« チャンスの順番/AKB48 | Main | 2014年こそはタイトルを! »

December 31, 2013

2013ベストソング

 このブログを始めてからついに10回目の年末を迎えました。今年は娘の中学入試、初のAKB劇場潜入、個別握手会でなっちゃんとキャップの2人と握手、そしてそのなっちゃんと教え子の共演(笑)とわりといろいろとありました。現場も数回行きました。そういえば今月2回も偶然(本当にw)イベントに出くわすことがあって、14日にたまプラーザで星野みちる(元AKB481期生)、29日にららぽーと横浜でミラクルマーチ(町田市ご当地アイドル)を見ました。これは私にもっと現場に行けというお告げでしょうか(謎)。それでは今年の私的ベスト10を発表させていただきます。

10位:真夏の天体観測/つりビット
 とにかく今年も日本全国のユニットアイドルのCDを集めましたが、そこまで琴線に触れる曲はなし。その中でも釣りをコンセプトにしながら釣りと全く関係ない(笑)曲でデビューした彼女たちにちょびっと注目。ルックスのレベルも高いし(ルックスは選考基準に入っていませんw)。
9位:君といた空/上野優華
 グループアイドル全盛の中、キングレコード主催の「Dream Vocal Audition」のグランプリである彼女が頑張っています。アイドル的かわいさはもちろんですが、ボーカルオーディションらしく、声に耳を奪われます。徳島から通いというのもドラマ性があっていいですね。
8位:さくらサンキュー/アイドリング
 NEOはもっと溌剌とした曲だったらよかったんですけどねぇ。というわけで、サビが気持ちいいこちらの曲がランクイン。こういう路線の方が彼女たちには断然いい。カッコいい曲は本人達がカッコ良くないのだからw似合わないと思うんですよ。ちなみにルックスだけなら清久レイア嬢か伊藤祐奈嬢ですかね。
7位:バイトファイター/バクステ外神田一丁目
 さすがにメンバーの名前は覚えきれません(ADなぎさだけwww)。今年ハロプロ界隈も精力的に曲を出していましたが、どうもつんく♂氏の色が濃すぎて縁遠くなってしまいました。同じつんく♂氏でもこちらは毒っ気がなくて(謎)聴きやすいです。
6位:この涙を君に捧ぐ/NO NAME
 そういえば今年の三が日は「0048」の集中再放送を見て、その後続編を見たんでしたっけ。NO NAMEの曲はカップリングも含めて佳曲ぞろいなんですけど、アニメのいいところでみんなで歌った「初日」が泣けました。カレンがんばれ(笑)。
5位:ガールズルール/乃木坂46
 乃木坂らしいのは「君の名は希望」だと思いますが、私が聴いて心地いいのはこちら。まぁAKBっぽくなっちゃって、乃木坂としてはこれでいいのかなと思いましたが、「バレッタ」でまた「らしさ」は戻りました。白石麻衣嬢は美人すぎて推せないです(ウソ)。乃木坂と言えば、半年だけですがかつて私が教えた生徒が2期生に加入。早くメディアで見てみたいです。
4位:恋するフォーチュンクッキー/AKB48
 一般人まで巻き込むムーブメントになったのにはびっくりしました。今後間違いなく代表曲と言われるでしょう。代表曲と言えば「ヘビーローテーション」は優子がセンター。この曲は指原がセンター。前田がセンターの曲でないというのがね。MVで指原が一瞬かわいく見えるのも見どころw
3位:さよならクロール/AKB48
 「恋チュン」とどちらがいいか悩みましたが、やはりイントロで高まったこちらが上位ということで。選抜総選挙の投票券つきだったので異様な売り上げになってしまい、その記録だけクローズアップされがちですが、ぜひ曲も注目してほしいです。MVはヘビロテ同様男子受けはしない感じですがね。
2位:スキ!スキ!スキップ!/HKT48
 昨年からのHKT推しは今年も健在で、「トンコツ」も「おでかけ」もちゃんと見ています。「トンコツ」は早くDVD出ないかな。それはともかく、当時のお子さまwの勢いそのままのこの曲が微笑ましくて、ニヤニヤしてしまいます(爆)。芽瑠ちゃんセンターはびっくりしましたが、その脇をはるっぴ咲良で固める布陣が奏功していると思います。キャップがんばれ! しなもんもっとがんばれ!
Mygraduationtoss1位:My Graduation Toss/さくら学院
 思い入れだったら断然HKTですが、曲で選んだらやはりこちらになりました。中元すず香嬢の切ない歌声が私の心をつかみました。卒業というシチュエーションで3割増くらいになっているかもしれませんが、卒業シーズンでなくても聴きたい曲です。今年何回聴いたんだろ。MVも何度も見ました。曲で選んだと書きましたが、振りもいちいちかわいいんですよ(爆)。
 卒業式の映像ですが、泣けるわー。生歌っていうのもいいね。

 というわけで相変わらずグループアイドルばかりになりました。残念だったのはAKBのカップリングにこれぞといった曲がなかったこと。強いていえば「君だけにChu!Chu!Chu!」(てんとうむChu)くらいでしょうか。

 今年の番外編は「チャイムはLOVE SONG」(HKT48)。チームHの「手をつなぎながら」公演の曲で、オリジナルはSKE48チームSの2nd公演です。SKE時代の公演時には曲を知ることはなかったんですが、お下がり公演としてチームHがやっているのを見たり聴いたりしたら、これがチームHのオリジナルかと思うくらいぴったりハマってるんですよ(SKEのファンの方すみません)。アイドル全開のかわいさで、もうこれがデビュー曲でもいいじゃんかと思うくらいでした。

 来年はどんなアイドルポップスと出逢えるでしょうか。CD置き場はもはや詰みの状態(爆)。どうしましょ。ちなみに今年買ったシングルは昨年よりさらに増えて241タイトルでした。そりゃ置くスペースも金もなくなるわけだ…。

|

« チャンスの順番/AKB48 | Main | 2014年こそはタイトルを! »

Comments

明けましておめでとうございます。
私のブログでの年間チャートでも奇しくも「恋するフォーチュンクッキー」は4位でありました。
2才児を抱えてますので、今や所謂書斎派になってしまいました。米子か境港にやって来るアイドルを待つしかありませんね。
今年も宜しくお願いします。

Posted by: DEW | January 01, 2014 at 02:50 PM

明けましておめでとうございます。

今回も年末恒例のベスト、しかと見届けましたでござる。AKBグループもとうとうセットリストが200位からになりました。
わたし的にはエビ中もランクインしてほしかったです。3人ほど卒業するのでメンバー入替がついていけないですけど(笑)

大島優子卒業で太田プロのユニットNot yetが存続するのか、興味はなくても気になります。渡り廊下は波乱の上、ぐだぐだにベスト盤だして消滅になりましたけどねー(´・ω・`)

Posted by: おばしゅー | January 01, 2014 at 10:01 PM

明けましておめでとうございます。
ところでキャップは進学するんですね。「Fまど」で初めて知りました。もりぽのしゃべりが面白くて好きなんです、この番組。
「恋チュン」は、CDTV年越しライブの「支店抜き(指原以外)選抜」が新鮮で何度もリピートしています。早い話、れいにゃんあやりんもちくらさん(&十夢)なんですが、AKBはこの辺をもっと有効活用すべきと思いました(あと梅ちゃんも)。

Posted by: 終わらない夏休み | January 02, 2014 at 12:31 AM

>DEWさん
私は子どもが大きくなったので、書斎派から脱しようと…(ウソ)。でも数が増えてきたのは事実。

>おばしゅーさん
ワロタはあれだけ立派なDVDを作ってくれたので文句はありません。はるごんのジャカルタでの活躍が1チャプターになってますからね。すごいです。

>終わらない夏休みさん
さすがに自分の立ち位置をわかっているんでしょう。まだ芸能1本でやっていく自身はないのでは?
CDTVは一瞬きたりえがセンターポジに立ち、目頭が熱くなりました(ウソ)。

Posted by: 珍家 | January 02, 2014 at 06:29 PM

遅ればせながら、ベストソングです。

[ベストソング10]
1位:「さよならクロール」/AKB48…初めて聞いたときのイントロの爽快感。2位と迷ったけど、やっぱりこの曲。

2位:「恋するフォーチュンクッキー」/AKB48…高校の後夜祭を思い出すまったりディスコサウンド。あの振り付けに気恥ずかしさを感じたけど、なかなか癖になる名曲。

3位:「僕らのユリイカ」/NMB48…NMBも夏歌で。MVの小谷里歩と谷川愛梨がかわいすぎです。

4位:「カモネギックス」/NMB48…タイトルはともかく、心地よく耳に残る曲。紅白初出場曲ということも含めて、これからのNMBには欠かせない曲になるはず。

5位:「太宰治を読んだか?」/NMB48(山田菜々・山本彩・横山由依)…東日本ツアーで曲の途中から入ってくるゆいはんが泣ける。AKB48SHOWも良かった。ゆいはんがいないときは2人だけで、ほかのメンバーを入れないのもいい。

6位:「君だけにChu!Chu!Chu!」/てんとうむChu!…13期三銃士・めるみお+2名、今後の48グループを支えていく(かもしれない)メンバーによるまさしくアイドルポップス。9期がカバーした「君だけに9!9!9!」も良かったし、女子高警察の痛々しい演技も良い。

7位:「メロンジュース」/HKT48…朝長美桜がかわいすぎる。楽曲的には8位のほうが良いと思うけど、ノリでこっち。

8位:「スキ!スキ!スキップ! 」/HKT48…ラストのサビでの符割はしびれる。ライブで見たい!

9位:「バレッタ」/乃木坂46…昭和歌謡の名曲。MVのさゆりんごのショットガン、橋本奈々未のレヴィ(@ブラック・ラグーン)ばりのトゥー・ハンドに萌える。

10位:「イジワルしないで抱きしめてよ」/Juice=Juice…宮本佳林は見た目も声質もすばらしい。逸材ですな。

Posted by: ちぇ | January 16, 2014 at 04:54 AM

>ちぇさん
太宰いいですね。ななたんの声に癒されます。「AKB48SHOW」でのパフォーマンスは繰り返し見てます(笑)。

聴いている曲がだいたい一緒w

Posted by: 珍家 | January 25, 2014 at 05:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49092/58855477

Listed below are links to weblogs that reference 2013ベストソング:

« チャンスの順番/AKB48 | Main | 2014年こそはタイトルを! »