359 posts categorized "アイドルポップスレビュー"

November 16, 2014

フィルムの向こう側/南野陽子

Filmnomukougawa▼1989年11月29日発売 16thシングル

 彼女の歌手活動では後半の曲(セルフカバー以外では21枚シングルを出しています)で、オリコン1位を取ったのはこの曲が最後でした。

 彼女の曲では、表情がキュートな「話しかけたかった」「はいからさんが通る」などもいいのですが、高貴な重厚さが漂う「さよならのめまい」「楽園のDoor」も捨てがたいですよね。「フィルムの向こう側」は歌詞のメッセージ色が強く、重くなりがちな内容ですが、アレンジはそれほど重くなく、表情も時折柔らかい微笑みを織り交ぜていますので(動画を見ればわかると思います)、そのバランスがさらに彼女の持つ高貴さを表していると思います。

 出だしの「海の中を電車が走る国に生まれた」はもちろん青函トンネルのことでしょう(関門トンネルだったりしてw)。前年の3月に開業しています。ただ当たり前ですが、海の中をトンネルが通っているわけではないです。海底トンネルな訳ですが、「海の底を電車が〜」ではリアルすぎてキャッチーじゃないですよね。

 それにしてもこの曲、作詞作曲が飛鳥涼なんですよ。封印されないことを祈りますが、先日もAKB48B3rd「パジャマドライブ」公演の「水夫は嵐に夢を見る」を作曲した大庭宏典が覚せい剤で捕まったら、すぐに公演からこの曲が外されましたから、しばらくは厳しいでしょう。まぁナンノさんがこの曲を披露する場があるかと言えばないんでしょうけど(爆)、シングルだけのソロコンサートなんてやってもいいんじゃないでしょうかね。きっとみんな行きますよ。

 確かにぬいぐるみがいっぱい付いた衣装でしたね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 10, 2014

Go Girl〜恋のヴィクトリー〜/モーニング娘。

Gogirl▼2003年11月6日発売 20thシングル

 道重ちゃんが卒業したらいよいよ顔がわかるメンバーがいなくなる(と思う…)モー娘。ですが、レビューを書く前にMV見てみたら、もしかしたら自分はモー娘。のこの時代が一番好きなんじゃないかと思いました。なにしろこんこんかわいいし(爆)、亀井ちゃんも初々しいし。道重ちゃんも11年前はこんな感じだったんですねー(動画参照)。この曲と前後の2曲の計3曲の時代が、参加メンバーが一番多いそうです(15人)。

 曲的にはパート割りがなく、ずっとユニゾンなのも自分好み。女の子のユニゾンは最強です。Wikiによると、ずっとユニゾンの娘。のシングル曲はこれだけだそうですが、そうでしたっけね。改めて言われるとそうかもしれません。最近のハロプロ系の曲は、聴けばつんく節だとすぐにわかりますが、この曲はメロディーというより歌詞がつんく節ですね。ノリと言うか語感重視で、「あっぱれあっぱれ」「HIT PARADE HIT PARADE(ヒッパレヒッパレ)」と、出だしからキャッチーに攻めてきます。

 私が持っているお皿には、おまけでメンバーのフォトカードとメモクリップがついています。画像検索しても出てこなかったので、引っ張り出して写真に収めてみました。基本的に私はこういうノベルティ(封入写真など)は取り出さないでそのままにしておくので、他にも何か棚に埋まっているかもしれません(笑)。
Gogirl2

 紅白が印象に残っているんですが(曲の途中でメンバーの衣装がはぎ取られるやつ)、さすがにその映像はありませんでした(すぐ消されちゃうんでしょうね)。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2014

きっとあえる/薬師寺容子

Kittoaeru_2▼1992年10月10日発売 3rdシングル

 薬師寺ちゃんの3枚目にして最後のシングルです。にも書きましたが私は当時彼女のファンクラブの会報を作っていたのですが、この曲が挿入歌になっているミュージカル「若草物語」に出演するという記事(もちろん新曲が出ますということも)が載っている号が最後となりました(私が作ったのは最後ですが、その後会報が出たのかはわかりません)。その後ちょうどこの曲のリリースの直後に早稲田祭に来てもらいましたが、彼女はアイドル歌手としては活動を辞め、お芝居の世界に進んでいきましたので、私の守備範囲ではなくなってしまいました(苦笑)。

 カップリングの「たしかなこと」という曲は、彼女が出演していた愛知銀行のCMソングとしておなじみの曲でした(もちろん中京ローカルですが)。事務所で愛知銀行のティッシュをたくさんもらって、その筋の友人たちにいっぱい配ったような気がします(笑)。

 曲の方は「きっとあえる」の方はミュージカルらしいアレンジのバラードで、高音も結構要求されて、彼女が歌うにはちょっときつめかな。逆に「たしかなこと」はほのぼのとしたアレンジで、雰囲気はこちらの方がしっくりきます。ただサビの「どんなにどんなに」とか「あいするあいする」など、音程が上下するところが歌いにくそうです。

 残念ながらこの2曲をテレビで歌った姿の動画はなし。愛知銀行のCMも見当たりませんでした。なので上記の彼女のファンクラブの会報の1ページ目だけスキャンしてお見せします。うちのスキャナーがA4までしか読めなくて、会報がB4だったものですから、2分割になってしまってます。
Kaihou1_4
Kaihou21

#現在も続いている彼女の子育てブログはこちら

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 10, 2014

恋しくて/白田あゆみ

Koishikute▼1987年9月23日発売 1stシングル

 桃組出席番号2番(一桁ですよ、一桁!)の白田あゆみさんです。もちろん顔も名前も存じ上げているんですが、デビュー日がおニャン子ファナイルの3日後ですから、応援できるはずもありません(苦笑)。そういえば20日には当然代々木第一体育館に参拝wに行くんですが、蚊に刺されないようにしないと…。

 話がそれましたが、正直モモコ系に疎い私が彼女のことをよく知るようになったのは「まぼろしのアイドル あの人に逢いたい」を読んだからなんですねwww そこに載っていた当時の写真のまぁかわいいことかわいいこと。時代が時代なら私もハマっていた、そんなかわいさです。そこには93年に単発で藻岩山のキャンペーンポスターに登場したなんて裏話も載っていましたが、私が札幌に引っ越したのが94年ですから、きっとどっかに貼ってあったりしたんでしょうね。テレビのスポットCMもあったそうですので、札幌時代のビデオをくまなく探したらあるかもしれません。老後の楽しみが1つ増えました(ウソ)。

 シングル3枚、アルバム2枚という短命アイドルでしたが、その辺りの事情は「あの人に逢いたい」に書かれていますので、興味のある方はどうぞ(笑)。記録より記憶に残るアイドルの方が、お酒の席での話題にぴったりですよね(誰に言ってるんだ)。

 「白田あゆみ」で検索すると、多分ご本人と思われるFacebookのページがヒットします。相変わらずお綺麗ですねぇ。

 声がキレイ! 歌っている時の表情は硬くてちょっとこわいけど、最後のふっと緊張が解けた笑顔がとってもかわいいです。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

September 01, 2014

言い訳Maybe/AKB48

Iiwakemaybe▼2009年8月26日発売 15thシングル

 AKBシングル選抜総選挙ももはや夏の風物詩となりましたが(ウソ)、第1回総選挙の曲がこの「言い訳Maybe」です。「Maybe Maybe」と聞くとCoCoの「だから涙と呼ばないで」を思い出しますが(そんな人は少数派w)、「だかなみ」は森本抄夜子さんのリリックです。「言い訳」の作曲は俊龍氏ですが、詞の作品の中では「快速と動体視力」「ごめんね、SUMMER」「恋を語る詩人になれなくて…」あたりも好きですね。おとといの「AKB48SHOW」の「ごめサマ」よかったなー。

 発売から5年しか経っていませんが、すごく昔のような気がします。それもそのはず、選抜21人の名前を列記してみましょう。

1位:前田敦子(卒業)
2位:大島優子(卒業)
3位:篠田麻里子(卒業)
4位:渡辺麻友
5位:高橋みなみ
6位:小嶋陽菜
7位:板野友美(卒業)
8位:佐藤亜美菜(卒業)
9位:柏木由紀
10位:河西智美(卒業)
11位:小野恵令奈(卒業)
12位:秋元才加(卒業)
13位:北原里英
14位:宮澤佐江(SKE,SNH)
15位:佐藤由加理(卒業)
16位:峯岸みなみ
17位:浦野一美(卒業)
18位:宮崎美穂
19位:松井珠理奈
20位:多田愛佳(HKT)
21位:倉持明日香

 ほぼ半数がAKBにいません。いやでも、5年経っても半数がまだAKBにいると言うべきでしょうか。今となっては意外なメンバーも入っていますが(誰のことw)、この第1回選抜総選挙は「お金を使えば推しを選抜に入れられる」ということに気がついていた人が少なかったのではないでしょうか(その点では亜美菜陣営は慧眼を持っていた)。そう考えると、当時の人気順を比較的妥当に表していると言えるかもしれません。

#後に1位となるさっしーは27位、なんと万年26位wwwのなっちゃん(平嶋夏海嬢)より下でした。

 その後総選挙曲は「ヘビーローテーション」(大島センター)、「恋するフォーチュンクッキー」(指原センター)と、一般にも浸透した曲を生んでいくわけですが、踊ってくれ目論みが見え見えの「心のプラカード」はどこまで浸透するでしょうか。

 勢いがあるなー。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2014

あなたを知りたい/うしろ髪ひかれ隊

Anatawoshiritai▼1987年8月12日発売 2ndシングル

 このブログでも何度か書いていますが、おニャン子解散のこの夏は北海道に1人旅しており、この曲の発売日は旅日記によると、塩狩から浜頓別に移動してますね(笑)。今はなき天北線。そして塩狩、浜頓別どちらのユースホステルも今はなき(塩狩はすぐ近くに新しいユースができたようですが)。そんな旅でも夕方はUHBで夕ニャンを見ていたわけですが、浜頓別ユースではそれができず。混んでたのか、そもそも食堂にテレビがなかったのかは忘れましたが、夜のミーティングで知らないフォークソングを歌わされたのはよく覚えています(苦笑)。

 「時の河を越えて」ではあっこさんがセンターだったのに、この曲では静香がセンターになっています。最近のひどい人々に慣れてしまったからか、別にあっこさんの歌唱力に難があるとは思いませんが(当時の静香だってヤバかったですからね)、後に静香は「歌手」として認識されるわけですから、この判断には頷かざるを得ないところです。「言葉にならない何か」の部分の心地よさは確かに秀逸ですしね。マッキーは最後まで脇を固めるポジションで(笑)。

 ちょうどこの曲のリリースは静香のソロデビューの直前ですが、結果的にメンバー全員ソロデビューしているというのが今考えると豪華ですよね。同じOgiのノースリーブスでもソロデビューは高橋みなみだけなのにw

#ちなみにノースリーブスはTeam Ogi祭りで「時の河を越えて」を歌っています。そういう意味ではむしろ後継者はワロタではなくノースリーブス? なわけないかwww

 ベストテンには何回か出てましたね。

 今年もおニャン子ファイナルのビデオコンサートがエッグマンで開催されるそうです。ひっぱり隊のみなさんありがとうございます。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

July 23, 2014

ガンバレ乙女(笑)/アイドリング!!!

Ganbareotome_2▼2007年7月11日発売 1stシングル

 「CRドキッ!丸ごと水着 女だらけの水泳大会」はなかなか勝てませんねー(笑)。というか、この台にアイドリング!!!の面々が出ているのをご存知でしょうか。アイドリング!!!の紅組とグラビア系のグラドリング!!!と称する白組が戦う体なのですが、白組にもさや姉とフォンチーが出ていて、アイドリング!!!を知っている人ならそこそこ楽しめます(「そこそこ」ですが…)。ただ、スペックが辛いので、打っていると心が折れることもしばしば。

 というわけでアイドリング!!!も7周年なんですね。以前はイベントにも足を運んでいましたけど、最近はとんとご無沙汰です。グループアイドルにありがちな「成長過程を見守る」というコンセプトをグループ名にしたわけですが、デビュー当時中学生だったとんちゃんやルリカが大学を卒業するくらい時が流れたということで、もうそろそろ暖気運転じゃなく、本運転にしたらいいんじゃないでしょうか。その時には見に行きますよ、ええ。

 フジテレビのイベントでもメインで使ってもらえないし、若いコ達は外仕事で何をやっているかよくわからないし、「ラブベリー」は休刊しちゃうし(笑)、なんか中途半端な立ち位置でダラダラやっていますが、デビュー当時はAKBよりメジャーだったんですよ(私感)。2009年のベストソングで書きましたけど、「AKBアイドリング!!!」がターニングポイントでしたね。つまりデビュー曲から2年弱がアイドリング!!!の旬だったんじゃないでしょうか。娘。のように再ブレイクはあるでしょうか?

 懐かして涙が出てきます(ウソ)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 07, 2014

おニャン子クラブ・メドレー/フェアリー・テール

Onyankoclubmedley▼1993年7月7日発売 2ndシングル

 先日衝撃的な事実を知ってしまいました。同じ部署の1つ年下の社員の方が、おニャン子ファイナルの3回公演に3回とも行っていた! この会社に私より強者がいました(爆)。たまたまカラオケで一緒になった時に知ったのですが、「じゃあ歌いましょう」とか言ってその人が入れた曲が「早すぎる世代」とか、朝4時過ぎにしては刺激が強すぎましたwww

 そんなおニャン子クラブですが(どんなだよ)、オフィシャルカバー?として当時物議をかもした(ウソ)のが、このフェアリー・テールの「おニャン子クラブ・メドレー」です。フジテレビの主流アイドルである乙女塾がカバーするならまだしも、その乙女塾をお払い箱wになった渡辺幸恵(3期生)、菊地奏衣(6期生)、そして乙女塾にもかかわっていない水野あおいの3人組が歌うなんてとんでもないということで、サンシャインの噴水広場であったイベントに様子を窺いに行ったものです。まぁ結局跳んでるんですけどw 今改めて聴いてもやっぱり違和感はありますね。「これもありかな」という心の広さはまだ持ち合わせていないみたいです。

【メドレー収録曲】
「セーラー服を脱がさないで」〜「うしろゆびさされ組」〜「TOO ADULT」〜「バレンタイン・キッス」〜「冬のオペラグラス」〜「涙の茉莉花LOVE」〜「天使のボディーガード」〜「深呼吸して」〜「じゃあね」

 まんべんなく入れてますね。そしてカップリングは「夏休みは終わらない」。まぁどちらもヘンなピコピコアレンジになってしまっているので、個人的には残念です。ま、彼女たちに罪はないか(笑)。

 さすがに動画は見つかりませんでした。我が家にもないようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2014

Level42/木村カエラ

Level42▼2004年6月23日発売 1stシングル

 デビュー10周年がニュースになるくらいメジャーな存在となった木村カエラ嬢。モデルの彼女は全然知らなかったので、私が彼女を知ったきっかけはもちろん「saku saku」。帰宅後に特に理由もなく見始めたわけですが(夜は再放送ね)、あのユルさがクセになると言うか、1日の終わりの癒しというんですかね。だから朝見ている人はどんな気持ちで見ているのかわからないですwww個人的にはカエラとジゴロウの時代が一番面白かったと思うんですよ。アイドルのDVDもCDほどは買わない私ですが、「saku saku」のDVDは買いましたから(笑)。Ver.1.0ですよ。調べたら今はVer.10.0までいっているんですね。

 そんなアーチストとしては無名だったカエラ嬢のデビュー曲がこの「Level42」。42はもちろんテレビ神奈川の42チャンネルから、と言っても42チャンネルなんてずいぶん昔の話ですね。アナログの話ですよ(地デジだとtvkは3チャンネル)。曲はもちろん?アイドルっぽくはなく、ロックテイスト溢れるナンバーです。詞も自分で書いているし、こういう音楽がやりたかった!というのが前面に出ている感じです。

 その後彼女は着実に音楽の道を歩み、もはや私などが買わなくても(笑)いいほど有名になりました。「アイドル」というカテゴリーを中心に(というかほとんどですがw)CDを買い漁っている私ですが、彼女の曲はPOPで気に入っていて、このブログの私的年間ベスト10にもランクインさせたことがあります。「saku saku」も最近はすっかり見ていませんが、今日あたり懐かしんで見てみますかね。

 ランキングに出てくる他のアーチスト、全然知らないwww


【LIVE】 木村カエラ - Level 42 @ポップジャム (2004.07.24... 投稿者 pvbanzai

#インディーズで新星堂から発売されたのは5月10日ですが、コロムビアから発売された日をデビュー日としました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 17, 2014

青春のフラッグ/渡り廊下走り隊

Seishunnoflag▼2010年6月30日発売 5thシングル

 というわけで今年の総選挙はまゆゆが1位ということで幕を閉じたわけですが、そのお祝い(ウソ)というか、当ブログのアイドルポップスレビュー350曲目記念ということで、この「青春のフラッグ」を採り上げました。もう4年前になりますかね。早いなー。

 この曲の話題と言ったら手旗信号ですが、昔ボーイスカウトをやっていた私からすれば解読は簡単…ではなく、すっかり忘れていました(汗)。サビの信号は「ガンバレ」だそうです。確かに言われてみればそうですね(基本カタカナなので、わかっちゃえば納得できます)。でも曲に合わせてやるのは難しそうです。シングルDVDには振り付け講座も収録されていますので、頑張りたい方はそちらをどうぞ(笑)。

#教室の卒業パーティーで余興でやろうと一瞬思ったことは秘密www

 ワロタのオリジナルは「お菓子なシスターズ」という3期生だけのユニットで、そこになっちゃんが入り「渡り廊下走り隊」になったわけですが、4thシングルから加入したあやりんも元は3期生ですから、この5人のワロタがしっくりくるのは私だけではないと思います。最近のスピンオフユニットとして「てんとうむChu!」がありますが、残念ながらここまでユニットの完成度を上げるのはムリかな、と。もちろん姉妹グループのコまで入れているわけですからそこは仕方ないでしょうけど、それくらいワロタがユニットとして完成していたということが、解散コンサートのまゆゆの涙に表れているのだと勝手に解釈しています(メンバーの増減があったにしてもw)。

 やっぱりワロタはこういう青春ソングが似合うんだなー。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧