彦氏のメロディが、うまく2人の声の特徴を生かしていて秀逸です。高めの声の菅野美寿紀嬢に高いキーを歌わせ、低めの高市智子嬢に低音を歌わせて、とても心地よい曲になっています。

 下の映像はこんぺいとうの映像ソフト「Visualies」からのものだと思いますが、我が家にも何故かありましたので(爆)、久しぶりに見てみました。うーん、客が映り過ぎw それはともかく、安上がりに作られていて泣けてきました。まぁ2,800円だから仕方ないですか。でも「ポップコーン・ハートブレイク」や「きっとボーイフレンド」の良さが色褪せるわけでもなく、後世に伝えて行きたい90年代アイドルポップスです(大ゲサ)。

#以前書いた「ポップコーン・ハートブレイク」のレビューはこちら

|

« 青い風のビーチサイド/松本典子 | Main | 検索アワード201306 »

Comments

結局、この二人はどちらの方が人気があったのですか?
そりゃ菅野さんかなとは思いますが、「NIPPONアイドル探偵団'92」という本を見たら、高市さんが89位なのに対し菅野さんが952位というあんまりなことになっていたので少し気になりました。

Posted by: 終わらない夏休み | June 27, 2013 at 09:32 PM

学研のCMで出まくってたのは高市でしたね。そういう意味では、高市の方が人気があったのかもしれませんね。

↓お約束w
http://www.zzcc.jp/beautytalk/01.html

Posted by: よこささくん | June 28, 2013 at 12:07 AM

>終わらない夏休みさん、よこさささん
ぽっちゃりに理解がなければ(爆)、高市ちゃんだったんでしょうね。

てか菅野ちゃん、今でもCMとか出てるんですかね。

Posted by: 珍家 | July 09, 2013 at 08:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49092/57657273

Listed below are links to weblogs that reference きっとボーイフレンド/こんぺいとう:

« 青い風のビーチサイド/松本典子 | Main | 検索アワード201306 »