« 2017ベストソング | Main

December 31, 2018

2018ベストソング

 このブログを始めて、15回目の年末を迎えました。今年も年に1回の更新です。ご覧いただきありがとうございます。

 今年は川崎フロンターレの連覇、が私的最大ニュースと言いたいところですが、実は人生初めて骨折をしまして(苦笑)。変なふうに転んで肘を折りました。今は治りましたが、右肘だったこともあり、1ヶ月は日常生活でも不便しました。周りの方々にもご迷惑をおかけしました。

 そんな今年でしたが、例年通り曲はたくさん聞いたつもりですので、今年も私的ベスト10を書かせていただきます。

10位:帰り道は遠回りしたくなる/乃木坂46
 まさか2年連続レコ大とは思いませんでした。世間的な浸透では「U.S.A」かと思いましたけど(苦笑)。与田ちゃんが大人っぽくなってきたのが残念というかなんというか。曲はみんな平均点以上という感じですが、なぁちゃん卒業ソングなのでこの曲に。
9位:最強ツインテール/AKB48(U-16選抜2018)
 本体の曲は相変わらずなんですが、この曲に未来をほんの少しだけ感じたのでランクイン(ただ若い子が好きだからだろというツッコミ可)。一応メンバーを書いておくと、石田千穂(STU48)、市岡愛弓(STU48)、岩田陽菜(STU48)、梅山恋和(NMB48)、小熊倫実(NGT48)、小畑優奈(SKE48)、門脇実優菜(STU48)、久保怜音(AKB48)、末永桜花(SKE48)、鈴木くるみ(AKB48)、田口愛佳(AKB48)、武田智加(HKT48)、矢作萌夏(AKB48)、山田杏華(AKB48)、山本彩加(NMB48)、渡部愛加里(HKT48)の16人。「僕の好きな最強ツインテール 似合いすぎてキュン死する」ってどんな歌詞だよ(笑)。ちなみに私はポニーテール派。
8位:世界の人へ/NGT48
7位:春はどこから来るのか?/NGT48
 結局きたりえ(北原里英嬢)が卒業するまでに公演を観に行けませんでした。でもきたりえからひなたん(本間日陽嬢)に権限委譲するPVの「春は〜」、ロシアと対面する新潟という地理的特徴を生かした「世界の〜」と、グループの中でも曲に恵まれたと思います。「春は〜」の「そういう感じでやってこないかな」という歌詞が耳に残りました。
6位:ハッピーオーラ/けやき坂46
 躍進目覚しい「ひらがなけやき」の方が、漢字欅の方より私に合っているようです。やっぱりアイドルを聴いてハッピーになりたいんですよ(苦笑)。メンバーで注目していたのが柿崎芽実嬢と宮田愛萌嬢(うちの相方と中高大一緒だとか)だったんですが、「ひらがな推し」でぶりっ子2トップとか紹介されて、ああ騙されてたのかと(褒め言葉)。アルバムも良かったです。ちなみにこの曲は欅坂46「アンビバレント」のカップリングでした。
5位:無意識の色/SKE48
 SKEらしさが前面に出ている曲を、次を担うゆなな(小畑優奈嬢)がセンターでやることに意義があった、はずですが、最近のSKEの曲ではまた珠理奈嬢がセンターとか…。上記の「U-16選抜2018」に選ばれているので、期待はされているはずなんですけど、まだ全面的に任せられないんですかねぇ。運営が決断すれば、少しは上がり目もあるはず。
4位:イトシラブ/Ange☆Reve
 今年もうっかり「ArcJewel」の曲のお気に入りができてしまいました(笑)。グループとしては何度もメンバーチェンジを繰り返しているらしいですが、特に思い入れもないので(ひどい)、曲が良ければそれでいいです。AメロBメロの雰囲気が「言い訳Maybe」に似ていますが、それ以上にサビの「あーなーたーがーすーきよー」のチープ感がお気に入りです。決して「マツムラブ!」ではありません(笑)。
3位:Baby Summer/Jewel☆Ciel
 おっと、「ArcJewel」からうっかり2曲も入れてしまいました(笑)。彼女たちの最初のオリジナルソングですが、お皿的には1stシングル「蒼の向こう」のカップリングです。いきなり出だしが布袋寅泰「スリル」のパクリオマージュですが、ポプテピピックにも同様のネタがあるんですね(今日知りました)。布袋氏のオリジナルが1995年だそうなので、もう20年以上前ということで、イントロがエガちゃんの登場曲という認識の方が強いんですかね。というわけで、来年も「ArcJewel」系は聴き逃せなくなってしまいました。
2位:理解者/22/7
 未だによく分かっていない秋元氏プロデュースの声優アイドルですが、たまたまザッピングしている時に見てしまった「22/7 計算中」(TOKYO MX)で流れていたこの曲のCMに耳を奪われてしまいました。年に1曲はこういう「泣き」の曲を好きになるんですよね。それ以降番組は毎回見ていますが、声優さんの名前もキャラクターの名前も覚えられないので、今後気に入る曲がなければ多分フェードアウトします(爆)。
Hayaokuricalendar_31位:早送りカレンダー/HKT48
 今年のHKTのシングルリリースはこの1曲だけになってしまいましたが、この曲が素晴らし過ぎた。声推し(笑)のなこ(矢吹奈子嬢)が、みくりん(田中美久嬢)とダブルセンターだなんて、お気に入りになるに決まってます。こういう明るいHKTらしい曲を待っていました。さくらたん(宮脇咲良嬢)ともに、なこはよくわからないグループ(苦笑)に召し上げられてしまいましたが、本当にHKTにとっては損失ですよ。この声が聴けないなんて…。でも仕方ないので待ちますよ。
 MVが博多ロケというのもいいですよね。みるんちゃん(荒巻美咲嬢)お姉さんになったねぇ(親戚のおじさん目線)。なっぴ(運上弘菜嬢)が同じ方向からしか顔を見せないこだわりには(苦笑)ですが、可愛いので許します。

 昨年末に注目と書いた馬嘉伶ですが、それから今ひとつ跳ねず、ちょっと心配です。あとは現在1推しのしなもんこと下野由貴嬢が劇場出演900回公演を達成したのは、選抜に選ばれていないからというのもありますが、純粋に称えてもいいのではないでしょうか。

 来年は早々にうちの娘が大学受験ということで、家の中は厳戒態勢に…なってないんですよこれが。まぁうちの娘は落ちて気がつくタイプなんで(中受もそうだった)、進学した大学で頑張ってもらいます。受かる大学があればの話ですが。父親(=私)も現役は全落ちでしたからねぇ。大きなことは言えないです。

 フロンターレの方はというと、強くなって等々力に来る人が多くなったので、指定席が全然取れなくなりました。自由席のために並ぶ体力もないので、困っています。DAZN契約するかもしれません。アウェイは日程くん次第ですが、札幌、名古屋、仙台に多く行っているので、来年は違うところにも行ってみたいですね。大分? 広島? 松本? ちなみにゼロックスは今年行ってめちゃ寒かったので(しかも負けたし)、来年は行きません(爆)。

 それではまた来年も私を楽しませんてくれるアイドルポップスに出会えますように。

|

« 2017ベストソング | Main

Comments

遅れましたが今年もうかがわせていただきました笑

48Gは年初から激震で。
ひどいもんですいろいろと根深いようで。

あんじゅれは あかりんごcの一件で他が覆われた感もありますが汗、あの規模のユニットの中では健闘してると思います。

ポニーキャニオンがアイドル戦略大きく転換しておまけにチュニキャンそこそこ軌道に乗せちゃって歯がゆさもありますが笑、しばらくはTWICE路線に行くユニット増えるのかもしれません。レーベル違いますが 新生TPDも...苦笑

今年は例年以上に48Gに固められるシーンになりそうです。強者なりの攻めの冒険曲聴きたいです笑

Posted by: ふわふわ | January 12, 2019 at 05:00 PM

明けましておめでとうございます。

https://twitter.com/cd_tacto/status/1083963665051611138
これバラで売ってくれるんなら創刊記念号とか欲しいんですけどね。

Posted by: 終わらない夏休み | January 12, 2019 at 10:43 PM

>ふわふわさん
今年もいらっしゃいませ。NGTの曲を2曲も入れてしまった手前(苦笑)、経緯を見守っておりますが、今回はただの不祥事じゃないですからねぇ。曲には罪はないのですがね。とりあえず今年もHKT箱推しでいこうと思います。

>終わらない夏休みさん
今年もよろしくお願いします。今更売りに出す人がいるのがびっくりです。とりあえず編集陣には伝えときました(笑)。

Posted by: 珍家 | January 13, 2019 at 11:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49092/67540518

Listed below are links to weblogs that reference 2018ベストソング:

« 2017ベストソング | Main